エンジニアの転職先

【口コミ評判】Midworksは独立が不安なシステムエンジニア(SE)に人気のエージェントである理由

こんばんは、フリーランスの青山です。

私は新卒で大手SIerに就職したものの、激務に消耗して「何故ここまでして働かないといけないのか」と働く意味を見いだせなくなり会社を退職しました。その後は派遣エンジニアとなり最終的にいまフリーランスとして生計を立てています。

 

過去の私もそうだったのですが、フリーランスに関心のある人のほとんどが不安に思うのは、まず第一に「どのように仕事を取ってくれば良いのか」ということだと思います。

これまでは元々面識のある人や会社から仕事を頂くということが一般的だったので、ほとんどの人はそういったコネがないため、仕事の受注方法が分からないがために会社で働き続けるという選択肢を選ばざるを得なかったんですよね。

私もかつてはその一人でした。

 

しかし、現在ではフリーランス案件を紹介してくれるエージェントが次々と誕生しているのでエンジニアは営業することなく、ほぼ派遣と同じようなイメージでフリーランスになることが出来るんですよね。

更にフリーランスになると月収がめちゃくちゃ上がります。よほどホワイト企業に務めてるとかではない、現状に不満のあるエンジニアはすぐにでも辞めてフリーランスになった方がいいです。

 

フリーランスエンジニア向けのエージェントとして有名なのがレバテックフリーランス」「ギークスジョブの2つですが、最近は正社員とフリーランスの魅力を兼ね備えたMidworksが非常に人気ですが、ご存知でしょうか。

 

それでは、今回はいま話題のMidworksとはどんなサービスなのか解説していこうと思います。

 

Midworksはどんなサービス?

Midworks」はフリーランスになりたいエンジニアをサポートしてくれるエージェントの1つです。上の図のように、エンジニアに仕事をお願いしたい企業と、仕事をしたいエンジニアをマッチングしてくれます。

これによって、私達は自分でわざわざ営業をすることなく、フリーランスとして仕事を受けることが出来るんですね。

 

最近はフリーランスを支援するエージェントも随分と増えて来ましたが、その中でもMidworks」の最大の特徴は、正社員並みの保障つき、リスクを最小に抑えてエンジニアの独立をサポートしてくれる点です。

それでは特徴を詳しく見ていきましょう。

 

Midworksの強み・登録するメリット

①高単価案件で月収が上がる

Midworks」に限らずですが、基本的に正社員からフリーランスになると月収が跳ね上がります。

公式サイトにいくつか年収例が掲載されていますが、年収372万から独立して672万円になったとありますが、独立にはこれくらい年収的にインパクトがあります。私も始めは衝撃でしたね。

 

年収300万円〜400万円代でエンジニアをしている人は、なかなか未来が見えないと思いますし、そういう人は会社を辞めるリスクもほとんどないのですぐにでも独立した方がいいと思います。

私は大企業に勤めていたので最初は躊躇しましたが、いまとなっては独立して良かったなと思っています。

 

会社員の場合は、基本的に年功序列なので、どれだけ価値を生み出そうが若いうちはたいして給料をもらうことが出来ませんが、フリーランスの場合は年功序列なんて一切ないので特に若い人ほど得をします。なので最近は20代でフリーランスになるエンジニアが増えています。

 

実際に「midworks」で扱っている案件の一部を紹介しますが、このように月60万円以上の単価の案件がごろごろ転がっているんですよね。

 

HTMLやJavaScriptがそこそこ書ければ、このよう月収60万円以上の案件に参画することも出来ます。40歳以上のエンジニアも活躍しています。

 

スキルに自信がなくても、HTMLのコーディングが出来れば参画できる案件もあります。必須スキルはHTMLも経験半年以上なので、これなら出来そうな気がしませんか??

 

PHPやRubyが書くことが出来れば月100万円程度の案件にも参画することが出来ます。こちらも必須スキルは「PHPの経験半年以上」なので、そこまで求められるスキルも高くはないです。

 

 

大企業に務めている人ほど、会社を辞めて中小企業に転職したらネームバリューも年収が下がるからという理由で踏み出せないんですが、年収は下がるどころが全然上げられます。

この数字を見たら頑張ろうって思えませんか??

 

②自分で営業活動をしなくてもいい

先程も簡単に説明しましたが、「Midworks」に登録すれば自ら営業をすることなく、まるで派遣のような感じで、案件を紹介してもらいフリーランスとして働くことが出来ます。

もちろん多少はエージェントにマージンを取られるのですが、マージン率は10%〜15%とのことでそれほど高くもありません。派遣とかだと40%くらい取られてますからね。

 

派遣との違いとしては「派遣会社と雇用契約を結ぶか」「働く先の企業と雇用契約を結ぶか」の違いになります。いまは派遣会社の代わりにエージェントが守ってくれますし、特にデメリットもないですね。派遣の上位互換みたいな感じです。

また、常駐型フリーランスは1ヶ月ごとなど契約締結時に報酬が定められますが、派遣社員は基本的に時給制となっているところも違いですね。

 

 

③自由な働き方が出来る

Midworks」の大きな魅力の1つは、週3日からの案件が豊富だったり、リモートワークが可能な案件を多く所有している点です。

フリーランスエンジニアのエージェントの大手である「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」は常駐型案件がメインなので、リモートワークが可能な案件はほとんどないんですよね。

 

しかし、「Midworks」はリモートワーク可能な案件を数多く揃えています。育児で出社数や時間に制限がある方、満員電車が苦手な方など、事情に合わせて働き方を選択できます。

これはものすごく魅力的ですよね。

 

そして、正社員とは違い週に働く日数も選んだ案件次第で調整できます。退職して、次の会社を見つけるまでの間だけ仕事をしたい方、働く時間とプライベートの時間をバランス良く調整したい方にもフリーランスの働き方がおすすめです。

Midworksには週3日から始められる案件や、フレックスタイム、時短勤務の可能な案件が多くあります。

 

④収入が途切れないようサポートしてくれる

フリーランスとして独立する上で、仕事がなくなってしまったらどうしようと不安に思う方がいるかもしれませんが「Midworks」では豊富に案件を抱えているため、現在働いている会社との契約が終了する際にも、途切れることなくすぐに次の案件を紹介してくれます。

万が一、契約先の企業との契約が終了しても「Midworks」との契約期間中は案件を受注していなくても、給与を保証してくれます。

 

勿論その際は積極的に案件を受けられるよう努力しないといけないのですが、仕事がない間もしっかりと給与をもらえるのえ本当に安心ですし、保証の手厚さに感動しますね。

Midworks」の勢いが凄いのも納得です。

 

⑤給与の支払いが早い

フリーランスとして働く場合、一般的には給与の支払いが遅いのがネックなんですよね。翌々月末とかが普通です。しかし「Midworks」の場合は報酬お支払いまでの期間が業界内でも非常に早いんですよね。

給与支払いはの20日サイトの形式を取っており、15日サイトであるレバテックフリーランスには及びませんが、それでも業界としては早い方ですね。

 

他にもフリーランスを支援しているエージェントは色々ありますが、こういった些細な所に「やっぱり人気のエージェントは違うな」という点が垣間見えますね。

 

⑥サポートがとにかく手厚い!

Midworks」は正社員と同等の保証を売りにしているため、とにかくサポートが手厚いのが最大の強みです。

このように各種保険を半額支払ってくれたり、書籍・勉強代や交通費を支給してくれたり、業界最大手のリロクラブと提携して年間30万円程度のサービスを受けることが出来ます。

 

他にも色々なエージェントがありますが、独立することがとにかく不安な人は「Midworks」を使えば、まず間違いないでしょう。

 

 

Midworksの弱み・デメリット

①首都圏しか案件がない

ここまで長所ばかりを説明して来ましたが、短所としては案件のほとんど関東圏にしかないということですね。

幸いにも「Midworks」では、リモートワークが可能な案件があるため、地方の方はリモートワークが可能な案件を探すが、常駐案件は関東のみですね。

 

まだ比較的若い企業ではあるので、案件数なんかでは業界最大手の「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」には及びませんが、それでも十分過ぎるほどの案件はあるので、個人的には気にならないですね。

 

Midworks受講者の口コミ・評判

①相馬さん (28歳男性)

「Midworksで独立してから半年、スキルと年収が大幅に上がりました。」

Midworksに参画して半年です。現在は正社員時代と同じ事業で運用開発をしています。新しい言語にチャレンジしたく今の環境に飛び込んだので毎日が勉強ですね。最近では、フロントエンド開発にも手を伸ばし着実にスキルの幅と報酬が上がってきています。

Midworks公式サイトより

こちらは独立してスキルと年収が上がった例ですね。

 

②桃井さん (26歳女性)

「子育て中の私にぴったりな週3の案件の仕事ができるようになりました。」

Midworksに参画して3週間です。エンジニア向けのサービスかと思ったらデザイナーの案件もあるようなので応募してみました。コンサルタントの方が、私に子供がいることも考慮してくれて、あまりハードではない現場を提案してくれました。

Midworks公式サイトより

こちらは子育て中のため週3で働けて、負荷の少ない案件を紹介してもらったという声ですね。

 

③長谷部さん (32歳男性)

「本業と副業で着実に年収をあげています。参画者同士の飲み会で情報交換もしています。」

Midworksに参画して2ヶ月目です。週2のリモート案件なので、本業にも差し支えない程度に仕事ができています。1ヶ月に一度飲み会も開いてくれるので他のMidworksに参画している方と情報交換が楽しいです。今後はもっと案件を増やしていきたいですね。

Midworks公式サイトより

この方は本業を続けながら「Midworks」にて週2のリモート案件で副業収入を得ているそうですね。

 

 

独立したいならまずはエージェントと会ってみよう

この記事を読んで、少しでもいいなと思ったらまずはエージェントに登録して、無料相談を受けてみましょう。

私も最初は半信半疑でしたが、実際にエージェントと話をしてみると、月収60万円以上の高単価案件を受けられると知り驚きました。

 

Midworksは実績、案件数、単価のどれを取っても申し分なく、専門のコンサルタントによるきめ細かいフォローもあるため、少しでもフリーランスを検討しているなら絶対に登録しておいた方がいいサイトです。

私の知り合いも多くが登録していますし、フリーランスエンジニアとして働いている人で、まず登録していない人はいないでしょう。

 

 

最終的にフリーランスにならないにしても、フリーランスエージェントってどんな感じなんだろう?とか、実際自分はどれくらいの報酬が貰えるんだろう?とか気になりませんか?

フリーランスに少しでも興味があるなら自分の市場価値を知るためにも、そして自分のスキルで通用するかどうかを知るためにも、一度エージェントに相談してみるべきだと思います。

少なくとも上記の疑問が解決され、視野が広がりますよ。

 

登録も1分程で簡単に終わります!

 

STEP1:公式サイトにアクセス

まずはMidworksの公式サイトにアクセスして、中央の登録するボタンを押します。公式サイトも非常にきれいに作られていて安心感がありますね。

 

STEP2:申込み情報を入力

氏名、メールアドレス、電話番号、パスワードを入力して確認ボタンを押せば完了です!たった30秒です!

この30秒であなたの人生が大きく変わるかもしれません!

 

 

「仕事を辞めたい辞めたい…」と思いながらいつまでも会社に居座って、ただ毎日をなんとなく過ごすだけの日々を送っているのであればいますぐにでも登録するべきです。

あとはなかなか年収が上がらずにお金がない人ですね。フリーランスになれば確実に年収が上がりますし、もっとスキルをアップして稼ごうと勉強意欲も湧いて来るはずです。

 

経験不足でいますぐにフリーランスは難しいと言う場合でも、将来フリーランスになるためには明日からこんな風に働くといいですよ!とアドバイスを貰うことで、働くモチベーションを上げられるかもしれません。

 

私もかつて登録する時は少し勇気が入りましたが、いざ登録してみたらエージェントはとても良い人達で、とても満足行く環境で働けるようになったので、いまとなっては本当に登録して良かったなと思っています。

あなたもこれを機に、是非一歩踏み出してみて下さい。

 

 icon-arrow-circle-right Midworks登録はこちら

エンジニア転職まとめ

【完全版】システムエンジニア(SE)の悩みと転職のコツまとめ|楽しくやりがいを持って働くための3ステップ!

システムエンジニア(SE)として働いているけど、つらい…辞めたい…と感じているあなたのために私の体験談から記事をまとめています。転職したいと考えている人は是非参考にしてみて下さい。

 

おすすめ記事はこちら

RELATED POST