未経験からの就職

システムエンジニア(SE)はやめとけと言われる理由|IT業界に就職するのは辞めるべき?

 

システムエンジニアの仕事はしばしば3K(仕事がきつい・帰れない・給料が安い)と言われることもあり、IT業界に対して良いイメージを持っていない人も多いと思います。

その反面、IT業界は自由な社風が魅力的!ノマドワークが可能!高収入!という憧れのイメージを持ってエンジニアになる人も少なくありません。

 

IT業界の実態はどちらなのでしょうか?

エンジニア歴がもうすぐ10年になる私の経験から言えば、どちらのイメージも真実で、実際は会社や職種によって全然違います。

 

いまでもなおブラック企業は存在していますし、長時間労働が慢性化している業態もありますが、全てがそうではありません。

私は現在もエンジニアとして働いていますし「いまからエンジニアになりたい!」と言う人が居たら「やめとけ」とは言いません。むしろ「いいじゃんいいじゃん」とおすすめします。

 

今回は、私がなぜエンジニアになることを「やめとけ」とは言わずに、おすすめするかについて解説したいと思います。

 

システムエンジニア(SE)が知るべきIT業界の実態

①SEの仕事はきついのか?

システムエンジニア(SE)になりたいと漠然と思っている人は多くても、いざ転職しようと思うと、IT業界のブラックなイメージ気になり、一歩踏み出せない人は非常に多いです。

しかし、IT業界全体がブラックできついということは決してありません。

 

エンジニアにも色々な働き方があり、一般企業のシステム部門で働く「社内SE」や自社でWEBサービスを運営している「WEB系エンジニア」と呼ばれる職種は、比較的ホワイトな会社が多いです。

一般的にSIerと呼ばれる職種は、年収が高い反面、業務内容はハードで長時間労働になりやすい傾向があります。

 

私も新卒では年収重視でSIerに就職しましたが、その後転職しています。SIerに就職するならある程度は忙しいことを覚悟で入社するべきです。

SIerの働き方は私のようにワークライフバランスを重視したいという人には合わないと思いますが、SIerとして働くのが楽しいと感じる人もいますし、必ずしもSIerはやめとけという訳でもありません。

 

自分にあった働き方を見つけることが重要です。

 

②SEは残業が多い?定時に帰れないのか?

システムエンジニア(SE)の仕事は残業が多く、定時に帰れないと心配している人も多いかと思いますが、これも一概には言えません。

私もSIerで働いていた頃は、定時に帰ったことはほとんどありませんでしたが、派遣や社内SEで働いている時は逆に残業をしたことがほぼありません。なので、全ては会社や部署、働き方次第なんですよね。

 

IT業界に限らずどの業界にも繁忙期はあると思いますし、システムエンジニア(SE)だけが忙しい訳ではないので、特別恐れる必要はないと思います。

私の知り合いでもフリーランスとして独立してノマドワークをしている人もいますし、週3で勤務している人もいますし、このような多様な働き方が出来るのはIT業界ならではのことです。

 

入社したばかりの頃からろくな研修もなしに、いきなり残業まみれになるような場合は、ブラック企業である可能性が非常に高いので、その場合は他の企業に転職することも視野に入れるべきですね。

 

③SEは給料が安い?

システムエンジニア(SE)の給料は一般の給料よりは高いです。なので給料が安いということは基本的にはありません。

ただし、中には残業代が支払われないのにめちゃくちゃ残業させられるようなブラックな会社もありますし、仕事の大変さの割には合わないという気持ちであれば非常によく分かります。

 

会社員の宿命ではあるのですが、年功序列で働く以上20代の内は働いても働いてもなかなか給料が伸びないので「割に合わない!給料が安い!」と嘆く人が非常に多いのは実態としてありますね。

しかし、それは他の職種でも同じです。

 

エンジニアは派遣でも時給2000円程度もらえることは珍しくはないですし、エンジニアとして業務経験が3年程あれば、フリーランスエージェントを利用すれば月60万円くらいは普通に稼ぐことが出来ます。

 

もちろん、技術がほとんどなくて言われたことすら満足に出来なければ年収は上がりませんが、きちんと努力してスキルを身に着けていけば、確実に他の職種よりは年収アップが見込めます。

 

 

システムエンジニア(SE)はやめとけと止めるのは◯◯な人

私はプログラミングを勉強することで人生の幅が広がると思いますし、エンジニアになることを推奨していますが、実際にエンジニアに向いていないなという人には勧めません。

よくエンジニアには「論理的な思考力がないと向いてない」「精神的にタフじゃないと向いてない」なんて言われたりしますが、私はそれらをエンジニアに必要な素養だとは思いません。

 

私がエンジニアなるのをやめとけと言いたくなる素養はたった1つ、「IT技術にあまり興味がない」「ITが好きじゃない」人です。

やはりエンニジアとして働くとなると、色んなことを勉強しなくてはなりません。論理的な思考力や体力なんかは後からどうにでもなりますが、ただ稼げそうと理由でエンジニアになるとつらい思いをすることになると思います。

 

 

システムエンジニア(SE)になる環境は以前より整っている

昔はプログラミングを勉強したくても、勉強するためのスクールなんてなく、独学で勉強しなければならなかったのでエンジニアになるための敷居はいまよりも断然が高かったです。

しかし、いまはプログラミングスクールもたくさんあり、IT転職専門のエージェントもありフリーランスを支援するためのエージェントもあったりと、勉強したり働きやすい環境がどんどん整って来ています。

2020年以降はもっともっと働きやすい環境になると私は思っています。

 

 

システムエンジニア(SE)になりたいならプログラミングスクールを利用するのがおすすめ

①有料スクールなら「WebCampPro」がおすすめ

受講区分 通学制
受講形態 少人数クラス制
場所 渋谷駅徒歩8分
価格 400,000円
期間 6ヶ月
言語
・転職保証付きで、出来なければ授業料全額返金
・受講期間3か月+卒業後3か月の転職サポート
・確実に年収を上げたい人におすすめ!

 

未経験からシステムエンジニア(SE)になりたい!という人に最もおすすめなのが、転職成功率98%という圧倒的実績があり、万が一転職できなければ受講料を全額返金してくれる「WebCampPro」がおすすめです。

以前は年収400万円を完全保証していたくらい就職実績には自信のあるスクールなので、有料にはなりますがおすすめですね。

 

最近は無料のスクールもありますが、有料スクールの方が本気度が高くて優秀な人が集まる傾向にありますし、少しでも良い企業に転職することが出来れば、受講料は1年もあれば回収出来るので、私が受けるなら「WebCampPro」を受講します

 

②無料スクールなら「GEEKJOB」がおすすめ

受講区分 通学制
受講形態 少人数クラス制
場所 東京:九段下駅
価格 完全無料
期間 3ヶ月(土日を除く60日間)
言語
・完全無料で受講できるプログラミングスクール
・就職率は脅威の95.1%
・人気の「Java」「Ruby 」「PHP」を学べる

 

プログラミングスクールに通いたいけど、お金がないという方は無料で受講出来るGEEKJOBがおすすめです。

有料の「WebCampPro」と比較すると、就職実績こそ劣りますが、無料でプログラミング学習+転職支援まで行ってくれるのでいま非常に人気のプログラミングスクールです。

 

一番人気のある「社会人転職コース」は、関東在住で就職意志のある20代向けのサービスで既卒、第二新卒、卒業予定の大学生、就業中の会社員、フリーターなどの方々が利用することが出来ます。

 

プログラミング学習から関東での就職までがセットであるため地方在住者は受講することが出来ませんが、受講期間までに関東に引っ越す予定があるのであれば参加することも可能です。

「GEEK JOB」がなぜ無料で受講出来るかと言うと、それは”エンジニアが欲しい企業と提携して、そこから紹介料を貰っているから”です。

 

ほとんどのプログラミングスクールでは受講後の進路まではサポートしてくれませんが、GEEK JOBではその後の就職までがセットになっていて、その時にスクールがて提携企業に紹介するんですね。

20代限定なので、30代の方は受講することが出来ないので、その場合は有料になりますが「WebCampPro」に通うことをおすすめします。

 

 

プログラミングスクールに通う時間がないなら転職エージェントを利用して転職しよう

①マイナビエージェントIT|IT業界総合力No.1

  おすすめポイント

  • 関東の20~30代を中心に国内最大級の転職支援実績
  • 安心のマイナビブランド
  • 特に第二新卒と社内SEの転職に強い
  • 量よりも質を重視した案件を保有
  • 転職コンサルタントも親切で丁寧な人が多い印象
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 その他

 

マイナビエージェントIT」は、あのマイナビのIT特化型サイトです。大手ならではの圧倒的求人数とマイナビというブランドの安心感があります。

候補者一人ひとりに寄り添った手厚いサポートをしてくれるので、企業から信頼も厚く、大手のエージェントを使うならまずマイナビで間違いないと思います。

 

会社全体の雰囲気として「マイナビエージェントIT」は穏やかで丁寧な人が多いので、転職をじっくり進めて行きたい自分の考えと合っていて、とても好感が持てましたね。

  マイナビエージェント詳細はこちら

 

 

②レバテックキャリア|個別相談力No.1

  おすすめポイント

  • 関東・関西のITエンジニア転職の保有案件が多い
  • 個別相談会で細かく悩みを聞いてくれる
  • 特にWEBエンジニアや社内SEの転職に強い
  • 市場価値の確認やキャリアパスの相談などの相談も歓迎してくれる
  • とにかく対応が親切で丁寧!
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 その他

レバテックキャリア」は、ITエンジニアやWebデザイナー専門の転職エージェントでは圧倒的な実績があり、関東または関西で転職するなら絶対に押さえておきたいエージェントですね。

私が利用した感想としては何と言ってもエージェントの対応が良い!かなり丁寧に利用者の相談に乗っているなという印象を受けました!

 

レバテック社ではかなり力を入れて個別相談会を実施しています。満足度の高い転職を行う頂くために、無理やり勧めるようなことはなく、長期的な目線でじっくりと相談に乗ってくれます。

そういった姿勢がより良い口コミを生み出し、また相談者が増えると言った良い循環で企業が運営されているように感じました。

 

利用者の色んな悩みに答えてくれますので、悩みがあれば個別相談会に足を運んでみてはいかがでしょうか。こんなに細かく無料での個別相談を受け入れる体制を用意している企業は他にはありません。

現在の職場環境に不満や悩みを抱えているエンジニアは一度相談することをおすすめします。

  レバテックキャリア詳細はこちら

 

 

【まとめ】IT業界はブラックばかりではない!

システムエンジニア(SE)になりたいけれど、躊躇しているのであれば勇気を出して踏み出してみることをおすすめします。

以前とは違って、いまはプログラミングスクールや転職エージェントサービスが充実しているため、ブラック企業は事前にほとんど排除出来ますし、残業時間の取り締まりもかなり厳しくなって来ています。

 

特に昨年度の電通事件以来、労働基準監督署もかなり長時間労働の取り締まりに力を入れています。

なので、SIerとして働くとしても昔ほど残業させられることもないでしょうし、年収よりもワークライフバランスややりがいを重視したいのであれば、他の選択肢もあります。

 

 

SEになりたいなら少しでも年齢が若い内が有利なので、もし現状に不満があるのであれば、まずはプログラミングスクールのカウンセリングを受講したり、転職エージェントに相談してみるだけでもいいと思います。

 

これからはAIの発達とともに誰でも出来る仕事はどんどん機械に置き換わっていってしまうので、10年後には多くの人がリストラされたり、誰にでもできるような仕事をしている人達はどんどん給料が下がっていくでしょう。

そうなった時あなたはどうしますか?

 

50歳になってリストラされたり、鬱病になって働けなくなったとしても食べていけるスキルがいまのあなたの環境で身に着くでしょうか。

もしいまの働き方に閉塞感を感じていて、エンジニアに挑戦してみたいという思いがあるのであれば、是非エンジニアとして働くということに挑戦してみて欲しいなと、私は思います。

 

 

RELATED POST