エンジニアの悩み

システムエンジニア(SE)の仕事がつまらない!楽しくない!やりがいを感じない原因と解決策

こんばんは、青山です。

今回はシステムエンジニアとして働くに当たり、仕事のやりがいや魅力がどんなものか気になる方のために、私の実体験や周りのエンジニアにやりがいを聞いた結果をまとめてみました。

 

また、いま既に働いているけど「やりがいを感じられない」という悩みを抱えている人もいるかと思います。

実際に新卒時代の私がそうでした。

 

私は情報系の学生だったので大学生の頃からプログラミングをしていて、その頃はシステムを作るのが楽しかったのですが、いざ会社に入ってシステム開発をするとまた全然違うんですよね。

その辺りも、私の体験を元に解説していきたいと思います。

 

システムエンジニア(SE)の仕事のやりがいについて

システムエンジニアの仕事は非常に忙しくて大変ですが、多くのエンジニアはそれでもやりがいを感じて働いています。エンジニアがやりがいを感じるケースは大きく分けると以下の5つです。

 

1.顧客のニーズを形にしていく時

1つめは、顧客のニーズを形にしていく時です。

上流工程のエンジニアはここが一番の見せ場であり、仕事の醍醐味かなと思います。大規模システムになればなるほど、この工程に深く携わった人がより「自分がシステムを作った」というのを実感しやすくなるかと思います。

 

 

2.自分のスキルが人の役に立った時

2つ目は、自分のスキルが人の役に経った時です。

エンジニアと言ってもネットワーク、セキュリティ、言語、担当業務などそれぞれスキルが異なるので、周りのエンジニアや社内の他部署の人から「◯◯について教えてくれない?」と聞かれることが多くあると思います。

そういった時に自分のスキルを活かしてそれを解消してあげて喜ばれた時はやはり嬉しいなと感じますね。これは最も実感しやすいかなと思います。

 

まら、IT業界では常に新しい技術も入って来ますし、システムを設計する際も、毎回お客さんの要件が異なるため毎回新しいことに向き合っていくことになるため、知的好奇心も満たされます。

日時の業務に関しても、特にITに弱い会社では事務員さんが延々と手作業で確認しているようなことは、マクロなどで自動化して1クリックでやるというようなものを作れたりと専門性を活かせる場面は多くあります。

そういった時にはエンジニアとしてスキルがあって良かったなと思いますね。

 

その反面、常に勉強し続けなければならないので、ITに興味がない人はやはり付いていけないと感じて脱落してしまう人も多いです。

 

3.システムが完成した時(の達成感)

3つ目は、システムが完成した時の達成感です。

これはシステム開発をしたことがある人なら大なり小なり誰でも一度は感じたことがあると思いますが、自分で作ったプログラムが動いた時は、本当に嬉しくて達成感があります。

 

4.お客様に感謝された時

4つめは、お客様から感謝された時です。

システムを納品して、お客様から「ありがとう」「便利になった」と感謝された時に達成感を感じる人も多いです。

 

5.実際にシステムが使われているのを目にした時

5つめは、実際に使われているのを目にした時です。

人によっては実際に開発システムが使われている場面を見て、自分が社会を支えているという実感によってやりがいを感じる人もいます。

 

システムエンジニア(SE)の仕事にやりがいが感じられない

反面、エンジニアとして働くやりがいを感じられない人もいると思います。

上記のやりがいでいくと、顧客のニーズを形にしていく時や、スキルが人の役に経った時は相手との距離が近いため実感しやすいかと思いますが、後半3つにやりがいを感じられるかどうかで、今後いまの仕事を続けた方がいいかどうかは変わってくると思います。

 

1.システムが完成しても達成感を感じられない

システムが完成しても達成感を感じられないという人もいるかと思います。現に過去の私がそうでした。

大学生の頃はプログラミングで課題などをやっている際に、プログラムが動いた際は結構嬉しかったのですが、社会人になってから構築したシステムで動いたー!って喜びはあまりなかったです。

 

その原因として、SIerの場合は「上流工程」を担当するSEは設計書を書いて進捗管理するだけですし「下流工程」のSEは設計書を受取りその通りにコーディングをするだけなんですよね。

各工程毎に完全に分業されてしまっているので、上流から下流まで全体を通して開発に関わることが出来ないためSIerは「自分でシステムを作っている」という実感が得られにくいんですよね。

そういう人はWEB系エンジニアとして働くのがおすすめです。

 

Web系のエンジニアは「Google」「Yahoo!」「Amazon」「楽天」「サイバーエージェント」など文字通りWebサービスを展開している企業です。

Web系の方の場合は「上流工程」から「下流工程」まで1人のエンジニアが携わることが多いですし、基本的にはアジャイル開発が中心なので柔軟な開発が可能で、SIerのスピード感とは全然異なります。

 

中小企業で、小さなシステム開発をしていて、もっと大規模なシステム開発に携わりたい!と言って転職してくる人とかも多い反面、大規模システムの構築が合わない人もいます。

私の場合は、小規模なシステム開発の方が自分が関われる領域が多いので「自分が作ってる」という実感が得られやすく、楽しかったです。

 

元々プログラミングを勉強して、システムが動いた時に少しでも「楽しい!」と思ったのであれば、エンジニアとしての適正はあるはずです。大規模システムが楽しくないと感じたら、WEB系エンジニアの仕事を目指してみるといいと思います。

 

2.お客さんから感謝されてもあまり嬉しくない

お客さんから感謝されてもあまり嬉しくないという人もいるかと思います。これも元に過去の私がそうでした。

実際にお客さんというのは取引先のシステム担当の社員だったりする訳ですが、その人は実際にシステムを使ってなくて、実際に利用しているユーザーは全国各地にいて顔が見えなかったりするんですよね。

 

実際にシステムを利用している人達からの反応が見られれば少しはやりがいとして感じられたかもしれませんが、私の場合はユーザーから距離が遠かったためそれを感じられませんでした。

なにせシステムを納品するまでに死ぬほど苦労してるので、「これだけ頑張ってそれだけの反応?」っていうのが正直なところでした。

 

システムを納品するまでの作業が死ぬほど大変なので、システムが動いた時に達成感を感じられたり、お客さんに納品した時の反応にやりがいを感じられない場合は、たぶんその会社では続かないと思います。

 

そういう人は、WEB系エンジニアや社内SEのようなユーザーとの距離が近くて小規模なシステム開発をするか、フリーランスになって少人数で開発するプロジェクトに参画するのがベストだと思います。

 

「やりがいを感じられない」「つまらない」と感じる仕事を続けていると人間はどんどん弱っていきますし、うつ状態に近づいていきます。そういう人はまず環境を変えましょう。

やりがいを感じられないのは、あなたが悪いのではなく、環境が悪いのです。

 

 

3.社会を支えている実感がない

社会を支えてる実感が感じられない人もいます。

特に大規模システムの場合は自分が作ったという実感が薄くなりがちで、それよりも数時間でちゃちゃっと作ったツールや資料が使われていた時の方が私は嬉しいと思いましたね。

 

大規模システムに携わっていても、全くやりがいを感じられないエンジニアは多いと思いますが、だからと言ってエンジニア全般が向いていないことはありません。

 

例えば自分が企画して作ったアプリがヒットして、めちゃめちゃお金が貰えたら嬉しいですよね?

これが嬉しいと思えるならエンジニアには向いていないことはないと思います。ただ組織で働くのに向いていないだけなんです。

 

私は大規模なシステム開発をしていたら一生やりがいを感じられずにつまらない楽しくないと感じながら過ごして精神を病むと思ったので、転職して、最終的にはフリーランスになりました。

 

大企業を辞めてからはかなり小さな規模の案件ばかり行っていましたが、その時に社会人になって始めて楽しいなって感じましたよ

なので、合う合わないってあるんだなと。

 

やりがいを感じられないなら働き方を変えよう

エンジニアの仕事は、スキルが人の役に立ったり、システムが動いた時の達成感だったり、お客様に感謝された時だったり、動いているシステムを見た時などやりがいを感じられる場面が多くあります。

しかし、人によってはそれにやりがいを見いだせない人もいます。

 

大企業にいた頃は全くシステム開発の仕事に楽しさややりがいを見いだせなかった私ですが、派遣になったり、社内SEになったり、フリーランスになったりして規模が小さくユーザーとの距離が近い案件に関わるようになってからは「自分で作ったシステム」という実感を強く感じられるようになり仕事が楽しくなりました。

 

なので、エンジニアの仕事にやりがいを感じられない場合は「エンジニアに向いていないかも」と考えるではなく、まずは環境を変えてみて下さい。

 

私も大企業を辞める時は怖かったですが、転職サイトに登録してエージェントに相談して話を聞いてもらっていたら、転職した方が絶対に生き生きと働けそうだなと思い勇気を出して一歩踏み出しました。

いまとなっては本当に一歩踏み出して良かったなと思います。

 

あなたが思っている以上に、エンジニアの働き方というのはたくさんあり、きっとあなたに会う働き方があるはずなんです。

以下に、私が転職の際に利用したおすすめサイトをまとめているので是非合わせて読んで見て下さい。

 

あなたがエンジニアとして生き生きとやりがいを持って働けるようになることを願っています。

 

▼管理人おすすめのエンジニア転職サイトはこちら

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーにおすすめの転職サイト|転職エージェント比較ランキング転職活動をする際はどのエージェントを選ぶかが非常に重要です。 どの転職サイトを選ぶかによって出会える企業も変わりますし、担当のコン...

 

▼管理人おすすめの派遣会社はこちら

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーにおすすめのIT派遣会社ランキング私はかつて新卒で入社した大企業を3年で辞めて、その後はしばらく派遣エンジニアとして働いていました。 「派遣」と聞くとあまり...

 

▼管理人おすすめのフリーランスエージェントはこちら

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーが登録すべきおすすめフリーランスエージェント5選! 私は大学卒業後に某大手SIerで勤務してたのですが、大企業で給料が良くてもあまりの激務っぷりにすっかり働くのが嫌になり、派遣SE...

 

プログラミングスクール

【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!

未経験からエンジニアとして就職したい!フリーランスになりたいという人のために、目的別にプログラミングスクール選び方をまとめていますので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

 超まとめ記事を読む

RELATED POST