エンジニアの転職先

社内SEになるには「社内SE転職ナビ」がおすすめの理由|口コミ評判

こんばんは、フリーランスの青山です。

私は新卒で大手SIerに就職したものの、激務に消耗して「何故ここまでして働かないといけないのか」と働く意味を見いだせなくなり会社を退職しました。そして、しばらく社内SEとして働いていた時期があります。

 

「ITは好きだけどもう激務には疲れた…」というエンジニアの転職先として最も人気なのが社内SEという職種です。

実際に、私が働いていた時も大手SIerと比べたらそれはもう全然平和でしたよ。仕事量も少なくほぼ定時で帰れてましたし、デスマで徹夜することも、深夜に障害コールで起こされることもなくなりましたからね。

海外に飛ばされる可能性もなくなり、精神的な負担がほんと軽くなりましたね。

 

私の場合は、新卒で働いていた会社の給料が良すぎたので、年収こそ下がりましたがそれでも専門職ですので、一般的な給与水準よりは高かったです。

なので給料よりもワークライフバランスが大事と考える人に取っては「社内SE」という働き方は本当におすすめです。

 

そんな社内SEを目指すためにおすすめなのが、業界で唯一の社内SE専門転職サイトの社内SE転職ナビです。

関東だけでなく全国の主要都市に対応していますので、社内SEになりたいと考えている人はまず登録しておいて損はないでしょう。

 

社内SE転職ナビはどんなサービス?

社内SE転職ナビ」は、エンジニア転職業界で実績のあるアイムファクトリーが運営する日本全国の「社内SE」求人を網羅する転職情報サイトです。

  • もう客先常駐は避けたい…
  • 社内の改善に自身の力を発揮したい…
  • 情報システム部門で働きたい…
  • お客様先ではなく自社サービスのシステムに携わりたい…

 

上記の様なエンジニアに多い悩みを解決することに特化しています。

社内SE専門の転職サイトってありそうでなかったサービスですが、こうやって特化型サイトが出て来るということは、社内SEの需要も増えてエンジニアが追いつかなくなって来ているんだなというのが想像出来ますね。

 

社内SE転職ナビの強み・メリット

①社内SEの保有案件数が圧倒的

1つ目のメリットは社内SEの保有案件の多さです。

社内SEは冒頭でも述べた通り、非常に人気の職種なのでこれまで求人を探すことが結構難しかったんですよね。しかし、社内SE転職ナビは徹底的に社内SE案件に拘ることで他よりも圧倒的な案件を確保しています。

公式サイトに公開されている求人だけでも700件近くありますが、実際には非公開求人も多くありますので、本気で転職を考えている人は登録して非公開求人を紹介して貰いましょう。

 

転職活動時の満足度は基本的には案件数とエージェントの質に比例するので、案件の数が多いというのは第一条件になりますが、ここはクリアしていると見て間違いないでしょう。

年収に関しても1000万円近い案件もちらほらありますね。

 

②社内SEの疑問に答えてくれる

2つ目のメリットは、社内SEの特化型サイトなので転職コンサルタントが「社内SEの実情に詳しい」という点ですね。

実際にエンジニアとして働いている人からしても「社内SEって何?どう違うの?」ってのが結構分かりにくいと思うんですよね。私も転職するまでは分かるけど分からないみたいな曖昧な感じでした笑

 

そういった疑問1つ1つ転職コンサルタントが答えてくれるます。

実際に社内SEになったらどんな働き方になるかとか、社内SEにも会社によってこんな違いがあるという話を聞くことが出来るので、しっかりとイメージを固めた上で、転職するか否かを判断できるんですよね。

 

社内SE特化型ということもあり企業との繋がりも深いため、企業の雰囲気や特徴、合いそうな人などの情報をコンサルタントから教えてもらうことも出来るので、ミスマッチを防ぐ精度の高いマッチングを実現することにも定評があります。

社内SE転職ナビ」を活用することで、そもそも「社内SE」が自分に向いているのか、どのような業種の情報システム部が良いのか等、豊富な情報から多角的に分析し、あなたのワークスタイルに合わせた転職先を探すことが可能です。

 

③転職に悩んでいる方も気軽に相談できる

社内SE転職ナビ」では、転職を考えていない方も気軽に相談できる個別面談サービスがあり、この中でも求人紹介は一切しない「カジュアル面談」というのが非常に人気です。

転職サイトに登録するのって、取りあえず片っ端から登録して良さそうなところを選ぶ人もいれば、登録したら転職勧めらそうで面倒くさそうだなと感じていつまで経っても登録しない人に二極化するんですよね。

この後者の不安を解消するべく取り組んでいるカジュアル面談がすごい。

 

公式サイトにも「求人の紹介は一切しません」と書いていて、まずはあなたの仕事の悩みや将来の不安を聞いて相談に乗ってくれます。

このカジュアル面談を繰り返す内に「やっぱり社内SEっていいな」と思う人もいれば、転職しなかったとしても「この前、社内SE転職ナビで面談して来たけど結構良かったよ」と良い口コミが広がれば企業としては嬉しいんですよね。

なので、社内SEが少しでもいいなと思うのであれば、まずはカジュアル面談で転職コンサルタントに色々質問してみるといいと思います。

 

その他にも、自分の理想とする企業探し&転職活動を前提としたキャリアアドバイスが中心の「キャリア面談」や遠方の方向けの「Skype面談」なども行っているので、用途に合わせてアプローチすることが出来ます。

 

④社内SE→フリーランスというキャリアも目指せる

4つ目のメリットは、社内SEからフリーランスという選択肢を目指す際にも有利という点ですね。

社内SE転職ナビの運営会社であるアイムファクトリーは、「エンジニアファクトリー」というフリーランス向けの案件紹介サービスではかなりの実績のあるサービスを展開しています。

 

私が実際に社内SEになって始めの内は、精神や時間に余裕が生まれたので年収が下がっても満足していたのですが、慣れてくるとだんだんともっと年収をアップしたくなってくるんですよね。

人間の欲というのは恐ろしいものです笑

そうなった時に、会社で出世したり転職するよりも最も効率よく収入を上げるにはフリーランスになることだと気付いたんですよね。いまはエージェントがサポートしてくれるのでフリーランスになることも難しくないんです。

 

「エンジニアファクトリー」では「10ヶ月働いて年収700万円」「ワークライフバランスと年収アップが同時に叶う」を掲げているだけあって、非常に多様な働き方が出来る案件を多く保有しているのが特徴的です。

リクナビNEXTの転職エージェントアワードで満足度No.1を獲得しており、非常に実績もあるエージェントなので、もしフリーランスを考えた時にも同じ会社なので、スムーズに案件を紹介してもらうことが出来ます。

 

 

社内SE転職ナビの弱み・デメリット

社内SE転職ナビ」のデメリットはいまのところは特にないですね。

強いて言えば、地方では案件が少ないなと感じる人もいるかもしれませんが、そもそも地方での需要が少ないというのもありますし、非公開求人も含めたら案件数が豊富な方だと思います。

IT業界の転職で全国各地に対応しているところが、まずほとんどないですし、社内SEだけでそれを実現しているのは十分凄いかなと。

 

 

社内SE転職ナビ利用者の声

①関さん(27)

未経験から社内SEへ半年かけて社内SEデビュー!
エンジニアの経験が一切なかったのですが、ITエンジニアの将来性に注目してまずは自分がエンジニアになれるのか、気軽に相談できるカジュアル面談を受けることに。その結果、まずITスクールに通うことをアドバイスいただき、その後無事卒業~社内SEデビューできました!

 

エンジニア未経験の状態で、案件紹介のないカジュアル面談を受けて、まずはプログラミングスクールに通うことをおすすめされたとのことです。最近は「プログラマカレッジ」のように無料で学べるスクールもありますし、個人的にも合理的な選択かなと思いますね。

 

②日吉さん(40)

転職未経験から相談、さらに市場をチェック~やがて転職へ!
仕事は順調で正直、転職に興味はなかったのですが、将来のキャリアパスを考えた時に一度相談したいなという思いからカジュアル面談を受けてみることに。そこから「自分の市場価値を確かめたい」⇒「理想の会社に巡り合う」⇒「社内SEとして転職」となりました。

 

そこまで転職に興味はなかったけど、試しにカジュアル面談を受けてみたら、理想の会社を見つけて転職したそうです。転職未経験者にありがちなのですが、自分の市場価値に気づいていなくて、いざ転職エージェントと面談してみたらこんな会社に入れるの!と驚くことがよくあります。

他の職種ではあまりないかもしれませんが、いまIT業界はとにかくエンジニア不足なので、本来の実力以上の企業に入れるチャンスなんですよね。なので、まだ市場価値を測ったことがない方は一度カジュアル面談をしてみるのがおすすめですね。

 

③岸田さん(41)

「いいところがあれば…」と気軽に相談⇒転職成功!
40代を迎えて今後のキャリアを考えた時「もっと自分にいいところがあれば、次が転職するラストチャンスかも」という思いから、カジュアル面談へ。そこで「面接だけでも受けてみようかな」と思える企業を見つけ、自分の理想にマッチした案件だったため転職を決意しました。

 

40代でも転職成功している例は豊富ですね。やはり年齢を重ねるにつれて、納期に追われて徹夜するというような体力を消耗する現状の働き方に不安を感じて、社内SEを目指す人は多いですね。なので、年齢的に不安を感じている人もまずは相談してみるといいと思います。

 

 

社内SE転職ナビの総合評価

知名度・実績 [star3]
(知名度実績はまだこれから!)
保有案件数 [star4]
(社内SE案件はかなり豊富!)
口コミ [star5]
(カジュアル面談が好評!)
総合評価 [star4]
(社内SEを目指すなら登録したい!)

 

総合評価は星4つです!

知名度や実績の豊富さでは他の転職エージェントには劣るかなと印象を受けますが、社内SEに特化ということで、「社内SEになりたい!」と目標が明確になっている人にとてもおすすめの転職サイトです!

特にカジュアル面談が公表で、転職初心者にも親切な対応が評価されているので、人柄重視でエージェントを選びたい人にもおすすめですね!

 

最後に:まずはカジュアルに面談しよう

これまで紹介して来た通り、社内SE転職ナビは保有案件数も多く、エージェントの親切な対応も非常に好評なので、社内SEを目指すならまず登録しておきたい転職サイトです。

登録も1分程度でできるので非常に簡単です。

 

STEP1:公式サイトにアクセス

社内SE転職ナビの公式サイトより無料会員登録をします。

 

STEP2:申込み情報を入力

氏名、電話番号、メールアドレスなどの申込み情報を入力して「登録する」ボタンを押下すれば登録完了です!

この1分であなたの人生が大きく好転するかもしれませんよ!

 

 

「転職希望はあるけれど、まだ考えがまとまらない」という方も面談を受けることでコンシェルジュが一緒になってキャリアパスの明確化してくれます。

どんな小さな疑問でもまずは相談してみましょう。

 

 

社内SE転職ナビのコンシェルジュは全体的に見ても非常に評判がいいですが、最終的には「人」対「人」なのでどうしても好き嫌いはあるかなと思います。コンシェルジュとの相性や力量を見極めるためにも、複数のサイトに登録して比較することが非常に重要です。

私のおすすめはとマイナビエージェント」と「レバテックキャリアですね。IT業界に特化しているということもあり担当するキャリアコンサルタントのレベルが非常に高いため、安定したサポートが期待できます。

 

 

冒頭でも言いましたが、「仕事を辞めたい…」「転職しようかな…」という悩みを抱えている場合は、まずは転職エージェントに会って相談してみるのがいいと思うんですよね。

そうすると、あなたのレベルならだいたいこのくらいの企業には行けると思いますよと色んな案件を紹介してくれるので、そこで自分の本当の市場価値に気付くことが出来ます。

 

転職エージェントに悩みを相談することで、転職に前向きに人もいれば、やっぱりあんまり転職しても意味なさそうだなと思うかは人それぞれですが、いずれにせよ前に進めるんですよね。

悩んでいるだけでは前に進めません。

 

せっかくここまで読んだのであれば、自分の市場価値を確かめる意味でも構いません。勇気を出して一歩踏み出してみて下さい。

 

 icon-arrow-circle-right 社内SE転職ナビ登録はこちら

 

 

エンジニア転職まとめ

【完全版】システムエンジニア(SE)の悩みと転職のコツまとめ|楽しくやりがいを持って働くための3ステップ!

システムエンジニア(SE)として働いているけど、つらい…辞めたい…と感じているあなたのために私の体験談から記事をまとめています。転職したいと考えている人は是非参考にしてみて下さい。

 

おすすめ記事はこちら

RELATED POST