転職(仕事)の悩み

40代システムエンジニア(SE)を辞めたい!転職先はどこがおすすめ?異業種転職は可能?

 

これまで「辞めたい」「しんどい」という気持ちを我慢しながら長年働き続けて気づけばもう40代。

一度きりの人生このままで本当に後悔しないか?自問自答して遅いとは分かっていても転職に踏み出そうとする人も少なくありません。

 

これまでバリバリと結果を出してきて、更に上を目指したい!ハイクラス転職をしたい!という人はすぐに転職も決まるでしょうし、年収も待遇もアップするなんてこともありますが、ほとんどの40代エンジニアの方はそうではなく、少なからずネガティブな感情を持っていると思います。

 

特に40代になると妻子持ちにもなったり、住宅ローンを抱えていたり、体力的・精神的にも負担が多いとどうすればいいのか分からなくなりますよね。

いざ転職活動をしようにも「40代が面接なんかに行っても相手にされないんじゃないか」「冷たい目で見られるんじゃないか」という不安な声を聞くこともよくあります。

 

それでは40代のシステムエンジニア(SE)が今の仕事を辞めたいと思っても、それは無理なのかと言うと決してそんなことはありません。40代でも転職して納得のいく転職を実現した例も多くあります。

人気の優良企業ばかりに見ていると想像しにくいのですが、求人を出してもなかなか人が集まらない企業はたくさんあるんです。

 

あの堀江隆文さんも、以前知名度がない時はどれだけ募集しても人が来てくれなかったのに、名前が売れだした死ぬほど人が来たということを仰っていました。

日本人がどれだけブランド志向なのかがよく分かる話で、実際このように知名度がなくても本当は優良な企業もたくさんありますし、幸せの価値観も人それぞれなので、本質を見抜くことがとにかく重要です。

 

今回はそんな転職しようかどうか悩んでいる、転職に不安を抱えている40代に向けて、リスクのない転職活動を行うための方法や失敗しない転職活動のコツを紹介していきます。

 

 

▼40代の転職活動は厳しいけど、不可能ではない

最初に言及しておくと、システムエンジニア(SE)という職種に限らず40代での転職は非常に厳しいです。

あなたによほど何か強みがあればすぐに採用されますが、ほとんどの人はそうじゃないと思います。そうなると、40代での転職は20代、30代と比較すると格段に難易度が上がりますが、でも決して不可能ではありません。

 

世の中には40代を過ぎてから転職している人もたくさいます。定年後に未経験の仕事を始める人もいる訳ですからね。なので、まずは無理だと思わず、周りに何と言われようが納得いくまでやってみることが重要です。

 

▼40代システムエンジニア(SE)が転職活動を失敗しないためにまず初めにやること

①何を重視して転職するかを明確にする

まずは転職活動の軸となるポイントを明確にしましょう。あれもこれも欲張っても、あなたがよほどハイスペックでない限りまず転職は成功しないですし、あなたがいま変えたいと思っていることを書き出してみて、それらに優先順位をつけることをおすすめします。

具体的には「もう少し年収をアップしたい」「残業の少ない職場に移りたい」「もうIT業界から抜け出したい」等があげられると思います。これを明確にしておかないと、後で転職するんじゃなかったと後悔してしまうことにつながります。

逆にこれさえしっかり行っておけば、転職活動を行って後悔することはほとんどないはずです。

 

②異業種転職の場合は年収は下がることを覚悟する

40代でシステムエンジニア(SE)を辞めて他の職種につきたいという場合は、一時的には収入が下がることは覚悟するべきでしょう。

しかし、転職先で活躍することが出来れば年収はいくらでも上げることが出来るので個人的にはそれほど気にすることはないと思います。大きな会社ほど、出世するまでには時間が掛かりますが小さな会社の場合はそれが早いです。

プログラマーなら出世するよりも、サイトを作ったり、アプリを開発するなどして副収入を得る方がよほど短期間で収入を上げられると思いますし、いくらでもその方法はあるので、まずは居心地の良い会社にはいることが重要です。

 

③長期戦になることを覚悟してすぐに諦めないと決意する

先程も少し言及しましたが、40代の転職の場合はなかなか簡単には決まらないため、長期戦になる可能性が高いです。

そうなった時に途中でもう疲れたと辞めてしまったり、妥協して転職して後悔しないために、転職活動を始める前に長い目で見て、時間は掛かっても納得いく転職をするんだとしっかり決意しておきましょう。

 

④実績のある転職エージェントを選ぶ

転職の成功可否は、転職コンサルタントの力にかなり左右されますので、独りで転職活動を進めるのではなく、まずは転職のプロに相談して、しっかりと信頼の出来るコンサルタントと共に転職活動を進めることが重要です。

おすすめのエージェントは職種によって異なるので、これからあなたの転職の目的に合わせて随時紹介していきます。

 

▼40代で年収アップしたい人の転職先・選択肢

①年収アップなら絶対に同業種で転職

システムエンジニア(SE)として働いているけれど、年収が低い、給料が安いという悩みを抱えている方が、転職するならまずは同職種に転職するべきです。

異業種に転職して、年収や待遇が上がることはまずありません。中には成果報酬型のインセンティブのある営業職なんかもありますが、かなりリスクが高いですし、これまで長年システムエンジニアとして働いてきた人が向いている仕事とはまず思えないので、辞めておきましょう。

 

システムエンジニアとして働くとしても、いまあなたが本来貰えるべき水準より低い給与で働かされている可能性は非常に高いです。転職活動をするだけで年収が300万→400万、350万→500万程度になることは珍しいことではありません。

ハイクラス転職となると600→1000万円とかも有りえます。

 

これまで真面目に働いてきていれば、ある程度のスキルは蓄積されているはずですし、大手はもちろん、特に知名度のない企業であなたの持つスキルを欲しがっている企業はたくさんあります。

 

しかし、知名度の低い企業に就職するのは不安ですよね。そういう場合にこそ、転職エージェントを利用するのが非常に役立ちます。

優良の転職エージェントになればなるほど、企業の内部情報をたくさん知っているので、その会社は本当にいい会社か?働きやすい環境があるか?デメリットはないか?などの情報を事前に知ることができます。

 

個人的に一番おすすめなのがマイナビエージェントITですね。

大手なので、求人数も豊富ですし、転職エージェントの対応も非常に良いです。他にはレバテックキャリア」「type転職エージェントもあたりもおすすめなので、まずはいくつかのエージェントに登録してみて、転職のプロに「私の経歴で転職でどのくらい年収アップできるのか」を相談してみるといいでしょう。

 

▼転職ならマイナビエージェントがおすすめ!

 

②フリーランスエンジニアという選択肢もあり

これまで真面目にこつこつと働いてきたのであれば、フリーランスとして独立するという選択肢もあります。と、言うと「フリーランスなんて自分には無理」と思ってしまう人が多いですが、実は昔とは違っていまは比較的フリーランスとして働くのは難しくありません。

その理由は、いまはフリーランス専門のエージェントがいて、エージェントが仕事を取ってきてくれるため、私達エンジニアは自ら営業することなく、仕事を受けることができるからなんです。

なので、イメージとしては派遣の上位互換みたいな感じです。

 

業界最大手であるレバテックフリーランスを利用しているエンジニアの平均年収は801万で、月収60万円なんていうのは業界では割りと当たり前です。

新卒で入社して3年後くらいからフリーランスとして働き始める20代も多いので、これまでこつこつど積み上げてきた知識のある40代であれば、フリーランスとしても非常に重要があると思います。

 

フリーランスになれば人間関係に悩まされることも少なくなりますし、残業もほぼありませんし、年収も爆発的に上がりません。デメリットは社会的な信用が減るくらいですね。クレジットカードや住宅ローンをこれから組むという人でもない限りは特に心配ありません。

「フリーランスいいかも…」と少しでも思ったのであれば、まずは業界最大手で、個人的にも最もおすすめのレバテックフリーランスに相談してみることをおすすめします。

 

エージェントに相談することで、フリーランスという働き方についてより具体的にイメージできるようになると思いますし、あなたがフリーランスんあったらだいたいどのくらいもらえるかという年収相場なんかも教えてもらえますので、まずは一度相談してみてください。

ただし、案件は東京、大阪、名古屋などの大都市にしかないのがネックですね。地方在住者で、地元を離れたくない場合は、転職するしかないですね。

 

▼フリーランスならレバテックがおすすめ!

 

▼40代で待遇ややりがいをしたい重視したい人の転職先

①一般企業の社内SEに転職する

40代システムエンジニア(SE)の転職先としておすすめなのは、一般企業のシステム部門で働く「社内SE」になることです。社内SEの業務内容は会社によって全然異なると言われていますが、多くの会社(中小企業)では「何でもIT屋さん」みたいな感じで頼られることが多いですね。

大企業になればなるほど、社内システムを外注してそれを管理する側に回るようなイメージですね。あくまで一例なので、業務内容自体はしっかりと事前に確認しておく必要がありますが一般的に社内SEは人気の職種です。

 

その理由は、IT系の割には比較的労働環境が安定していて、SIerのようにデスマーチに巻き込まれることがないからです。

社内SEとして働いている知り合いは何人もいますが「退屈」「つまらない」という言葉を聞くことはあっても「忙しい」「つらい」という言葉を聞くことはほとんどないですね。

 

会社やプロジェクト、そして時期によっては忙しい時もあるかもしれませんが、それでもSIerと比較すると相対的に楽なのは間違いないでしょう。社内SEの転職も個人的に一番おすすめなのがマイナビエージェントITですね。

 

▼転職ならマイナビエージェントがおすすめ!

 

②その他の異業種に転職する

40代までシステムエンジニア(SE)として働いて、もうこの先は違うことがしたいのであれば、異業種に転職するという選択肢になります。転職出来るかどうかはこれまでのあなたが積み上げてきた経歴によっても異なるので、まずは転職のプロに相談してみましょうとしか言えません。

転職コンサルタントによっても「ちょっとこの条件だと厳しいですね」と断られることもあれば「あなたの経歴なら全然大丈夫ですよ!」と違うことを言われる場合もあるので、簡単には諦めないことが重要です。

 

40代での転職活動は決して甘くないので、信頼出来そうなエージェントには片っ端から登録するくらいの気持ちがないと転職は難しいと思います。おすすめは以下の記事にまとめていますが、最低でも「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」「ワークポート」「DODAエージェント」「type転職エージェント」当たりは登録しておくべきでしょう。

正社員が無理そうなら派遣からステップアップするという選択を取りましょう。

 

システムエンジニア(SE)からの異業種転職におすすめの転職サイト|転職エージェント比較ランキング システムエンジニア(SE)として働いているけれど、もう嫌だ!異業種に転職したい!と少しでも考えているのであれば、まずは転職サイト...

 

 

▼40代で転職を成功させるポイント

①これまでのキャリアを生かせることをしっかりアピールする

40代から転職を成功させるためには、これまでのキャリア・経験を生かした選択をすることがまず重要です。40代が転職を成功させるには、「若さ」「ポテンシャル」の代わりになる「経験」「スキル」が重視されます。

若いうちは元気よく、やる気はあります!と答えていてもポテンシャルで採用されることもあったかもしれませんが、40代にもなるとやる気がありますというのは全く通用しなくなります。

 

あなたがこれまでのシステムエンジニア(SE)生活でどんなことをしてきたか、そして、その経験をどう活かせるのかをしっかりと伝えていくのが、よりよい企業に転職するためのポイントです。

この当たりはなかなか自分1人で考えるのも難しいと思いますので、信頼できる転職エージェントに相談しながら、自分のアピールポイントをしっかりと作り上げていくのがいいでしょう。

 

②辞める理由を明確にして情熱をぶつける

転職の際に、絶対に聞かれるのが「なぜいまの会社を辞めようと思ったのですか」という質問です。これに対してしっかりと答えられるかどうかが転職活動の際のキーポイントとなります。

なので、「これまでどのような考えでキャリアを歩んできたのか」「いまの会社をどうして辞めたいのか」「これから先どんな風に働いていきたいのか」など自分のキャリアプランをしっかりと説明できる必要があります。

 

決して、無理にポジティブな言葉を言う必要はありませんが、しっかりと自分の言葉で思いを伝えることが重要です。

上辺の言葉だと、面接官としては「なんかよく分からない人だったな」「掴みどころのない人だな」で終わってしまうので、例えうまく話せなくても、自分の言葉でしっかりと話すころで「真面目そうな人だな」「熱意はありそうだな」「一緒に働いてみたいな」と思ってもらえるようにしましょう。

 

キャリアに一貫性を持たせるのも、自分ひとりで考えていると一人よがりになりがちなので、転職エージェントに客観的なアドバイスをもらいながらアピールポイントをつくりあげていきましょう。

 

 

③信頼出来るエージェントを見つける

次に大事なのは数ある転職エージェントの中から、信頼出来るコンサルタントを見つけるということです。

転職エージェントに登録したらあなたに担当者が付きますが、その人が本当に信頼出来る人かどうかを見極めて、ちょっと不安だな…相性が合わなさそうだな…と思ったら、別のコンサルタントを探しましょう。

 

転職というのは人生の一大イベントなのですが、これをないがしろにしてしまうと後で絶対に後悔することになります。

例えば、あなたが家を買うとすると複数の不動産会社を回って、どれがいいか比較して、その中でも「この人から買いたい」「この不動産会社なら信頼出来そう」と決めてから家を買うと思いますが、これと同じです。

 

なのに、転職活動になると、担当者に不安を抱えながらも、その人のサポートの元で転職してしまったり、面倒だからと一人で転職活動を進めて失敗してしまうこともあります。

私も転職活動の際に、最初に登録したエージェントの担当者がやや不安だったので、別のエージェントを利用してみたところ、その担当者がとても好感が持てたので、この人に転職サポートして転職活動を行ったおかげで、納得のいく転職活動が出来ましたし、後悔しない転職ができました。

 

あなたのことを本当に考えてくれているなと思えるコンサルタントの出会えるまでは、いくつかのエージェントを使ってみることをおすすめします。

 

▼一度切りの人生後悔しないように納得するまで行動するべき

最後に簡単に要点をまとめてみました。

  • 40代からでも転職したいという思いがあるならやってみるべき
  • 簡単ではないくて長期戦になるのは覚悟しておくべき
  • まずは転職のプロに相談しまくるべき
  • 一度きりの人生なので後悔のないように行動すべき
  • 人生最後の転職活動を全力で楽しみましょう

 

転職したい!というのであれば、大変ではありますが、まだ残り25年も30年も働かないと行けない訳ですからまずは納得行くまで行動してみましょう。

現在の年収が500万円以下の場合は、実際のところ転職したところでほとんどリスクはないですし、逆に頑張っても年収がアップしない職場に居続けることの方がよっぽどリスクです。

 

40代という年齢は、転職では非常に不利な年齢ですが、考えてみればまだ残り25年も働く必要があります。

残り25年やりたくない仕事を続けるのであれば、第二の人生と思って新しいことにチャレンジしてみることは悪くないと思いますし、何よりここで行動しなかったら、あなた自身がいつか後悔すると思います。

 

「なかなか転職を決断できない」「転職できるかどうか不安」「いまの職場を辞めにくい」「得体の知れない不安がある」そんな風に感じるのは、あなただけではありません。

転職活動を考えている人なら誰しもが感じる不安なので、あなたが「行動するか」「行動しないか」だけです。

 

 

40代まで頑張っていま仕事が楽しくなかったら、この先急に仕事が楽しくなることはありません。それを割り切れるならいいですが、あなたがもし閉塞感を抱えているならば、一度きりの人生ですし勇気を出して行動すべきです。

まずは一度エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

【完全版】システムエンジニア・プログラマーにおすすめIT転職サイト|転職エージェント比較ランキング

【2019最新】ITエンジニア(se)におすすめ転職サイト比較ランキング【転職エージェント】 IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 私自身こ...

 

【注目記事】
RELATED POST