プログラミングスクール

【辛口評価】DIVE INTO CODEに悪い評判はない?リアルな口コミだけを調査した結果

DIVE INTO CODE」が気になるけど実際の評判はどうなんだろう。どれも信憑制がない書き込みばかりで良く分からない。ぶっちゃけどうなのか知りたい。

DIVE INTO CODEが気になって口コミを探している人は多いと思いますが、ネット上の書き込みはどれも信憑性が低い書き込みが多いですよね。

 

私も普段なかなかリアルな口コミに辿り着けなくて苦労しているので、この記事ではDIVE INTO CODEに関する情報を徹底調査して、これは信憑性が高そうだなという「生の声」だけをまとめてみました。

この記事を見れば、2019年1月現在のDIVE INTO CODEに関する「リアル」な口コミ評判が分かるようにしています。

 

最終的にはあくまでネット上の口コミは参考までに、自分の目で見て判断して欲しいのですが、個人的な意見としてはDIVE INTO CODEは、通学制の有料プログラミングスクールとして非常におすすめです。

その理由については、全てエビデンス付きで下記にまとめていますので、受講しようかどうか検討している方は是非参考にしてみて下さい。

 

▼DIVE INTO CODE公式サイト

 

DIVE INTO CODEの特徴を簡単に解説!

受講区分 通学制・オンライン
受講形態 自己学習+集団講義
場所 渋谷駅徒歩10分
価格 498,000円
期間 6ヶ月

【受講カリキュラム】

  1. オンラインでの自己学習
  2. 集団でディスカッション形式の授業
  3. 同期での勉強会
  4. 開発現場同様にチーム開発
  5. オリジナルアプリ制作の卒業課題
  6. DEMODAY(発表会)
  7. 卒業

DIVE INTO CODEは月収40万円以上のエンジニアになることを目標としたプログラミングスクールです。人材紹介会社と提携した本気のカリキュラムと手厚いサポートにより、6ヶ月でRailsエンジニアに転職することが可能です。

 

▼DIVE INTO CODE公式サイト

 

 

DIVE INTO CODEの良かった点(良い口コミ)

DIVE INTO CODEがおすすめという声

 

Dive Into Codeで、Railsを学ぶのは、心からお勧め致します。基礎から学べて、プログミングの深いとこまで学べます。全ての課題をクリアする時に色々なエラーに遭遇するが、自分で調べて解決する力も確実に養えます。講師達も優秀で、代表自らも対応して頂ける。

こらからプログラミングを学びたいという人はDive into Codeを間違いなくオススメします。

最高のRailsスクールDIVEINTOCODEに加えて、
インフラエンジニアの師匠を捕まえた私にもはや死角はない。

受講生または卒業生からのおすすめの口コミがかなり多いです。

 

転職に成功して充実しているの声

 

dive into code元生徒で機械学習まなんで今年の春からエンジニアとして働いてる友人と飲んだ。未経験なら仕事探しはWantedlyオススメらしく、いい職場に入れてすごく楽しいと言ってた。
ほんとに仕事をエンジョイしてる様子が伝わってきて元気もらえたな。半年後にはエンジニアになれるように頑張ろ

卒業後も充実しているの声も。

 

親身に対応してもらえて良かった

 

別の大手プログラミングスクールの説明会では「年暦的に無理」と鼻で笑うような対応をされましたが、DIVE INTO CODEでは非常に親身に対応してもらえ、それが入校の決め手となりました。

diveintocodeの説明会に行った時、入学した人の6割がカリキュラムを終え、その8割が転職先を勝ち取っていると言うお話を聞いた時、すごく現実的な数字だなと思った。
プログラミングスクールは大学の就職率と同じで、98%以上は怪しいとおもうのが鉄則かも…

かなり親身になって対応してくれたという口コミです。DIVE INTO CODEは本当に悪い口コミを聞きません。

 

講師の質が高い

DIVE INTO CODEは素晴らしいスクールです。優秀なメンター陣がとても良い学習環境を提供してくれます。僕がびっくりしたのは、講義だけでなく学んだことを応用するために必要な情報の提供や細かいアフターサポートが充実していたことです。

代表をはじめ講師の評判もかなりいいなと。

通い放題でいつでも質問出来るのが良かった

DIVE INTO CODEはいつでも質問できるし、すぐに対応してくれるのが良い

DIVE INTO CODE」は渋谷にオフィスがあり、10時〜22時まで自習室も開放されており通い放題なので、いつでも質問できるのが良かったという声が多いです。

質問し放題でもなかなか講師が捕まえられなくて質問しづらかったり、なかなか回答が返って来ないようなスクールもあるようですが、「DIVE INTO CODE」は非常に評判がいいです。

 

力が身についているのが実感しやすかった

DIVE INTO CODE」は単元ごとに課題が設定されており、細かくアウトプットが求められるため、しっかりと知識が定着しているということを実感しながら進めていけるのが良かった

プログラミングを学習していると与えられたカリキュラムを進めて分かったような気になっていても、実際に自分で考えて手を動かしてみるとなかなか進まないという状況に直面することがよくあります。

成長が実感出来ないとモチベーションが低下して脱落してしまうことも、この業界では珍しくないですが「DIVE INTO CODE」ではそうならないような取り組みをしっかりしているなと。

 

卒業後のサポートも素晴らしすぎる

卒業後も自習室利用とオンラインでの質問が可能なのはすごすぎる

「DIVE INTO CODE」はなんと卒業後も自習室利用とオンラインでの質問が可能と、本当に受講者想いのスクールだなというのが感じられます。

 

受講して良かったの声

 

今日はDive Into Codeの懇親会。スクール卒業してもこういった場があるのはありがたい!

Tec campで一ヶ月11万(学生になれば半額←通信の福祉大学に入ってすぐに辞めれば元は取れる)DIVE INTO CODEで六ヶ月30万。安かろう悪かろうというわけではないが、最善の方向に行きたいならば後者が当然!というわけか

受講して良かったというリアルな口コミがかなり多いです。

 

▼DIVE INTO CODE公式サイト

 

 

DIVE INTO CODEの良くなかった点(悪い評判)

なし→悪い評判は聞かない

 

DIVE INTO CODEは悪い評判を聞かない

悪い口コミも掲載したかったのですが、この方も書かれている通りSNS上には悪い口コミは見つけられませんでした。

 

▼DIVE INTO CODE公式サイト

 

 

DIVE INTO CODEの総評→評判は決して悪くない!むしろかなりいい!

引用:DIVE INTO CODE

 

色んな魅力がある中でも個人的に「DIVE INTO CODE」の一番の魅力はスクールの雰囲気がいいところなんじゃないかなと思います。代表の野呂さんを筆頭に、公式サイトに掲載されている写真からも雰囲気の良さが感じ取れますよね。

本ブログでは、様々なプログラミングスクールを紹介していますが、その中でも最も評判がいいのはこの「DIVE INTO CODE」かなと思います。

 

 

▼DIVE INTO CODE公式サイト

 

 

DIVE INTO CODEに通おうか悩んでいるあなたに伝えたいこと

ネット上の口コミを過信せずに自分で動いて確かめることが重要

ネット上はどんなに良いプログラミングスクールだったとしても、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。こうやって記事を書いている私が言うのも何ですが、ネット上の記事はあくまで参考程度に留めて、まずは行動して面談をしてみて、自分自身で判断してどうか決めましょう。

 

▼DIVE INTO CODE公式サイト

 

まずは無料カウンセリングだけでも受けてみよう!行動しなければ人生は変わらない!

この記事を読んで、少しでもいいなと思ったらまずはDIVE INTO CODEの無料カウンセリングを受けてみましょう。

興味はあるけど面倒だな…とついつい後回しにしてしまう気持ちも分からなくもないですが、プログラミングに興味があるのであれば、まずは無料カウンセリングくらいは受けないと何も始まりません。

 

DIVE INTO CODEは私の友人達も多く受講していますが、「雰囲気が良い!ここにして良かった!」と非常に満足の声が多く、私が本当に自信を持っておすすめ出来るスクールです。

オフィスは渋谷ですが、遠方に住んでいる方のためにSkype(オンライン)での無料説明会も行っています。

 

 

※申込みも約1分で完了するのでとても簡単です!

STEP1:公式サイトにアクセス

まず「DIVE INTO CODE」の公式サイトにアクセスして、中央の無料説明会に参加を選択します。

 

STEP2:申込み情報入力

希望日と申込み情報を入力して「説明会を予約する」を押すと完了です!ものの1分で終わります!

 

この記事で紹介した口コミのまとめを見てもらえれば、いかに雰囲気が良いかというのと、優良なスクールなんだなというのは伝わったと思います。

あとはあなたが自分の目で見て、空気感を肌で確かめてみること。説明会やカウンセリングに参加してみて悩むのはそれからです。

 

icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちらicon-arrow-circle-right 無料説明会はこちら

 

 

【人気記事】
RELATED POST