転職(仕事)の悩み

プログラマー辞めたあとの転職先は?5年後の現在辞めてよかったと感じることと後悔しない転職のコツ

 

私は新卒で入社して3年間働いた大企業のプログラマーを辞めて、そこから派遣を経て、いまはフリーランスとして働いています。

 

この記事に辿り着いたあなたは、少なからずプログラマーの仕事を辞めたい気持ちがある、もしくは辞めたいという気持ちでいっぱいになりながらもいざ辞めるとなると勇気が出ない…という真面目で慎重な人達なのではないかなと思います。

 

  • 残業だらけでもう疲れた…
  • 転職したってどうせ同じなんじゃないか…
  • 今よりいい企業に就職できるはずない…

辞めたいと思いつつも、後悔しないかどうか不安でためらうこともあると思います。私もそうだったのでよくわかります。

 

私も悩みに悩んで会社を辞めたのですが、いまとなっては本当に辞めてよかったと思っています。むしろもっと早く、体調を崩す前に辞めればよかったなと思いました。

 

  • 仕事が楽しくない
  • たいして給料が高くない
  • スキルが身につかない

上記の条件に当てはまる人は、仕事を辞めないでだらだらと続けていると人生がどんどんハードモードになっていきます。

 

今回は私が辞めて良かったと感じたことや、後悔しない転職をするためのコツについて書いていきたいと思います。

 

SIerのプログラマーを辞めたあとに変わったこと

①精神的なストレスから解放された

まずはとにかくこれにつきます。私は金融系のシステムを担当していたということもあり、非常にシステムトラブルに関してはシビアな現場で働いていたため、非常に消耗しました。

万が一にもシステムを止めてはならないので、レビューではこれでもかというくらいに詰められますし、障害対応時の空気も恐怖でしかありませんでした。上司がめちゃくちゃ怖かったので、常に気を張りすぎていて、本当にストレスフルな会社生活だったなと思います。

 

SIerを辞めて派遣プログラマーとして働くようになってからは本当に精神的に楽になりました。給料こそ下がりましたが、精神的なストレスから開放されてたので、幸福度はぐんと上がりました。

給料が良かったとしても自分が幸せと感じられないのであれば、意味がありません。

 

②理想のライフスタイルに近づいた

私が仕事をSIerで働いている時に、最も苦痛に感じていたことは、毎日遅くまで残業するのが当たり前という空気、夜勤や休日出勤、そして深夜の障害対応など、勤務体系が長時間かつ不規則な点でした。

いくら給料が良くてもこんな生活をずっと続けるのはどうしても嫌だったので、転職する際はとにかくワークライフバランス重視で仕事を選びました。

 

その結果、転職してからは給料こそ下がりましたが、残業や休日出勤、深夜の障害対応に当たることはほとんどなく、自分の理想のライフスタイルに近づくことが出来たので本当に満足しています。

もう二度と残業漬けの日々は過ごしたくないです。

 

毎日毎日終電まで当たり前のように働いている人もいて、すごいなとは思いますが、あれで本当に幸せなのか、私には疑問ですね。

 

③気持ちに余裕が出来て前に進めるようになった

SIerのプログラマーを辞めて良かったと感じる3つめのポイントは「気持ちに余裕が出来て前向きになれたこと」です。

忙しいかった時は、ただ毎日を乗り越えることが精一杯で完全に思考停止していましたが、いざ辞めてみたら、本当に自分がどういう生き方をしたいのかを真剣に考えられるようになりました。

 

私が務めていた企業の上司は年齢にして50歳近くても、毎日朝早くから夜遅くまで超多忙に働いていて、明らかにストレスの掛かるような仕事を山ほどこなしていて、「すごいな…」と尊敬してはいましたが、自分がそうなりたいとはとてもじゃないけど思えませんでした。

でも(せっかくの大企業だし辞めるのはもったいない…)なんて、いつまで経ってもこんなことばかり考えていて、結局限界を超えて体調を崩すまで一歩も踏み出せなかったんですよね。

 

しかし、いざ辞めて時間に余裕ができるとスキルアップしてフリーランスになろうかなとか、副業しようかなとかいろんなポジティブな思考が生まれてくるんですね。

そうやって少しずつ前に進むに連れて、次第に毎日が楽しくなってきて、いまでは仕事をしてお金を稼ぐということも楽しくなってきたんですよね。

 

いま仕事がいっぱいいっぱいで人生が楽しくない…つまらない…と感じているあなたは、一度ゆっくり立ち止まってみることが必要なんじゃないかなと思います。

あなたが過去の私のように世間的には優良企業に勤めていたとしても、嫌々仕事をしていたら絶対幸せにはなれません。そして小さな会社、または個人でも楽しくやりがいを持って働けている人の方が絶対に幸福度が高いです。

 

 

SIerのプログラマーを辞めて後悔したことはあるか?

私は、会社を辞めてから5年間後悔したことは全くありません。

私はいくら給料が良くても毎日遅くまで働き続けること、夜勤や休日出勤、深夜の障害対応が心の底から合わないと感じていたので、辞めたことで、その苦痛から解放されて本当に良かったです。

 

強いていえばもっと早く辞めればよかったということですね。無理しすぎて体調を崩してしまってそれが完全に治るまでかかりの時間がかかったので。

後悔はしていませんが、やはり最初の数か月はものすごく不安でした。

 

辞めたことでストレスから解放されて幸福度はあがったものの、大企業ブランドはなくなり一時的に給料も下がりました。でも、ある程度自分の生活が軌道に乗ってくれば、気にしていた大企業ブランドや給料なんて全然気にならなくなりました。

 

お金も本当になくなったらなくなったで、何とかしてお金を稼ごうと思うはずなんですよね。私も派遣時代に「このままだと将来不安だしお金を稼ごう」と思い、ロゴやバナーの作成、サイト作成、アプリを作成したりして、副業で収入を得るようになったら本当に世界が変わりました。

最初はなかなか腰が重いと思いますけど、いま八方塞がりの人は、少し立ち止まって元気になったら、まずは無理のない働き方をしてみることをおすすめします。

 

 

SIerのプログラマーを辞めた後の転職先・職種について

①社内SEに転職する

 

SEの転職で最も一般的な方法は「社内SEに転職すること」です。

月100時間を超えるような残業が慢性的に続いていたり、障害対応によって休日・夜中にも会社に呼び出され眠れなくなるなどの激務で悩んでいる場合は「社内SE」という選択肢がおすすめです。

 

社内SeはSIerからの転職先として非常に人気で、納期に追われてシステムを開発することもほとんどなり、比較的まったりと働くことが出来ます。私も社内SEとして働いていた期間がありますが、仕事の負荷は全然違いました。

 

「社内SE」に興味がある方は、まずは転職サイトに登録して案件を探してみたり、エージェントに相談してみて下さい。個人的におすすめの転職エージェントは大手の「マイナビエージェントIT」ですね。

より詳しく知りたい人は、以下の記事におすすめの転職エージェントを詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

 

 

▼【関連記事】システムエンジニア・プログラマーにおすすめのIT転職サイト|転職エージェント比較ランキング

【2019最新】ITエンジニア(se)におすすめ転職サイト比較ランキング【転職エージェント】 IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 私自身こ...

 

▼【関連記事】SIerからの転職先に社内SEが人気の理由|激務に疲れたエンジニアには社内SEがおすすめ

SIerからの転職先に社内SEが人気の理由|激務に疲れたら残業の少なくて楽な社内SEがおすすめ 私は大学卒業後、大手SIer(システムインテグレーター)に入社したのですが、SIerの働き方に嫌気がして、3年後に転職し...

 

②WEB系エンジニアに転職する

 

SEの転職先でもう1つ人気なのは「WEB系エンジニアに転職すること」です。

WEB系エンジニアは「仕事がとにかく楽しくない、やりがいを感じない」という人におすすめの働き方ですね。

 

業務系のシステムってそもそも基本的に定型的な処理をするだけなので、あまりシステム開発に夢がないんですよね。ただ入力したデータを登録して表示したり印刷したりするくらいですよね。

そして、SIerの場合は、上流工程が要件をまとめて設計書を書いてレビューを行うだけ、下流工程が設計書の通りプログラムを書いてテストするだけ工程毎に区切られているため、それぞれが一部だけを担当しているので、やりがいが感じられないという人が非常に多いです。

 

しかし、WEB系の場合はこのようなウォーターフォール開発ではなくて、アジャイル開発で開発を行うため、スピーディで柔軟に開発が行えるため、SIerのように数行のコードを修正するのにどれだけ時間掛けるんだよ…というようなストレスもなく、サービスを作っている感じがしますね。

WEB系の場合は、最新の技術に触れることも多いので、いま話題になっているサービスの運用に携われたりするのでそれだけで楽しいと思いますね。

 

先程も言いましたが、IT業界の転職なら個人的には「マイナビエージェントIT」がおすすめなので、WEB系エンジニアに興味がある人は、まずは転職エージェントに登録して、求人情報を見て見たり転職コンサルタントに相談してみましょう。

より詳しく知りたい人は、以下の記事におすすめの転職エージェントを詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

 

 

▼【関連記事】システムエンジニア・プログラマーにおすすめのIT転職サイト|転職エージェント比較ランキング

【2019最新】ITエンジニア(se)におすすめ転職サイト比較ランキング【転職エージェント】 IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 私自身こ...

 

▼【関連記事】SIerからの転職先にWEB系エンジニアが人気の理由|業務系開発が楽しくないエンジニアにはWEB系がおすすめ!

SIerからの転職先にWEB系エンジニアが人気の理由|大規模開発が楽しくないならWEB系がおすすめ 私は大学卒業後、大手SIer(システムインテグレーター)に入社したのですが、SIerの働き方に嫌気がして、3年後に転職し...

 

 

③フリーランスエンジニアとして働く

 

実務経験が3年程あるエンジニアにおすすめなのが「フリーランスとして働く」ということです。

先程も少し言いましたが、私は会社を辞めた後どうしたらいいか分からずに、派遣で働いたり、社内SEとして働いたりしていましたが、最終的にいまはフリーランスのとして働いています。

 

過去の私がそうだったように、フリーランスで働くなんてイメージが沸かないという人も多いかと思います。

しかし、いまは「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」のようなフリーランスエージェントが営業を代行してくれるので、私達は営業をしなくても、まるで派遣のように簡単に働くことが出来るんです。

なので仕事がなくなるという不安も全くありません。

 

フリーランスになるのってもの凄くスキルが必要なんじゃないの?と思うかもしれませんが、エンジニアとしての実務経験が2〜3年もあれば、月60万円程度の案件なら十分に受けることが出来ます。

 

 

月100万円近い単価の案件もごろごろ転がっているので、上級エンジニアを目指してスキルを磨いて行けばこういった案件を受けながらフリーランスとして生活していくことも可能になります。

 

 

フリーランスの働き方については以下の記事でより詳しく説明していますので、興味のある方は合わせて読んでみて下さい。

 

▼【関連記事】フリーランスになりたいエンジニアが登録すべきおすすめフリーランスエージェント5選

【2019最新】フリーランスエンジニアになるなら登録すべきおすすめエージェント比較ランキング フリーランスエンジニアに興味があるけど、何から始めていいか分からない。案件に参画するにはどうすればいいのか。 フリーラ...

 

 

④派遣エンジニアとして働く

 

短期間で辞めてしまった場合や、頑張るのに疲れてしまったという人は「派遣エンジニアとして働く」のもいいと思います。

私も実際疲れてしまっていたので「リクルートITスタッフィング」を利用して派遣からリスタートしました。

 

派遣で働く場合は、最低限言われたことだけやっていれば良く、正社員のように結果にコミットさせられることもないので、精神的にはすごく楽でかなり良いワークライフバランスで働くことが出来ます。

 

ずっと派遣社員のままでいるのはかなりリスクが高いですが、いまはスキルを身に着けてフリーランスになることも出来ますし、社内SEやWebエンジニアとして転職するという方法もあります。

その先を見据えて一時的に「派遣エンジニア」という選択肢を選ぶのであればそれは非常に合理的ですし恥ずかしいことではありません。

 

私が退職した時は一時的にアルバイトでもいいかなと思ったんですが、アルバイトだと時給900円程で、派遣で事務だと1300円程、派遣でもSE職だと時給1800〜2000円が相場だったんですよね。

それを見たら派遣でSEやるのも悪くないかなと思って挑戦してみたのですが、派遣SEは意外と良かったですね。

 

ずっと派遣でいるのは不安なので、いまはフリーランスになりましたが一時的に派遣をやるのは全然ありだと思います。

派遣で働くメリット・デメリットや私が実際に利用したおすすめの派遣会社については以下の記事で詳しく書いているので参考にしてみて下さい。

 

▼【関連記事】派遣で働きたいシステムエンジニア・プログラマーにおすすめのIT派遣会社5選!

【2019最新】IT派遣会社おすすめは2社だけ!システムエンジニア(se)・プログラマーは登録必須 IT業界でこれから派遣で働きたい 現在働いているけど待遇が良くない 良い条件で働けるおすすめの派遣会社が知りたい...

 

 

⑤異業種に転職する

過酷な思いをしたのであれば「もうSEを続けるのは嫌だ!」と思い異業種に転職を考える人も多いかと思います。

あなたがまだ20代ならば異様種に転職することも可能なので、早めに見切りをつけて行動するという選択肢もありだと思います。私の知人にもどうしてもIT業界が合わないと感じて異業種に転職した人もいます。

 

30代以降の場合は、基本的には全くの異業種への転職はかなり難しいです。営業などあまり人気のない職種にしか転職できないあげくに年収などの待遇も下がるのでよほどの覚悟が必要ですね。

なので、30代以降の場合はこれまでの自分のキャリアを活かして、社内SEやWEBエンジニアになるというのは最もリスクの低い転職方法ですね。

 

エンジニアから異業種に転職したいという人のおすすめエージェントは、以下にまとめていますので参考にしてみて下さい。

 

▼【関連記事】IT業界から異業種に転職したい人におすすめの転職エージェント比較ランキング

システムエンジニア(SE)からの異業種転職におすすめの転職サイト|転職エージェント比較ランキング システムエンジニア(SE)として働いているけれど、もう嫌だ!異業種に転職したい!と少しでも考えているのであれば、まずは転職サイト...

 

 

 

プログラマーが転職して後悔しないためのコツ

実際に私の周りでも転職した人はたくさんいますが、辞めて後悔しているという人は1人もいません。それくらい実際に後悔する人って少ないんですよ。百歩譲って上手く行かなくても、やらないで後悔するよりやって後悔した方が絶対に納得いくと思いませんか?

後悔しない転職をするためのポイントは非常にシンプルです。

 

①辞めたい原因が何かを明確にする

転職に一歩踏み出せない人が後悔しないためのコツは、まずはいまあなたが何で悩んでいるのかを明確にすることです。

職場の人間関係で悩んでいるのであれば、わざわざ転職しなくても社内で異動をすれば解決するかもしれませんし、ブラック企業の場合は異動したところでどうにもなりませんよね。

 

また残業が多すぎるのが嫌なのか、仕事の内容が嫌なのか、給料が低いのが不満なのかあなたが嫌だなと思うことをまずは書き出してみましょう。そして、その中でどうしてもこれだけは譲れないといいうことをピックアップしましょう。

 

②それがあなたの努力次第で変えられるのか考える

次に、それがあなたの努力で変えられるのかどうかを考えてみて下さい。

例えば残業が多すぎる場合、もう会社全体がそういう社風の場合はいくらあなたが努力したところで難しいですよね。なりふり構わず定時に帰ることもできますが、そうなるとどんどん会社での居心地が悪くなります。

 

なので、あなたが不満に感じていることがあなたの努力で変えられないのであれば、まずは働き方を変えてみましょう。

同じ業種でも会社によって、全然雰囲気が違う会社もありますし、職種でいえば、一般的に同じエンジニア職でも社内SEやWEBエンジニアは比較的残業が少なく、ユーザーとの距離も近いのでやりがいも感じやすいと思います。

 

社内SEやWEB系のエンジニアを目指す場合は「マイナビエージェントIT」がおすすめですね。

 

▼IT転職ならマイナビエージェントがおすすめ!

 

最近は派遣で働いてそのままフリーランスを目指す人も多いですし、本当に働き方は多種多様なんですよね。あなたにあう働き方は絶対にあります。なので、合わないと感じている働き方を我慢して我慢して続けるのではなく、自分にあった働き方としっかり向き合うことが重要です。

しっかりと悩み抜いて行動した転職であれば、それは決して逃げなんかではないため、後悔することはまずないと思います。

 

逆に早めに行動しないと、いつか後悔する時が来るんじゃないかなと思います。

 

仕事のために生かされるのは悲しい

いまの仕事がつらい、疲れた、仕事ばかりの人生なんて嫌だ…という状態は、やはり悲しいと思います。一度きりの人生なので仕事でいっぱいいっぱいで、毎日が楽しくないのは本当にもったいないです。

 

仕事を辞めたいと嘆くプログラマーはたくさんいますが、そのほとんどはITやプログラミングが嫌いなのではなく、勤務体系や人間関係、給料や組織形態などの環境に不満を感じているはずです。

なので、まずはあなたが最も不満に思っていることを書き出してみて、それを改善するためにはどうすればいいかを考えてみてください。

 

激務や休日出勤、深夜の障害対応がつらいと感じるのであれば、先程も言った通り、勤務体系が穏やかな社内SEやWEBエンジニアを目指すという選択肢があります。

 

給料が少ないなら大企業へ転職を目指してみたり、フリーランスを目指してみてもいいと思います。正社員として働くのにつかれた…という人は過去の私のように派遣で働きながら副業を始めるのもおすすめです。

派遣なら「リクルートITスタッフィング」がおすすめです。

 

 

私は入社してから3年間は、ほとんど仕事ばかりの人生をすごしてきましたが、途中で何のために生きているのか分からなくなりました。そして、最終的には仕事のために生きているのではないと思い退職に至りました。

 

私は俗に言う大企業病でした。

厳格な家庭で育ったので大企業で働いているというレールを外れるのは怖かったのですが、実際に外れてみると本当にどうってことないプライドだったんだなと、いまなら思います。

 

全くの異業種につくのもありだと思いますが、いまの時代はプログラマーってものすごく需要があるんですよね。たぶん一度はプログラマーになろうと思った人なら職場環境を変えるだけで見違えるように働ける人は多いです。

なので、悩んでいる人はまずはIT業界で転職してみて、それでも合わないと感じるようなら異業種に転職すればよいんじゃないかなと思います。

 

実際に私もその考えでしたが、なんだかんだでプログラマーを続けています。

 

 

まずは情報収集だけでも始めてみよう

現状に不満があるならまずは情報収集だけでも始めてみましょう。

一人で悩んでいても辛いばかりで全く前進しないので、まずは実際に転職サイトに登録して情報収集をしてみたり、転職エージェントに会って悩みを相談してみましょう。

 

私がおすすめしている転職エージェントは、どこもカジュアルに相談を受け入れてくれるエージェントばかりなので、転職意志が固まっていなくても気軽に相談することが出来ます。

転職も一期一会なので「こんな企業にも転職できるのか!」と思える企業に出会えるかもしれませんし、逆に他の企業を見てみると改めて自分の会社の良さに気付くきっかけになるかもしれません。

 

私のおすすめの転職エージェントは以下の記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみて下さい。

 

▼管理人おすすめのIT転職サイトはこちら

【2019最新】ITエンジニア(se)におすすめ転職サイト比較ランキング【転職エージェント】 IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 私自身こ...

 

▼管理人おすすめのIT派遣会社はこちら

【2019最新】IT派遣会社おすすめは2社だけ!システムエンジニア(se)・プログラマーは登録必須 IT業界でこれから派遣で働きたい 現在働いているけど待遇が良くない 良い条件で働けるおすすめの派遣会社が知りたい...

 

▼IT業界から異業種転職したい人におすすめの転職サイトはこちら

システムエンジニア(SE)からの異業種転職におすすめの転職サイト|転職エージェント比較ランキング システムエンジニア(SE)として働いているけれど、もう嫌だ!異業種に転職したい!と少しでも考えているのであれば、まずは転職サイト...

 

 

プログラマーの仕事はいま非常に需要がある仕事なので、あなたを欲しがってくれる企業は絶対にありますし、後になってもっと早く行動しておけばよかったと後悔しても時間は戻りません。

冒頭でもいいましたが「仕事が楽しくない」「給料がたいして高くない」「スキルが身につかない」という働き方を続けていると、どんどん人生がハードモードになっていきます。

 

そのまま年齢を重ねて、手遅れな状況になる前に、勇気を出して早めに行動することをおすすめします。

 

 

【注目記事】
RELATED POST