おすすめスクール

【口コミ評判】DIVE INTO CODE受講者の感想から分かる圧倒的人気の理由を比較解説!

DIVE INTO CODEが気になるんだけど実際のところどうなの?
では、今回はDIVE INTO CODEの魅力について解説していきますね!

 

こんばんは、青山です。

最近、ITエンジニアの需要がどんどん増大しているため、新たにプログラミングを勉強しようという人が増えていますが、独学で勉強を始めても挫折してしまう人がかなり多いんですよね。

 

そこで、近年非常にプログラミングスクールが人気になっています。

しかし、プログラミングスクールの料金やコースはとても複雑なので、どのスクールを選べば分からないという人がほとんどだと思います。

 

当ブログではその選び方について紹介していますが、今回はその中でも人気のプログラミングスクールDIVE INTO CODEについて紹介したいと思います。

 

DIVE INTO CODEはどんなスクール?

受講区分 通学制・オンライン
受講形態 オンライン学習+集団講義
場所 渋谷駅徒歩10分
無料体験 あり
入会金 なし
価格 即戦力コース:¥298,000
エキスパートAI:¥998,000
Railsコース:¥198,000
期間 6ヶ月

 

DIVE INTO CODEは月収40万円以上のエンジニアになることを目標としたプログラミングスクールです。人材紹介会社と提携した本気のカリキュラムと手厚いサポートにより、6ヶ月でRailsエンジニアに転職することが可能です。

特徴を箇条書きでまとめると、

  • レバレジーズ株式会社と提携している
  • 6ヶ月の長期学習型で実務案件を経験できる
  • ポートフェリオの充実により就職でアピールできる
  • 他にはないAIコースも用意している
  • フリーランス希望の方向けの支援も行っている

という感じですね。それでは、詳しく特徴を解説していきます。

>>DIVE INTO CODE公式サイトはこちら

 

DIVE INTO CODEのカリキュラム

DIVE INTO CODE」のカリキュラムはこのようになっています。

  1. オンラインでの自己学習
  2. 集団でディスカッション形式の授業
  3. 同期での勉強会
  4. 開発現場同様にチーム開発
  5. オリジナルアプリ制作の卒業課題
  6. DEMODAY(発表会)
  7. 卒業

しかも!なんと「DIVE INTO CODE」では卒業後のサポートも半永久的に受け続けることが出来るんですね!

後程詳しく紹介していきますが、これは本当に凄いです。

 

DIVE INTO CODEのメリット・良い口コミ

①卒業後の転職サポートが魅力的だった

DIVE INTO CODEの即戦力コースを受講した場合、卒業後の転職をIT転職分野で業界最大手の「レバテック社」が提携してサポートしてくれます。

しかも、他のプログラミングスクールは正社員の転職しかサポートしていませんが、唯一「DIVE NITO CODE」だけはフリーランスとして働きたいエンジニアもサポートしてくれるんですよね。

 

最近はフリーランスエージェントの登場によって、エンジニアはフリーランスとして働くのがかなり人気なのを知っていますか??

大手エージェントの「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」などで実際に案件を見てみると、給与の高さに驚くと思います。

 

フリーランスエンジニアとして働く場合は少なくても月収65万円くらいは貰えますね。

 

少し慣れて来たら80〜90万円くらいの案件も全然狙えます。

 

高単価な案件になると月収100万超えの案件だってあります。フリーランスエンジニアとしてキャリアを積んでいけば、最終的にこれくらいの収入が貰えると思ったらかなり夢がありませんか??

 

稼げるようになりたいなら「フリーランスになる!」という選択肢は、是非とも頭の片隅に入れておくべきだと思います。

もちろん正社員転職もしっかりとサポートしてくれます。

 

②通い放題でいつでも質問出来るのが良かった

DIVE INTO CODEは渋谷にオフィスがあり、10時〜22時まで自習室も開放されており通い放題なので、いつでも質問できるのが良かったという声が多いです。これは本当にありがたいですよね。

関東圏に住んでいる人からすればかなりのメリットかなと思います。これによって、分からないことろで止まってしまうこともなく、質問も対面でできるためかなり濃い時間にする事ができます。

質問し放題でもなかなか講師が捕まえられなくて質問しづらかったり、なかなか回答が返って来ないようなスクールもあるようですが「DIVE INTO CODE」は非常に評判がいいですね。

 

③力が身についているのが実感しやすかった

DIVE INTO CODE」では単元ごとに課題が設定されており、細かくアウトプットが求められるため、しっかりと知識が定着しているということを実感しながら進めていけるのが良かったという声もありました。

プログラミングを学習していると与えられたカリキュラムを進めて分かったような気になっていても、実際に自分で考えて手を動かしてみるとなかなか進まないという状況に直面することがよくあります。

成長が実感出来ないとモチベーションが低下して脱落してしまうことも、この業界では珍しくないですが、「DIVE NITO CODE」では途中で脱落してしまうような人はほとんどいないようです。

 

④卒業後も自習室利用・オンライン質問可能なのが最高

「DIVE INTO CODE」はなんと卒業後も自習室利用とオンラインでの質問が可能と、本当に受講者想いのスクールだなというのが感じられます。そりゃあ口コミも良くなりますわ…すごすぎる!!

数々の口コミの中でも個人的にこれは衝撃でしたね。他のスクールでは卒業後もここまで手厚いサポートをしてくれるところはまず聞いたことがありません。

 

⑤卒業後も教材が閲覧できるのが良い

卒業後は教材を一切閲覧できなくなるスクールも多い中で、DIVE INTO CODEはずっと教材を閲覧することが出来ます。

受講前って卒業した後のことまではなかなか気にしないと思うんですよね。そしていざ卒業したあとで「えっ?!!教材見れないの??」なんてスクールもある中で、本当にDIVE NITO CODEは受講者想いだなと思います。

本当にこういう評判の良いスクールがもっと増えて欲しいですね。

 

⑥DEMODAYを見て受講を決めた

DIVE INTO CODEでは、DEMODAYという制作物発表会のイベントがあり、これが結構人気です。

受講を悩んでいる人が、この制作物発表会を見て、「ここに入ればこういうモノが作れるようになるんだ!」「私もこんなシステムを作れるようになりたい!」と思い受講を決意する人も多いそうです。

実際の参加者も、期日までにアプリを作り込んで発表プレゼンをするというアウトプット経験を通じて自分自身の成長を実感できるようです。

 

⑦何よりスクールの雰囲気が良い


引用元:DIVE INTO CODE

 

色んな魅力がある中でも個人的に「DIVE INTO CODE」の一番の魅力はスクールの雰囲気がいいところなんじゃないかなと思います。

代表の野呂さんを筆頭に、公式サイトに掲載されている写真からも雰囲気の良さが感じ取れますよね。

 

本ブログでは、様々なプログラミングスクールを紹介していますが、その中でも最も評判がいいのはこの「DIVE INTO CODE」かなと思います。

実際に受講した友人に話を聞いたり、公式サイトだけでなくインターネット上の個人ブログを読み漁り口コミ評判を細かく調べていますが、実際に受講した人で「DIVE INTO CODE」については悪く書かれている記事を見たことがありません。

他のスクールに通ったけど、いまいちだったから「DIVE INTO CODE」に乗り換えたらすごく良かったと書かれている記事なんかもちらほらありましたので、評判の良さは本物です。

 

DIVE INTO CODEのデメリット・悪い口コミ

デメリットというほどでもないですが、「DIVE INTO CODE」のデメリットを何かあげるとしたら卒業までに時間が掛かることくらいでしょうか。

しかし、よく比較される「WebCampPro」でも受講期間は6ヶ月ですし、本格的にプログラミングを学びたいのであればこれくらいの期間は掛かるものだと思います。転職サポート付きですしね。

 

いいこと書きすぎじゃない??という気もしますが、ネット上の口コミや私の友人に話を聞いても特に不満を感じたという声はなくてむしろ賞賛の嵐だったので、本当に自信を持っておすすめすることが出来るスクールです!

また悪い口コミも発見次第追記します!

 

DIVE INTO CODEの料金とコース

コース 期間 料金
即戦力コース 6ヶ月 ¥298,000
エキスパートAIコース 6ヶ月 ¥998,000
Railsチュートリアルコース 2ヶ月 ¥198,000

 

DIVE INTO CODE」の受講料金は、一番受講者の多い「即戦力コース」で考えると6ヶ月で30万円なので他のスクールと比べると比較的安いです。一ヶ月あたり5万円というのは素晴らしい。

プログラミングスクールの料金相場はだいたい1ヶ月10万円くらいなので、6ヶ月だと割安になっても40〜60万円掛かるのが普通ですからね。

 

しかも、プログラミングを学ぶだけじゃなくて、就職サポートやフリーランス支援も行ってくれて、卒業後も教材を無期限で閲覧出来ますし、オフィスでの自習やオンラインでの質問の可能ですからね。

それでいて一ヶ月あたり5万円というのはかなりコスパが良いです。

 

DIVE INTO CODE受講者の声

①杉本祐亮さん

DIVE INTO CODEは素晴らしいスクールです。優秀なメンター陣がとても良い学習環境を提供してくれます。僕がびっくりしたのは、講義だけでなく学んだことを応用するために必要な情報の提供や細かいアフターサポートが充実していたことです。目標に向かう過程で安心して学習に打ち込むことができました。まずエンジニアを目指したいと思ったらDIVE INTO CODEに行ってみてください。

DIVE INTO CODE公式サイトより

 

②木村圭宏さん

-今後エンジニアになるための階段を登ろうとしてる方々に何かメッセージがありましたらお願いいたします

IT業界は技術の進化が早い中で、どれだけ知識を身につける時間を短縮できるかがエンジニアとしての鍵だと思います。独学で追いつくには到底難しいと感じています。このような時代の流れについていくための一つとして、学ぶことができる環境に飛び込んで、最短経路で技術を習得することが大事だと思います。また、学ぶだけでなく実務経験を得られる場が大事だと思います。DIVE INTO CODEにはどちらもあります。とても良い環境なので本当におすすめです。

DIVE INTO CODE公式サイトより

 

③佐藤あゆみさん

-これからエンジニアを目指す方へメッセージをお願いします。

個人的にはもっと時間をかけたいと思うことが多かったので、仕事を辞めてDICへ入校するということも選択肢の一つだったかなと思います。受講生の中にはもちろん働きながらの方も多いですが、Dive into codeの受講だけの方もいます。どんどん通えばつながりもできますから、人生を考えて長い目で見ると仕事を辞めて飛び込むという選択肢も視野にいれることをオススメします。

プログラムは、日進月歩の世界。どんどん最新情報が更新されていきます。もし独学だけだとWebサイトなどの古い情報に捕まって、こじらせたり止めてしまったりすることもあります。独学よりも入校して学ぶことはぜったいオススメです。

DIVE INTO CODE公式サイトより

 

 

DIVE INTO CODEのSNS上での口コミ

 

これらの一連のツイートを見ると、DIVE INTO CODEがいかにいい雰囲気で生徒達にも愛されているかというのが分かりますよね。

次はあなたの番ですよ!

 

DIVE INTO CODE総合評価

実績・人気 (かなり人気が高い!)
講義の質 (講師の質が高いと人気!)
料金 (相場より安い!)
口コミ評判 (悪い口コミもほぼ見かけない!)
総合評価 (超絶おすすめ!)

総合評価は星5つです!

実績も豊富で、口コミ評判の良さは業界トップではないかなと思います!よく比較される「WebCampPro」と比べると年収保証はないのものの、その分受講料は安めですね!

 

雰囲気の良さはもちろんフリーランスという働き方に興味がある人は、まずは説明会に参加してみて下さい!

あわせて読みたい
【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!「未経験からエンジニアになりたい!」「エンジニアだけど更にスキルアップしたい!」という人はプログラミングスクールを活用するのがおすすめで...

 

 

まずは無料説明会を受けてみよう

DIVE INTO CODEが受講者に選ばれるのは「最も受講生思いのスクールであるから」だと言われています。

少しでも気になる場合は、まずは無料説明会を受けてみましょう。

 

興味はあるけど面倒だな…とついつい後回しにしてしまう気持ちも分からなくもないですが、プログラミングに興味があるのであれば、まずは無料カウンセリングくらいは受けないと何も始まりません

 

DIVE INTO CODEは私の友人達も多く受講していますが、「講師の質が高い!雰囲気が良い!ここにして良かった!」と非常に満足の声が多く、私が本当に自信を持っておすすめ出来るスクールです。

 

関東在住の方で、就職希望者には是非おすすめしたいスクールですね!
講師の方もとても穏やかで親切な方が多いので、プログラミングを効率良く学ぶためにも是非一度受講してみることをおすすめします!

 

最終的に受講しないにしても、人気のプログラミングスクールのレッスンってどんな感じなんだろう?とか、どんな雰囲気で勉強するんだろう?今後どうやって勉強するのが効率的なんだろう?と気になりませんか?

無料カウンセリングを受講すれば、少なくともその疑問が解決され、視野が広がります。

 

最終的に他のスクールに決めるにしても、通学制なら後悔しないために、そして比較対象として説明会くらいは参加しておくべきです

オフィスは渋谷ですが、遠方に住んでいる方のためにSkype(オンライン)での無料説明会も行っています。

 

申込みも約1分で完了するのでとても簡単です!

 

STEP1:公式サイトにアクセス

まず「DIVE INTO CODE」の公式サイトにアクセスして、中央の無料説明会に参加を選択します。

 

STEP2:申込み情報入力

希望日と申込み情報を入力して「説明会を予約する」を押すと完了です!ものの1分で終わります!

このたった1分であなたの人生が大きく変わるかもしれません。

 

 

私はエンジニアを目指そうかなと相談してくる友人で、関東在住の場合はこの「WebCampPro」「GEEKJOB」と合わせてこの「DIVE INTO CODE」を強くおすすめしています!

公式サイトを見ても雰囲気の良さが伝わって来ますよね。

 

プログラミングメディアを運営していて、プログラミングスクールに関してかなり詳しい私が自信を持っておすすめするスクールなので、まずは重い腰を上げて、無料体験を受講して下さい!

 

icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちらicon-arrow-circle-right 無料説明会はこちら

 

 

プログラミングスクール

【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!

未経験からエンジニアとして就職したい!フリーランスになりたいという人のために、目的別にプログラミングスクール選び方をまとめていますので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

 超まとめ記事を読む