転職(仕事)の悩み

40代からプログラマーになるには|IT業界未経験でも就職・転職出来る?求人の探し方と転職方法まとめ

 

これまで「本当はもっとやりがいのがある仕事をしたい」という気持ちを我慢しながら長年働いて気づけばもう40代。一度きりの人生このままで本当に後悔しないか?と自問自答して転職に踏み出そうとする人も少なくないです。

転職コンサルタントの方とお話をさせて頂くと、40代でも「転職したい!」と思って相談に来る人は非常に多いようです。

 

しかし、最初に言っておくと40代から未経験でプログラマーに転職するのは非常に難しいです。でも不可能ではありません。

私の知り合いでも、40代の方で未経験の状態からプログラマーとして、ポジションや年収などを含めて希望に合った転職を実現した例もあります。

 

ではどうすればいいのか。

転職活動をしようにも「40代が面接なんかに行っても相手にされないんじゃないか」「冷たい目で見られるんじゃないか」「この年齢では絶対に転職に失敗出来ない」「そもそも何から始めていいかわからない」など、そういった不安や悩みもあると思います。

 

今回はそんな未経験からプログラマーとして就職したい40代に向けて、どのようなスキルが必要で、どのように転職活動を進めるのがベストなのかどうかを解説していきたいと思います。

 

▼40代からプログラマーになるのは厳しいけど、不可能ではない

最初に言っておくと、システムエンジニア(SE)・プログラマーという職種に限らず、40代での転職というのは非常に厳しいです。20代、30代と比較すると格段に難易度が上がりますが、決して不可能ではありません。

世の中には40代を過ぎてから転職している人もたくさいます。定年後に、第二の人生ということで、未経験の仕事を始める人もいる訳ですからね。

 

40代にもなると人生も折り返し地点になり、周りの人が亡くなったことなどをきっかけに一度切りの人生このままでいいのかと自問自答して、居ても立ってもいられなくなり、思い切って仕事を辞めて、新しい人生にチャレンジするという人も少なくありません。

なので、転職に成功するのは「厳しいのは分かっている、それでも頑張りたい」という情熱があって諦めない人です。

 

 

▼40代未経験なら派遣からステップアップがベスト

40代で未経験からプログラマーを目指すのは荊の道なので、なかなか面接まで辿り着けず転職活動も長期戦になることが予想されます。

何としてでも正社員として働きたい!と強い気持ちを持ち続けて行動出来る人は頑張ってみる価値があるとは思いますが、数社面接に落ちたくらいですぐに心が折れてしまうような人には、いきなり正社員を目指すのはおすすめしません。

 

まずは派遣エンジニアとして入社して、そこから経験を積んでステップアップしていくのが一番ベストだと思います。

派遣エンジニアとして働くの場合は周りにも40代も多いですし、環境的にも働きやすいと思いますし、エンジニアの場合は、地域にもよりますが派遣でも時給2000円くらいは貰えたりしますので、収入面もそこまで悪くありません。

 

派遣で働く先におすすめのエージェントは「リクルートITスタッフィング」「パーソルテクノロジースタッフ」ですね。

この2社はエンジニアの派遣では求人数が圧倒的なので、この2社さえ登録しておけば十分だと個人的には思います。参考までに他のエージェントも以下の記事にまとめて紹介していますので、気になる方は読んでみて下さい。

 

【完全版】システムエンジニア・プログラマーにおすすめのIT派遣会社5選|未経験から正社員を目指せる求人多数!

【2019最新】IT派遣会社おすすめは2社だけ!システムエンジニア(se)・プログラマーは登録必須 IT業界でこれから派遣で働きたい 現在働いているけど待遇が良くない 良い条件で働けるおすすめの派遣会社が知りたい...

 

 

▼40代未経験から正社員になりたいなら死ぬ気で転職活動するべき

40代未経験から正社員として就職するのは非常に厳しいです。それでも、どうしても正社員として場合は、死ぬ気で転職活動をしましょう。

まずは片っ端から転職エージェントに登録して相談するくらいの気持ちで転職活動に挑みましょう。それくらいの気持ちがなければ、まず受かりません。

 

40代からプログラマーとして就職に成功するための5つのポイントについてまとめてみましたので、参考にして転職活動に挑んでみて下さい。派遣で働く方にもきっと参考になると思います。

 

▼40代でプログラマーに転職成功のための5つのポイント

①これまでのキャリアを生かせることをアピールする

40代の転職活動となると、もうポテンシャルだけでは採用されません。あなたがこれまでの会社員生活で積み上げてきた経験をいかにして活かせるか、そしてどのように即戦力として活躍してくれるかが求められます。

このあなたの強みをはっきりとさせることが非常に重要です。

 

プログラマーとして就職するのであれば「物事を論理的に考える力」や、「自ら問題点を見つけて解決していく力」なんかが挙げられますね。

あくまで一例ですが、業務を改善するためにこんなことを考えてこんなことをした、プログラマーになってからも言われたことをこなすだけではなく、自ら主体的に色んな問題を発見して、それをプログラミングを活用して効率化して行きたいというようなアピールをすると良いと思います。

 

この当たりはなかなか自分1人で考えるのも難しいと思いますので、信頼できる転職エージェントに相談しながら、自分のアピールポイントをしっかりと作り上げていくのがいいでしょう。

 

②40代からでもプログラマーになりたい情熱をぶつける

40代からプログラマーを目指したいという人に対して、本当に大丈夫か?ちゃんとやっていけるのか?と採用側も非常に不安になります。なので、あなたがどれだけ本気で熱意を持っているかをしっかりと伝えることが重要です。

面接の際には「前職を辞めてなぜこの年齢からプログラマーを目指すのですか」と、ほぼ確実に聞かれると思いますが、その理由にしっかりと答えられなければまず受かりません。

 

「これまでどのような考えでキャリアを歩んできたのか」「いまの会社をどうして辞めたいのか」「これからどんな風に働いていきたいのか」など自分のキャリアプランをしっかりと説明できる必要があります。

決して、無理にポジティブな言葉を言う必要はありませんが、しっかりと自分の言葉で思いを伝えることが重要です。

 

上辺だけの言葉だと、面接官としては「よく分からない人だったな」「掴みどころのない人だな」で終わってしまうので、例えうまく話せなくても、自分の言葉で熱意を伝えれば「真面目そうな人だな」「熱意はありそうだな」「一緒に働いてみたいな」と思ってもらえる可能性が高まりますし、そうなれば勝機は見えます。

キャリアに一貫性を持たせるのも、自分ひとりで考えていると一人よがりになりがちなので、転職エージェントに客観的なアドバイスをもらいながらアピールポイントをつくりあげていきましょう。

 

③プログラミングを勉強している姿勢を見せる

プログラマーになるならプログラミングを勉強しているという姿勢を見せるのは必須です。どこかで見たのですが「料理人になりたいです!でも包丁は握ったことがないです」という人が、まず採用されないのと同じです。

独学でも趣味でやっていてかなりプログラミングが得意ならばいいですが、そうでない場合はプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

 

通学制のスクールもたくさんありますが、プログラミングスクールは若い人が多いので、40代で受講するならオンラインで受講する方が良いかなと思います。

CodeCamp」「侍エンジニア塾」あたりは無料体験レッスンも非常に評判が良くておすすめなので、本気でプログラマーになりたいなら、まずは一度レッスンを受けてみるといいでしょう。

 

 

④長期戦になることを覚悟して諦めないこと

4つ目は長期戦になることを覚悟して長い目で見ることです。

優秀な人でも40代にもなると、なかなか簡単には転職が決まりません。ましてや、未経験であれば尚更なので強い気持ちを持つことが非常に重要です。

 

金銭的な都合だったり、何らかの理由で長期的な目線で転職活動をするのが難しいのであれば、比較的すぐに働くことが出来る派遣を選びましょう。正社員転職の場合、上手く行っても3ヶ月〜6ヶ月くらいは掛かると思います。

 

そうなると精神的に疲れてきて「もういいや」と転職活動を辞めてしまったり、「ここでいいや」と妥協して、数年後に後悔する人も出てきます。

なので、予めそう簡単には決まらない、長丁場になることは覚悟しておくことが重要です。

 

仕事と並行しながら慣れない履歴書や職務経歴書を作成したり面接に臨んだりすることになりますし、面接対策などの準備も必要です。

なかなか良い求人がなくて焦りが生じるかもしれません。希望の会社で書類選考に合格し、せっかく面接までごきつけたのに、他の人の採用が決まったなどの理由で、急に会社側からキャンセルされてしまうことだってあります。

 

転職活動が長引くと、時には気持ちが落ち込んでしまうこともあるかもしれません。「やっぱり自分には転職は無理だ…」「こんなにつらい転職活動を続けるくらいなら、やっぱり今の仕事を続けようかな…」と思うこともあると思います。

しかし、ここで諦めてしまってはいけません。事前にそういう状況になることもあるだろうなと覚えておけば、そうなった時にも少し気持ちが楽になります。

 

まずは転職活動を長い目で見て、強い気持ちを持って、自分の転職を何が何でも成功させるという強い意気込みを持って臨むことが重要です。

 

⑤転職のプロに相談して慎重に進める

最後は40代の転職ともなると、もう失敗は出来ないですし、職務経歴書の作成や面接対策などとにかくプロに徹底的にサポートしてもらいましょう。転職活動は闇雲に行っても成功しません。

40代にもなると転職をサポートしてくれるエージェントも少なくなります。転職エージェントも若い時のように1社、2社だけ登録するのではなく、片っ端から登録してみるくらいで調度いいでしょう。

 

IT業界の転職をサポートしてくれるエージェントの中でも「マイナビエージェントIT」「レバテックキャリア」「ワークポート」「ギークリー」あたりは、40代でも丁寧にサポートしてくれるそうです。

 

転職エージェントは担当者によっても大きく左右されるので、まずは一度使ってみて、担当のコンサルタントが信用出来るかどうか見極めることが大事です。

この人でいいやなんていう姿勢ではなく、色んな転職コンサルタントに真剣に相談してみて、その中で「この人の言ってることなら信頼できる!」「この人のサポートで転職活動を進めたい!」と思う人を見つけて下さい。

 

そういった信頼できるエージェントを見つけて、慎重に転職活動を進めていくことが40代の転職活動では必要です。

 

 

【完全版】システムエンジニア・プログラマーにおすすめIT転職サイト|転職エージェント比較ランキング

【2019最新】ITエンジニア(se)におすすめ転職サイト比較ランキング【転職エージェント】 IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 私自身こ...

 

 

▼まずは諦めずに転職のプロに相談してみよう

最後に簡単に要点をまとめてみました。

  • 40代からでも転職したいという思いがあるならやってみるべき
  • 簡単ではないくて長期戦になるのは覚悟しておくべき
  • まずは転職のプロに相談しまくるべき
  • 一度きりの人生なので後悔のないように行動すべき
  • 人生最後の転職活動を全力で楽しみましょう

 

40代からプログラマーになりたい!転職したい!というのであれば、大変ではありますが、まだ残り25年も30年も働かないと行けない訳ですからまずは納得行くまで行動してみましょう。

現在の年収が500万円以下の場合は、実際のところ転職したところでほとんどリスクはないですし、逆に頑張っても年収がアップしない職場に居続けることの方がよっぽどリスクです。

 

40代という年齢は、転職では非常に不利な年齢ですが、考えてみればまだ残り25年も働く必要があります。

残り25年やりたくない仕事を続けるのであれば、第二の人生と思って新しいことにチャレンジしてみることは悪くないと思いますし、何よりここで行動しなかったら、あなた自身がいつか後悔すると思います。

 

「なかなか転職を決断できない」「転職できるかどうか不安」「いまの職場を辞めにくい」「得体の知れない不安がある」そんな風に感じるのは、あなただけではありません。

転職活動を考えている人なら誰しもが感じる不安なので、あなたが「行動するか」「行動しないか」だけです。

 

 

40代まで頑張っていま仕事が楽しくなかったら、この先急に仕事が楽しくなることはありません。それを割り切れるならいいですが、あなたがもし閉塞感を抱えているならば、一度きりの人生ですし勇気を出して行動すべきです。

まずは一度エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

【完全版】システムエンジニア・プログラマーにおすすめIT転職サイト|転職エージェント比較ランキング

【2019最新】ITエンジニア(se)におすすめ転職サイト比較ランキング【転職エージェント】 IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 私自身こ...

 

 

 

【注目記事】
RELATED POST