プログラミングスクール

プログラミングスクールの無料と有料の違いはなに?どちらがおすすめ?

「プログラミングスクールって有料と無料があるけどどちらがいいの?無料は辞めておいた方がいい?」

最近よく上記のような相談をされるので、その悩みに答えます。

結論から言うと、無料スクールには無料スクールの良さが、有料スクールには有料スクールの良さがあるため、一該にどちらがいいとは言えません。

 

人によっては「無料スクール」が合っている場合もありますし、逆に「有料スクール」が合っている場合もあります。

この記事では、それぞれのスクールの違いと、あなたにはどちらのスクールが合っているかを見極める方法を解説していますので、スクール選びで悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

 

▼管理人おすすめの無料スクールは「GEEKJOB」

▼管理人おすすめの有料スクールは「WebCampPRO」

▼無料スクールは怪しい?有料スクールとの違い

無料スクールと有料スクールの違いを一言でいえば「就職先の斡旋(紹介)があるかないかどうか」です。無料スクールではプログラミングを教えた卒業生を企業に紹介することで、企業から紹介料をもらっており、それによって受講料を賄っています。

そのため無料スクールの卒業生は、スクールが紹介してくれる就職先の中から転職先を選ばなければいけないというデメリットがあります。有料のスクールは自由に就職先を選ぶことが出来ますが、その反面30〜40万円程の受講料が掛かります。

 

まずは、この大きな違いを理解した上で、それぞれの違いについてこれからより詳しく解説していきます。

 

▼無料スクールのメリット

①無料で受けることが出来る

無料スクールのメリットは何と言っても、普通に通ったら30〜40万円ほど掛かってしまう受講料が一切掛からないことです。先程も言いましたが、以下のような仕組みによって実現しています。

  1. 企業は優秀な人材を採用出来ると利益を上げられる
  2. スクールは優秀な卒業生を紹介できると紹介料を貰える
  3. あなたがプログラミングを勉強して優秀な人材になると双方にメリットがある
  4. そのため無料で受講出来る

 

通学制スクールは「完全無料」が基本

通学制スクールは基本的に「完全無料」で通うことが出来ます。一部のスクールでは最初に料金を払って、転職成功でキャッシュバックする実質無料という形式を取っているところもありますが基本的に完全無料のスクールの方がおすすめですね。

 

オンラインスクールは「実質無料」が基本

オンラインスクールでは現在「完全無料」というスクールはなく、最初に受講料を払って、転職成功すれば受講料を全額キャッシュバックするという「実質無料」の形式で受けられるスクールはあります。

このように聞くと不安になる方もいるかもしれませんが、大手スクールの場合、途中で投げ出さずに真面目に通って勉強すれば、ほぼ100%転職できるので、そこまで心配することはありません。

 

②無料スクールは就職しやすい

無料のプログラミングスクールは就職先を紹介してくれるので、選択肢が狭まるというデメリットはありますが、その反面、提携しているので就職しやすいというメリットがあります。

なので、これまでの経歴に自身がなくて「まずは就職すること」を目標にして就職しやすい無料スクールに通う方が良いと思います。

 

③卒業後に経験を積んで転職すれば、最初の就職先はあまり関係ない

プログラミングスクールを卒業していきなり大企業に入れる人は優秀な人のみです。そうでない人はまずは中小企業で働いて経験を積んでから、年収をアップするために大企業に転職するという方法が一般的です。

無料スクールは選択肢が限られると言っても、一生そこで働かないといけないことはないので、まずは経験を積んで転職すれば、最初にどこに就職したかは関係ないですよね。

 

IT業界は他の業界より人材が流動的で、転職することが比較的容易なので、しっかりとスキルを磨いていけば大企業に転職することも不可能ではありません。

就職してから3年ほど実務経験を積めば、フリーランスとして働くこともできます。最近はフリーランスをサポートしてくれるエージェントも多く、それらを利用すれば簡単にフリーランスとして働くことが出来ます。

20代でもフリーランスのエンジニアになる人が非常に増えていて、月60万円以上の収入を得ている人も少なくありません。

 

▼無料スクールのデメリット

①無料スクールは年齢制限がある(18歳〜30歳)

無料で通うことが出来る就職サポート付きプログラミングスクールは、基本的に20代限定です。なので、30代以上の方は強制的に有料のプログラミングスクールに通う必要があります。

 

②無料スクールは就職が必須

無料スクールはプログラミング学習して企業に紹介するところまでがセットなので、卒業後は必ず就職しなければいけません。独立したい、フリーランスになりたいという人は有料スクールに通うべきです。

就職してからすぐ辞めれば無料で学ぶことはできてしまいますが、基本的にはそれはマナー違反ですね。しかし、就職先は基本的にはスクール側が厳選したホワイト企業ですが、どうしても合わないなと思ったらその際は辞めても構わないので安心して下さい。

 

③無料スクールは就職先が限定される

先程も言及しましたが、無料スクールは就職先が限定されます。これを聞いて少し不安になる人もいるかもしれませんが、そこは安心して下さい。無料スクールが紹介してくれる選択肢の中には「サイバーエージェント」「DMM」「CROOZ」などの大手企業もあるので、よほど就職先にこだわりがある人でない限りは無料スクールでも問題ないと思います。

限定されるとは言っても選択肢や就職実績は豊富ですし、最悪入社した会社が合わなければ転職すればいいので安心して下さい。スクールに通ってプログラミングスキルを身に着けてしまえば、転職は決して難しくはありません。

 

 

▼無料スクールがおすすめな人
・まずはIT業界で正社員就職したい人(第二新卒・フリーターなど)
・就職先へのこだわりが強くない人
・経験を積んでから大企業に転職したりフリーランスになる予定の人
・年齢は基本的に20代(18歳〜30歳)
・貯金が100万円以下の人

▼管理人おすすめの無料スクールは「GEEKJOB」

 

▼有料スクールのメリット

①年齢制限がない(30代以上も可)

有料スクールは年齢制限がないので、30歳以上の人は基本的に有料のスクールに通っているということになります40代で受講している人もいるようですが、全体数としては少ないですね。

 

②就職先を自由に選べる

先程も簡単に説明しましたが、有料スクールはお金が掛かる反面、就職先を自由に選べる点がメリットです。なので、自己投資として受講料を割り切れるのであれば、自由に就職先を選べる有料スクールの方が良いのは明らかですね。

最終的に転職したり、フリーランスになるとしても、最初に3年間を過ごす会社なのでより多くの選択肢の中から選びたいですよね。少しでも後悔したくないというのであれば、しっかり投資するという考えも重要です。

 

③就職するかしないかは自由(スキルアップ・フリーランス)

有料のスクールは必ずしも就職しなくてもいいので、現在もうエンジニアとして働いていてスキルアップしたい人や、卒業してから起業したい・フリーランスとして働きたいという人は20代でも有料スクールに通っている人が多いですね。

 

④意識が高い仲間が集まる

有料スクールは高額な授業料を払って受けに来ている人達ばかりなので、モチベーションやスペックが高い人が多く、受講生の質が高いです。

無料スクールにも優秀な人はいますが、やはり平均すると有料スクールの方が受講生の質は高いと思います。なので、そういった他の受講生とのつながりなども有料スクールに通うべきメリットでもあります。

 

▼有料スクールのデメリット

①受講料金が高い

有料スクールのデメリットはこれに尽きますね。だいたい料金相場は月10万円くらいです。CodeCampTechAcademyのようなスキルアップを目標とするスクールは1ヶ月単位で受講することが出来ますが、目標が就職したいという人は、だいたい3ヶ月くらい掛かるので30〜40万円掛かります。

 

▼有料スクールがおすすめな人
・就職先へのこだわりが強い人
・就職や転職ではなくスキルアップしたい人
・卒業後になるべく早く起業したりフリーランスになりたい人
・20代はもちろん30代・40代で学びたい人

▼管理人おすすめの有料スクールは「WebCampPRO」

 

▼まとめ:違いを理解して自分にあったスクール選びを!

これまで解説して来た通り「無料スクール」には無料スクールの良さが、「有料スクール」には有料スクールの良さがあります。なので、それぞれの違いを理解して自分に合ったスクールを選ぶことが重要です。

 

「個人的にはどっちがおすすめなの?」と聞かれたら、私は無料スクールでもいいけど、迷ったら有料スクールを受けるべきだと答えます。

これは性格にもよりますが、私は日頃から「やらずに後悔するよりやって後悔する方がいい」と考えているタイプの人間で、家電とかを買うにしても、迷ったら高くて性能のいい方を買うタイプだからです。

 

私の経験上、安い方を選んでしまうと高い方が羨ましく見えてきますが、高い方を選んで後悔したことはあんまりないんですよね。

でも、貯金が100万円もなかったら問答無用で「無料スクール」を選ぶと思いますし、そこはもう状況次第ですね。

 

無料でも有料でも、ほぼ全てのスクールが無料体験レッスンや説明会を実施しているので、まずは一度それらに参加してみましょう。

ネットの口コミだけではなく、自分の目で見て「ここに通いたい!」と思うスクールに出会うことが重要です。

 

 

最後にもう一度、両者の違いをまとめておきますので、スクール選びの参考にして貰えたら幸いです。

無料スクールがおすすめな人

・まずは正社員就職したい人(第二新卒・フリーターなど)
・就職先へのこだわりが強くない人
・経験を積んでから大企業に転職したりフリーランスになる予定の人
・年齢は基本的に20代(18歳〜30歳)
・貯金が100万円以下の人

おすすめのスクールは以下にまとめていますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!「未経験からエンジニアになりたい!」「エンジニアだけど更にスキルアップしたい!」という人はプログラミングスクールを活用するのがおすすめで...

 

有料スクールがおすすめな人

・就職先へのこだわりが強い人
・就職や転職ではなくスキルアップしたい人
・卒業後なるべく早く起業したりフリーランスになりたい人
・20代はもちろん30代・40代で学びたい人

おすすめのスクールは以下にまとめていますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!「未経験からエンジニアになりたい!」「エンジニアだけど更にスキルアップしたい!」という人はプログラミングスクールを活用するのがおすすめで...

 

 

プログラミングスクール

【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!

未経験からエンジニアとして就職したい!フリーランスになりたいという人のために、目的別にプログラミングスクール選び方をまとめていますので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

 超まとめ記事を読む