転職サイトおすすめ

【体験談】NTTデータを辞めたい→転職先と退職理由について元SEが語ります

※NTTデータを退職した知人からの寄稿記事になります

「NTTデータを辞めたい…」

就職活動で内定が決まった時は、第一志望ということもあり大喜びして涙を流していたのですが、その後私はたった1年半でNTTデータを退職することになりました。

 

人生何があるか分かりません。

いまは退職してからもう5年以上が経過していますが、特に辞めたことを後悔することはなく、別の道に進んで充実した毎日を過ごせています。

 

しかし、当時はもう絶望の真っ只中で「この先どうやって生きていけばいいのか…」「もう生きるのに疲れた…」と体調を崩すまで悩み続け、涙を流すこともあり、非常に苦しい思いをしていました。

過去の私と同じように苦しんでいる人に向けて「何故辞めたのか、辞めた後どうしたのか」など、私の退職体験談をまとめていきますので少しでも役に立てば幸いです。

 

▼管理人おすすめ転職サイトはこちら

 

NTTデータを辞めた理由(退職理由)

SIerの仕事にやりがいを感じられなかった(向いてなかった)

私がNTTデータを辞めたいと思った理由は非常にシンプルで「SIerの仕事にやりがいを感じられず、向いていないなと思ったから」です。

残業が多かったり、障害対応に振り回されたり、仕事のプレッシャーが大きかったりというのもありますが、仕事が楽しくてやりがいがあったらそれでも頑張れたと思うので、結局は向いていなかったんだなと思います。

 

SIerの仕事をあと40年続ける人生が幸せだと思えなかった

SIerの仕事をこの先も続けることにワクワクしなかったですし、残り40年近くこの仕事を続けたいとは思いませんでした。

NTTデータは大企業だし周りからは安定してていいなという目で見られていましたが、精神的には全然安定していなかったですし、いつ自分が壊れてしまうんじゃないかと不安で仕方なかったです。

 

精神的に疲れてしまった

「辛い」「辞めたい」と思いながらも頑張って入った会社だし、必死に頑張っていましたが、ある時会社で仕事をしていたらふと目から涙が出てきて(もうだめだ…)と思い、転職しようと思うようになりました。

▼管理人おすすめ転職サイトはこちら

 

NTTデータからの転職先について

WEB系の会社に転職した

もうSIerはやりたくなかったので「マイナビエージェント」に相談に行ったところ、社内SEになるかWEB系の会社のエンジニアになることを勧められて、色々な会社を見て最終的にはWEB系の会社に転職しました。

就職活動をしていた頃は、SIerばかりしか見ていませんでしたし、大企業に入りたいという思いばかりが先行していて「本当の意味で自分に合っている会社」というのが見えていなかったなとこの時気付き、改めて自分に合った会社を探そうと思いました。

 

WEB系はシステムを作っている実感もあり、ユーザーとの距離も近くて楽しい

SIerにいた頃は設計書やテスト、レビューなど大人数で作業が多く、システムを作っているという実感も得られなくて開発が楽しくなかったですが、WEB系の場合はユーザーとの距離が近く、少人数でスピード感があるため、システムを作っているという実感が得られて楽しいなと感じました。

勤務体系も昔より安定してて、ストレスも少ないです。年収は多少下がりましたが、SIerで埋もれてしまうよりかは、今の会社で頑張って収入を上げていく方が、私自身は満足できる働き方だなと感じています。

 

Web系フリーランスとして独立するのもあり

Web系エンジニアになってからは、クラウドワークスなんかで仕事を受注してサイトを作ったりとか、サイトを運営をして広告収入を得たり色んなことに手を出して独立する人も多いことに気付きました。

最近は「レバテックフリーランスギークスジョブ」のようにフリーランスを支援してくれるエージェントなんかもあるので、こういうのを利用すれのも選択肢の1つかなと思います。

過去の私もそうでしたが、フリーランスで働くなんてイメージが沸かないという人も多いかと思いますが、エンジニアとしての実務経験が2〜3年もあれば、月60万円程度の案件なら十分に受けることが出来ます。

 

 

月100万円近い単価の案件もごろごろ転がっているので、上級エンジニアを目指してスキルを磨いて行けばこういった案件を受けながらフリーランスとして生活していくことも可能になります。

 

 

レバテックフリーランスギークスジョブは常駐型の案件がほとんどですが「Midworks」とかは週3勤務だったり、リモートワークが可能な案件にも力を入れているので、よりエンジニアらしい自由な働き方も出来ます。

 

【おすすめフリーランスエージェント】

 

NTTデータを辞めたいあなたへおすすめの転職エージェント

基本的に求人数の豊富な大手のエージェントを使えば、あとは担当者の合う合わない次第なのでどれを使っても大差はないです。よく知らないエージェントを使うと強引に転職を勧められたりという話も聞くので注意しましょう。

私は大手の「マイナビエージェント」と「レバテックキャリア」を使って転職しましたが、どちらも親身に相談に乗って貰えて良かったです。最終的には担当者の合う合わないで決めたらいいかなと思います。

 

NTTデータを辞めたいと思ったら、最終的に辞めるかどうかはさておき、まずは一度エージェントに相談してみることをおすすめします。色々と自分の可能性や選択肢が見えるだけでも、少しは楽になるはずです。

 

▼管理人おすすめ転職サイトはこちら

 

NTTデータを辞めて後悔したことはない!まずは情報収集だけでも始めてみよう!

NTTデータを辞めたいと思っているけれど、辞めた後のことが不安でどうしても一歩踏み出せないという人は多いと思います。私も実際に辞める前は不安でしたし、その気持ちはすごく分かります。

しかし、個人的には直感で「なんか違うかも」「向いていないかも」と思ったら、その気持ちを信じて行動すべきだと思っています。

 

辞めた後の人生がどうなるかは誰にも分かりませんが、たぶんそのまま我慢して働き続けても辛いままで、幸せにはなれないと思います。

ありきたりな言葉ですが人生は一度切りですし、自分には向いてなかったということを認めて、もう自分に合う会社をもう一度探した方が、本当の意味での幸せに近づくんじゃないかなと思います。

 

最近は働き方改革だったり、政府が副業を推進したり、仕事のあり方は変わって来ていますし、フリーランスとして独立にチャレンジしてみたり、まったり働ける会社に転職して副業で稼ぐという選択もあります。

現状に閉塞感を感じているならば、まずは情報収集だけでも始めてみましょう。

 

「辞めたい」「辛い」と言っていても、行動しなければ何も変わりません。現状を変えたいならまずは一歩踏み出してみましょう。

本当に気持ちが弱ってくると転職活動する気力すら湧かなくなってくるので、少しでも余裕がある内にまずは一度エージェントに相談しておくことをおすすめします。

 

【おすすめ転職エージェント】

【おすすめフリーランスエージェント】

 

 

【注目記事】
RELATED POST