システムエンジニア

システムエンジニア(SE)は残業が多すぎる・忙しいのが当たり前?休めない原因と解決策

 

システムエンジニア(SE)の仕事は一般的な職種と比べると非常に忙しい部類に入るので、毎日残業ばかりでつらい、忙しいすぎて休みが取れないという人も多いと思います。

 

(でもIT業界で働くならどこに行っても同じ…)

そう思ってあきらめていませんか?私の経験談からすると決してそんなことはありません。

 

私も新卒で働いていた職場は非常に忙しくストレスフルでしたが、転職してからワークライフバランスを保ちながら平和に働けています。エンジニアが必ずしも激務という訳ではなく、のびのびと働いているエンジニアもたくさんいます。

今回は忙しい!休みが少ないと悩んでいるエンジニアのために、その原因と解決策をお伝えします。

 

 

忙しすぎるのは努力で変えられない理由

①仕事に終わりがない

システムの仕事は基本的に終わりがありません。

品質を追求しようと思えばいくらでも手が込んだ資料を作れてしまいますし、かと言って手を抜きすぎてもいけません。

 

効率化して作業を早く終わらせたとしても、次から次へと仕事を振られるだけなので「忙しいのが当たり前」という環境にいたらどれだけ努力しても、決して楽にならないんですよね。

 

忙しすぎる毎日から脱却したいのであれば「忙しいのが当たり前」と思い込んでしまっている人たち全員の考え方を変えなければならないので、一個人がそれを成し遂げるのは難しいでしょう。

なので、忙しいのが嫌だという人は、全員が比較的まったりと働いている職場へと環境を変えるべきです。

 

②仕様変更などによって振り回される

開発を行っていると急な仕様変更に必ずと言っていいほど振り回されると思います。これも開発をしていたら避けられません。更に納期が決められているのでそれがどんどんデスマ案件と化していきます。

この働き方から逃れるためには、システムを発注する側に回るか、納期が厳しくない案件に関わるかですね。この条件を満たすのが「社内SE」という働き方ですね。

 

社内SEについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、もう仕様変更に振り回されてデスマな日々を過ごすのに耐えられないという人は、社内SEに転職することをおすすめします。

 

【関連記事】SIerからの転職先に社内SEが人気の理由|激務に疲れたエンジニアには社内SEがおすすめ!

SIerからの転職先に社内SEが人気の理由|激務に疲れたら残業の少なくて楽な社内SEがおすすめ 私は大学卒業後、大手SIer(システムインテグレーター)に入社したのですが、SIerの働き方に嫌気がして、3年後に転職し...

 

 

③障害対応でスケジュールが狂う

エンジニアが忙しさから逃れられない3つ目の理由は障害対応です。予定通りに仕事を進めていても突然やってくる障害対応に大きく時間を奪われて、その他の仕事のスケジュールが圧迫してしまうということはよくあります。

 

障害がいつ起きるかなんてわからないですし、その対応にどれだけ時間がかかるかも読めません。システムを担当する以上、常にこういう事態がつきまというので忙しくなることはなかなか避けられません。

同じシステムを担当するにしても、WEB系システムよりも金融系や業務系のシステムの方が止まった場合の実害が尋常ではないので、やはりSIerは特にシビアだなと思いますね。

 

 

忙しすぎるのが辛いなら働き方を変えるしかない

実際に忙しい忙しくないは会社や部署、時期にもよって異なりますが、一般的に最もきついと言われているのは「SIer」と呼ばれる職種だと思います。

それに比べて一般的に「社内SE」「WEBエンジニア」「フリーランスエンジニア」は働きやすいと言われています。

 

①社内SEという働き方

 

「社内SE」はシステムを発注する側になることが多いので、仕様変更などで振り回されることも少ないですし、顧客に当たるのが社内なので、対顧客に比べるとそこまでシビアな対応を求められることは少ないです。

 

社内SeはSIerからの転職先として非常に人気で、納期に追われてシステムを開発することもほとんどなり、比較的まったりと働くことが出来ます。私も社内SEとして働いていた期間がありますが、仕事の負荷は全然違いました。

 

「社内SE」に興味がある方は、まずは転職サイトに登録して案件を探してみたり、エージェントに相談してみて下さい。個人的におすすめの転職エージェントは大手の「マイナビエージェントIT」ですね。

より詳しく知りたい人は、以下の記事におすすめの転職エージェントを詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

 

 

▼【関連記事】システムエンジニア・プログラマーにおすすめのIT転職サイト|転職エージェント比較ランキング

【完全版】IT系転職サイト・転職エージェントおすすめ3選!システムエンジニア(se)・プログラマー向け! IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 上記のよ...

 

 

②WEB系エンジニアという働き方

 

SEの転職先でもう1つ人気なのは「WEB系エンジニアに転職すること」です。

WEB系エンジニアは「仕事がとにかく楽しくない、やりがいを感じない」という人におすすめの働き方ですね。

 

業務系のシステムってそもそも基本的に定型的な処理をするだけなので、あまりシステム開発に夢がないんですよね。ただ入力したデータを登録して表示したり印刷したりするくらいですよね。

そして、SIerの場合は、上流工程が要件をまとめて設計書を書いてレビューを行うだけ、下流工程が設計書の通りプログラムを書いてテストするだけ工程毎に区切られているため、それぞれが一部だけを担当しているので、やりがいが感じられないという人が非常に多いです。

 

しかし、WEB系の場合はこのようなウォーターフォール開発ではなくて、アジャイル開発で開発を行うため、スピーディで柔軟に開発が行えるため、SIerのように数行のコードを修正するのにどれだけ時間掛けるんだよ…というようなストレスもなく、サービスを作っている感じがしますね。

WEB系の場合は、最新の技術に触れることも多いので、いま話題になっているサービスの運用に携われたりするのでそれだけで楽しいと思いますね。

 

先程も言いましたが、IT業界の転職なら個人的には「マイナビエージェントIT」がおすすめなので、WEB系エンジニアに興味がある人は、まずは転職エージェントに登録して、求人情報を見て見たり転職コンサルタントに相談してみましょう。

 

 

より詳しく知りたい人は、以下の記事におすすめの転職エージェントを詳しくまとめていますので参考にしてみて下さい。

【関連記事】システムエンジニア・プログラマーにおすすめのIT転職サイト|転職エージェント比較ランキング

 

 

 

③フリーランスエンジニアとして働く

 

実務経験が3年程あるエンジニアにおすすめなのが「フリーランスとして働く」ということです。

先程も少し言いましたが、私は会社を辞めた後どうしたらいいか分からずに、派遣で働いたり、社内SEとして働いたりしていましたが、最終的にいまはフリーランスのとして働いています。

 

過去の私がそうだったように、フリーランスで働くなんてイメージが沸かないという人も多いかと思います。

しかし、いまは「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」のようなフリーランスエージェントが営業を代行してくれるので、私達は営業をしなくても、まるで派遣のように簡単に働くことが出来るんです。

なので仕事がなくなるという不安も全くありません。

 

フリーランスになるのってもの凄くスキルが必要なんじゃないの?と思うかもしれませんが、エンジニアとしての実務経験が2〜3年もあれば、月60万円程度の案件なら十分に受けることが出来ます。

 

フリーランスの働き方については以下の記事でより詳しく説明していますので、興味のある方は合わせて読んでみて下さい。

 

▼【関連記事】フリーランスになりたいエンジニアが登録すべきおすすめフリーランスエージェント5選

【完全版】IT系転職サイト・転職エージェントおすすめ3選!システムエンジニア(se)・プログラマー向け! IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 上記のよ...

 

 

④派遣エンジニアとして働く

 

短期間で辞めてしまった場合や、頑張るのに疲れてしまったという人は「派遣エンジニアとして働く」のもいいと思います。

私も実際疲れてしまっていたので「リクルートITスタッフィング」を利用して派遣からリスタートしました。

 

派遣で働く場合は、最低限言われたことだけやっていれば良く、正社員のように結果にコミットさせられることもないので、精神的にはすごく楽でかなり良いワークライフバランスで働くことが出来ます。

 

ずっと派遣社員のままでいるのはかなりリスクが高いですが、いまはスキルを身に着けてフリーランスになることも出来ますし、社内SEやWebエンジニアとして転職するという方法もあります。

その先を見据えて一時的に「派遣エンジニア」という選択肢を選ぶのであればそれは非常に合理的ですし恥ずかしいことではありません。

 

私が退職した時は一時的にアルバイトでもいいかなと思ったんですが、アルバイトだと時給900円程で、派遣で事務だと1300円程、派遣でもSE職だと時給1800〜2000円が相場だったんですよね。

それを見たら派遣でSEやるのも悪くないかなと思って挑戦してみたのですが、派遣SEは意外と良かったですね。

 

ずっと派遣でいるのは不安なので、いまはフリーランスになりましたが一時的に派遣をやるのは全然ありだと思います。

派遣で働くメリット・デメリットや私が実際に利用したおすすめの派遣会社については以下の記事で詳しく書いているので参考にしてみて下さい。

 

▼【関連記事】派遣で働きたいシステムエンジニア・プログラマーにおすすめのIT派遣会社5選!

【厳選】IT派遣会社おすすめは2社だけ!システムエンジニア(se)・プログラマー向け! IT業界でこれから派遣で働きたい 現在働いているけど待遇が良くない 良い条件で働けるおすすめの派遣会社が知りたい...

 

 

限界に到達してからでは遅い!まずは情報収集だけでも始めよう

人間は本当にストレスや疲労が限界に到達してしまうと、気力がなくなり動けなくなってしまいます。そうなってから情報収集を始めようとしても遅いんです。

本当にうつになってしまったら転職どころではないですし、少しでも危ないかもと思っているのなら早めに行動しましょう。

 

いい職場が見つかれば転職すればいいですし、なかなか思うような転職先が見つからない場合は、転職しないというのもひとつの選択肢です。

いずれにせよ前に進むことができます。悩んでいるだけでは前に進みません。

 

 

忙しすぎる、しんどい、つらいと思いながらもなんとなくやり過ごしてしまうとどんどん人生がハードモードになっていきます。

一般的に「楽しくない」「給料が良くない」「スキルが身に付かない」職場に居ればいるほど、市場価値が下がって転職しづらくなり、いざ転職しようとしたときにまともな企業に転職できないなんてこともままあります。

当たり前ですが、転職は若い方が有利です。

 

最終的に転職しないにしても、働き方に不満があるならまずは転職エージェントを利用して情報収集だけでもしてみることをおすすめします。

 

 

システムエンジニア(SE)が忙しすぎるなら環境を変えよう!

IT業界は一般的には忙しいと云われますし、実際に多忙を極めている企業が多いとは思いますが、全ての会社がそうではありません。

 

いまの働き方はあなたが本当に望む働き方でしょうか?

無理な働き方を続けて、多少良い給料をもらったところであなたは本当にそれで幸せでしょうか?

 

まずは自分にあった働き方、無理なく働ける職場へと環境を変えて、またそこで頑張ればいいと思います。

私も大企業を辞めて一時的に年収は下がりましたが、仕事のストレスが大幅に減り、自由な時間が増えて、間違いなく幸福度は上りました。

 

忙しい働き方を続けるかどうかはあなた次第です。

 

 

▼管理人おすすめの転職エージェントはこちら

【完全版】IT系転職サイト・転職エージェントおすすめ3選!システムエンジニア(se)・プログラマー向け! IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 上記のよ...

 

【注目記事】
RELATED POST