エンジニアになるには

システムエンジニア(SE)はやめとけと言われる理由|IT業界に就職するのは実際どうなのか?

 システムエンジニア(SE)になりたいけど、IT業界はきついし大変だからやめとけって声も聞くけど実際どうなの?就職するべき?

上記のような疑問に答えていきます。

SEの仕事はしばしば3K(仕事がきつい・帰れない・給料が安い)と言われることもあり、IT業界に対して良いイメージを持っていない人も多いと思います。

その反面、IT業界は自由な社風が魅力的!ノマドワークが可能!高収入!という憧れのイメージを持ってエンジニアになる人も少なくありません。

 

IT業界の実態はどちらなのか?と良く聞かれるのですが、これはどちらも事実です。

一昔前のITバブル全盛期は、システムエンジニア(SE)の長時間労働が著しく目立っていて、それをきっかけにブラック企業が社会問題視され始めたくらいですから、SEの労働環境はあまり良くなかったと言えます。個人的には「SEはやめとけ」という人の大半は、この時期にSEをやっていた人だと思っています。

 

最近はブラック企業も社会問題しされて減って来ていますし、いまは少しプログラミングが出来るようになれば企業に属さなくてもフリーランスとして仕事をすることも出来ますし、SEの労働環境は格段に良くなっています。

そのため、いまからシステムエンジニア(SE)になろうかなと考えている人は「やめとけ!」という言葉に惑わされる必要ありません。

 

▼ITエンジニアを目指すならGEEKJOB

システムエンジニア(SE)をやめとけと言われる理由

昔は労働環境が劣悪だった(きつかった)

冒頭でも述べた通り、昔は今よりもかなり長時間労働が蔓延化していました。しかし、ブラック企業などが社会問題視されるようになり、この辺りは随分と改善されて来ました。

いまでもIT業界は他の業界に比べたら忙しい印象はありますが、プログラマーの長時間労働が著しく目立っていたのは過去と比較すると、最近は年々労働環境は良くなっているのは間違いないです。

 

昔は会社への寝泊まりが常習化していた(帰れない)

昔はSEの仕事は残業が多く、会社に寝袋があって泊まり込みで働くなんてことが結構当たり前でしたが最近はそういう話はほとんど聞かないですよね。

納期に間に合わなくて帰れないとか、システム障害があって帰れないということはなくもないですが、業種によっても全然違いますし、昔に比べたらノウハウが溜まって来ているためか大きく改善されています。

IT業界に限らずどの業界にも繁忙期はあると思いますし、SEだけが忙しい訳ではないので、特別恐れる必要はないです。

 

昔は出世するしかなかった(給料が安い)

昔も上位層のSEは高給取りでしたが、下請け会社の末端SEは搾取されて泊まり込みで働いているのに残業代が支給されず給料がめちゃめちゃ安いなんてこともあり、社会問題になりました。

同じSEでも元請けか下請けかによって大きく給料が変わりますし、同じ会社の中でも昔はとにかく年功序列の色が強かったため、どれだけ働いても若い人はあまり給料が貰えず「割に合わない!」という声も多かったです。

 

しかし、最近は時代の流れとともに多様な働き方が出来るようになって、必ずしも出世しなくとも=会社に依存しなくてもエンジニアが稼げる時代になって来ました。これが、今回私がエンジニアとして働くことを推奨する理由です。

 

▼プログラマカレッジ公式サイトはこちら

 

システムエンジニア(SE)が稼げる時代になっている

エンジニア不足で売り手市場→待遇が上がっている

いまIT業界はどこもエンジニア不足で、プログラミングスキルを持った人材はどこからも求められています。そのため、昔に比べると待遇も良くなっています。

現在は派遣でも時給2000円程度はもらえますし、数年間経験を積んでフリーランスになれば20代でも月100万円くらい稼いでいる人も珍しくありません。プログラミングが出来れば就職先に困ることはなくなります。

まずは派遣から働いてみようかなという方は「リクルートITスタッフィング」「パーソルテクノロジースタッフ」辺りを使うのがおすすめです。

 

▼リクルートITスタッフィングはこちら

▼パーソルテクノロジースタッフはこちら

フリーランスという選択肢ができて個人で稼ぎやすくなった

最近は会社員として出世としなくても、プログラミングができれば自宅にしながらも「ランサーズ」や「クラウドワークス」のようなクラウドサービスで案件を受注してシステム開発をすればフリーランスとしてお金を稼ぐことが出来るようになりました。

また、SEとして業務経験が3年もあればレバテックフリーランス」「ギークスジョブ」のようなフリーランスエージェントを利用すれば、色んな案件に参画しながら月60万円くらいは稼ぐという働き方も出来ます。

 

会社に依存しない分、スキルを身につければ確実に年収アップが見込める

こう言った働き方が増えたことでいまの時代にプログラミングスキルを身につけて、プログラマーとしてデビューするのは非常にコスパが良いと言えます。

もちろん技術がほとんどなくて言われたことすら満足に出来なければ収入は上がりませんが、きちんと努力してスキルを身に着けていけば、会社に依存しない分、確実に他の職種より年収アップが見込めると思います。

 

システムエンジニア(SE)は激務ばかりではない

エンジニアの働き方は業種によって全然違う

エンジニアが稼げるのは分かったけど、激務なんじゃないかということを不安視している人も多いと思いますが、忙しさの度合いは業種によって全然違います。

IT業界の中でも特にSIerと呼ばれる職種は、年収が高い反面、業務内容はハードで長時間労働になりやすい傾向があります。そこばかりが注目されがちですが、他にも色々な働き方があり、一般企業のシステム部門で働く「社内SE」や自社でWEBサービスを運営している「WEB系エンジニア」と呼ばれる職種は比較的ホワイトな会社が多いです。

 

私もSIerで働いていた頃は定時に帰ったことはほとんどありませんでしたが、派遣や社内SEで働いている時は逆に残業をしたことがほぼありません。いまはWeb系フリーランスなので働く時間は自分で決められるようになったので、帰れないどころかずっと家にいる状態です。

なので、IT業界自体がブラックだとか、エンジニアが全員過酷な職場で働くというような過剰に悪いイメージを持つ必要はありません。それは営業とか他の職種でも同じですよね。会社や時期によりますし、忙しい時は忙しいしそうじゃない時はそうじゃない。

 

私の知り合いでもフリーランスとしてノマドワークをしている人もいますし、週3で勤務している人もいますし、このような多様な働き方が出来るのはIT業界(エンジニア)ならではのメリットです。

入社したばかりの頃からろくな研修もなしに、残業まみれになるような場合は、ブラック企業である可能性が非常に高いので、その場合は精神崩壊してしまう前にすぐ逃げるということだけをしっかり意識しておきましょう。

 

自分に合った働き方を見つけるのが重要

エンジニアの業種は色々あり、先程SIerは激務になりやすいと言いましたが、じゃあSIerを避けた方がいいかと言われたら一概にそういうことではなく、SIerで働くのが楽しいという人も結構いるんですよね。

私も新卒入社する時は年収重視でSIerに就職しましたが、かなり忙しくて疲れてしまったのでその後社内SEを経て、Web系のフリーエンジニアに転向しています。

SIerの仕事は私はやりがいが感じられずに楽しくなかったのですが、逆にWeb系はつまらないと感じる人もいるんですよね。なので、必ずしもSIerはやめとけと言いたい訳でもありません。自分にあった働き方を見つけることが重要です。

 

プログラマーを目指すならプログラミングスクールを利用すべき

以前はプログラミングを勉強したくても、勉強するためのスクールなんてなく、独学で勉強しなければならなかったので、SEになるための敷居はいまよりも断然が高かったです。

しかし、いまはプログラミングスクールがあり、フリーランスを支援するためのエージェントもありと、勉強しやすい&働きやすい環境がどんどん整って来ています。今後この流れはもっともっと加速していくと思っています。

 

関東在住なら「GEEKJOB」と「プログラマカレッジ」がおすすめ

受講区分 通学制
受講形態 少人数クラス制
場所 東京:九段下駅
価格 完全無料
期間 3ヶ月(土日を除く60日間)
言語

GEEKJOB」はいま非常に人気の就職サポート付きのプログラミングスクールです。その特徴は、何と言っても関東在住で就職意志のある20代なら「無料」で受けられる点です。

なぜ無料で受けられるかというと、就職サポート時にエンジニアが欲しい企業から紹介料を頂いているという仕組みになっているためです。「無料」で受けられるということもあり、GEEKJOB」は当ブログからの申込みも最も多い人気のスクールで、受講者からの満足度も高いです。

 

特に20代のフリーター、第二新卒の受講者が多く、転職成功率は95.1%。それ以外にも、卒業予定の大学生や就業中の会社員などの方々がプログラミングを勉強しています。

残念ながら現在は東京にしかないため、地方在住者は受講することが出来ませんが、受講期間までに関東に引っ越す予定があるのであれば参加することも可能です。とにかく無料で安く受講したい20代なら「GEEK JOB」で間違いなし!

平日または土曜日には「無料体験会」や「説明会」「個別相談会」を実施しているので、まずは一度スクールに足を運んで、自分の目で見て体験してみて下さい。

GEEK JOB公式サイトはこちら

 

 

受講区分 通学制
受講形態 自己学習型
場所 御茶ノ水駅・池尻大橋駅
価格 完全無料(20代限定)
期間 3ヶ月

ProEngineerの「プログラマカレッジ」は関東在住の20代の既卒、第二新卒、フリーター限定の就職サポート付きのプログラミングスクールです。先程紹介した「GEEK JOB」と同じく「無料」で受けられるのが特徴です。

無料で通えるプログラミングスクールなら、「プログラマカレッジ」か先程紹介した「GEEKJOB」の2つで間違いないので、まずは両方の無料体験に参加してみて、受講してみたいと思った方を選ぶのがおすすめですね。

プログラマカレッジ公式サイトはこちら

 

地方在住なら「CodeCamp」がおすすめ

スクール詳細

受講区分 オンライン
受講形態 マンツーマンレッスン
場所 全国各地
価格 1ヶ月プラン:148,000円
6ヶ月プラン:298,000円
期間 1ヶ月/6ヶ月
言語

CodeCamp」はオンライン型のプログラミングスクールの中では非常に人気・実績があり、当サイト経由での申し込みも非常に多いです。

オンラインなので全国どこでも受講可能なのが最大のメリットです。毎日7時〜24時分の間でレッスンを受講することができるので、社会人でも平日の朝晩や土日に自分のペースで受講することができます。

 

CodeCamp」では対面型の授業に負けないクオリティを担保するために、実践的なカリキュラムに基づいたマンツーマンレッスンに拘っていて、大手IT企業経験のあるフリーランスエンジニアを中心に講師を採用することで質の高い講義を実現しています。

CodeCamp公式サイトはこちら

 

 

まずは勇気を出して行動してみよう!

SEになりたいけれど、躊躇しているのであれば勇気を出して踏み出してみることをおすすめします。

以前とは違って、いまはプログラミングスクールや転職エージェントサービスが充実しているため、ブラック企業は事前にほとんど排除出来ますし、残業の取り締まりもかなり厳しくなって来ています。

 

特に昨年度の電通事件以来、労働基準監督署もかなり長時間労働の取り締まりに力を入れています。なので、SEとして働くとしても昔ほど残業させられることもないでしょうし、年収よりもワークライフバランスややりがいを重視したいのであれば、他の選択肢もあります。

 

これからはAIの発達とともに誰でも出来る仕事はどんどん機械に置き換わっていってしまうので、10年後には誰にでもできるような仕事をしている人達はどんどん給料が下がっていくでしょう。

そうなった時あなたはどうしますか?

もしいまの働き方に閉塞感を感じていて、SEに挑戦してみたいという思いがあるのであれば、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

 

▼GEEKJOB公式サイトはこちら

▼プログラマカレッジ公式サイトはこちら

▼CodeCamp公式サイトはこちら