エンジニアの悩み

システムエンジニア(SE)がブラック企業を脱出するには|取りあえず3年は必要か?

こんばんは、管理人です。

今回はブラック企業を避けてホワイト企業に転職する方法というエントリーで記事を書いていますが、私も過去は会社員エンジニアとして働いていましたが、無理を続けて体調を崩して、最終的には転職をしました。

 

社会的にはしっかりしている大企業だったので理不尽なことで怒鳴られたり、給料が出ないというレベルではありませんでしたが、労働時間のみに関して言えばブラック企業ばりに働いていましたし、かなり精神的にも追い詰められていたのでSEとしての辛さは分かるつもりでいます。

私の会社でもうつ病や統合失調症のような精神病になり会社に来なくなる人も多かったです。

 

私は大学から理系の情報系の人間なので、大学時代の友達もほとんどエンジニアになっていますが、追い詰められて会社を辞めて転職した人も多いですし、自殺してしまった人もいます。

それくらいSEの職業病というのは深刻です。

 

あなたがいまブラック企業にいて、かなり精神的にも追い詰められているのであれば、無理をすることなく、いますぐにでも辞めた方がいいです。辞めると言ったらブチ切れられたり、受け入れてもらえないような会社の場合は、一通メールを送って逃げた方がいいです。

あなたの命を守ることが最優先です。

 

 

死にたいと思ったらいますぐ会社を辞めるべき

 

最近「死ぬくらいなら会社辞めれば」という本が売れています。

昨年の電通社員がなくなったことで大体的に取り上げられて、過労死について改めて社会問題となっていますが、本当に人間は追い詰められていまうと正常な判断が出来なくなってしまうんですよね。

私の知り合いも一人仕事のことで悩み自殺してしまった人がいます。一浪の大学院卒社会人2年目でまだ27歳でした。

 

(まだ頑張れる…もう少し頑張ろう…何とか3年は頑張ろう…)と無理をし続ければいつか急に頑張れなくなる時が来ます。そうなってはもう手遅れなんです。なので早めに逃げて下さい。

そのうち逃げる気力もなくなってきます。

 

私も、仕事のことについて悩みだした当初は転職サイトに登録して、転職エージェントに会って色々な悩みを相談したりしていましたが、そこから更に疲弊してくると、転職活動を進める気力がなくなりました。

転職活動は、書類審査を通るために自己PRや志望理由などを書いたり、面接対策を行ったりと非常に労力を使います。

 

あなたも大学生時代に真面目に就職活動をしたのなら分かるはずですが、就職活動だけをしていてもあれだけ大変だったのに「仕事をしながら満足の行く転職活動をする」というということが、そう簡単に出来るはずもありません。

消耗しきる前に動き出さなければ、決して満足のいく転職は出来ません。

 

 

しかし、最悪の場合はそれでも構わないと思います。実際に私もそうでした。最終的には疲弊しすぎて働きながら転職活動をするなんて無理…と思い、次が決まらないまま会社を辞めて、地元に帰ってから転職活動を行いました。

それでもいまは、あの頃とは違い幸せに過ごしています。

 

 

まずはどんな状況であったとしても、死ぬほどつらいなら頑張れなくなる前にまずは逃げる準備をしましょう。限界なのであれば逃げ出しましょう。

 

ブラック企業を辞めれない理由

ブラック企業にいると分かっていても、辞めない人は辞めません。

私は辞めない人は二種類いると思っていて、それは「会社に洗脳されている人」「転職してもまたブラック企業に当たるではないかと怖くてどう動いたらいいか分からない人」だと思います。

 

前者に関しては辞めるという選択肢がほぼ消されてしまっています。本当は真面目でいい子ほどこういう洗脳に掛かりやすく、最終的に追い詰められると「辞める」という選択肢を選べずに「自殺」してしまいます。

 

洗脳というと、何だか大げさかもしれませんが、新人が先輩より早く帰ろうとして「え?まだやることこんなにあるのにもう帰るの?」なんて詰められると、真面目な子ほど早い時間に帰りづらくなり遅くまで残るようになる。

それで毎日遅くまで働いていると「この時間まで働くのは当たり前なんだ、周りの社員もみんな働いているし」と、どんどんその会社の中での当たり前が、その人の当たり前になっていくんですね。

これが基本的な洗脳のプロセスです。

 

本当のブラック企業であれば、そこから更に人格を否定して、徹底的にその人を追い詰めていきます。

「お前はほんとに使えねえな!お前のことを雇ってくれる会社なんて他にねえぞ!」なんて言葉で、その人から自己肯定感を奪いさります。私は本当にダメな人間なんだと思い込ませ、意図的に無気力を作り出す訳ですね。

 

また、辞めるなんて言い出せないように「こんだけ育ててやって何にも会社に貢献しないで辞めるとかまじでありえないからな」「辞めるならちゃんと利益出して会社に還元してからにしろよ」と先に釘を打つ訳です。

こうすると洗脳されている側は「辞める」なんて口が避けても言えなくなり、「辞める」という選択を取ることが出来ずに「自殺」していまいます。

 

こういう場合は、本当に周りが引っ張ってでも逃げた方がいいのですが、IT企業のほとんどは東京にあるため一人暮らしで、激務によって友達もあまりいないため誰も救いの手を差し伸べてくれないんですよね。

この場合はほんとに致命的です。

 

本人が何かのきっかけで目を覚まして、逃げてくれることを祈るしかありませんし、私はそのきっかけになればと思い記事を書いています。

 

次に、後者の転職したいけれどもまたブラック企業に転職してしまいそうで、どうやって動いたらいいか分からないという人は、まずは正常な判断が出来て、体力気力があるうちにすぐ行動した方がいいです。

 

ブラック企業を避けて、ホワイト企業に転職するためには「信頼できる転職エージェントを使うこと」です。

 

ブラック企業を避けて転職する方法

ブラック企業を避けるには、転職サイトを使って自ら企業にエントリーするのではなく、「信頼出来る転職エージェントを経由すること」が大事です。

 

特にIT業界に特化した転職エージェントを利用すれば、企業とのパイプが深いため、その会社の雰囲気とか、これまで何人くらいの人がその企業に行ってどうなったかという情報を手に入れることが出来ます。

エージェントもそうした情報を知った上で、こちらに企業を提案してくれます。

 

特に実績のある大手の企業の場合は、長期的に収益を上げるためには、悪い評判が広まることは何よりの損害になるため、離職率が高かったり、転職者の評価が悪いような会社に人を転職させるようなことは絶対にしません。

 

以下の記事に詳しく書いていますが、特にレバテックキャリア」「ワークポートは、些細なことからかなり親身になって相談に乗って下さって、本当に素晴らしい対応をして頂いたので本当におすすめです。

どういう会社に転職したいとか具体的なプランが決まっていなくても、まずは「◯◯のことで悩んでいます」と相談してみて下さい。

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーにおすすめの転職サイト|転職エージェント比較ランキング転職活動をする際はどのエージェントを選ぶかが非常に重要です。 どの転職サイトを選ぶかによって出会える企業も変わりますし、担当のコン...

 

 

また、もう完全に疲弊してしまって、正社員として働くのが疲れてしまった場合は、派遣のエンジニアとして働くという方法もあります。

派遣の場合は正社員より責任もないですし、エンジニアの場合は派遣でも時給にして2000円程度はもらえます。ボーナスはないですが月々の給料で言ったら正社員を超えることもめずらしくありません。

 

まずは派遣エンジニアして働いてから転職活動をするなり、副業を始めるなり、フリーランスを目指すという選択肢もあります。実際に、私も派遣を経由してフリーランスとして働いています。

いつまでも派遣で働くのは確かにリスクはありますが、しっかりと目標を持って働けば「派遣で働く」というのは非常に合理的な選択だと思います。

 

 

私が実際に利用したおすすめの派遣会社は以下の記事で解説しているので、派遣エンジニアという働き方に興味がある場合は、是非参考にしてみて下さい!

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーにおすすめのIT派遣会社ランキング私はかつて新卒で入社した大企業を3年で辞めて、その後はしばらく派遣エンジニアとして働いていました。 「派遣」と聞くとあまり...

 

 

エンジニアとしての社会人経験が3年以上ある場合は、フリーランスエンジニアになるという選択肢もあります。いきなりフリーランスと言われてもどうやって仕事を取って来たらいいか分からないよ…となるかと思いますが、いまは仕事を取ってきてくれるフリーランスエージェントが存在します。

そのため、我々はフリーランスエージェントが取ってきてくれた案件を引き受けるだけで給料を貰うことが出来ます。また給料は基本月60万くらいが相場となっていて、スキルの高いエンジニアだと月100万円程もらえたりもします。

 

 

そうなるとまたかなりの技術力が求められるのではないか…と不安になる人も多いかと思いますが、実際には社会人経験が3年くらいあるエンジニアならほぼ問題なくフリーランスエンジニアとしてやっていけます。文系出身でもフリーランスとして働いている人は全然います。

レバテックフリーランス」「ギークスジョブ」の2つは本当におすすめでまずこの2つに登録しておけば間違いありません。

 

「興味はあるけど本当に自分なんかがやっていけるのかな…」と思っている方は、まずはフリーランスのエージェントに登録して、相談してみて下さい。

自分の市場価値に驚くはずです。

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーが登録すべきおすすめフリーランスエージェント5選! 私は大学卒業後に某大手SIerで勤務してたのですが、大企業で給料が良くてもあまりの激務っぷりにすっかり働くのが嫌になり、派遣SE...

 

 

取りあえず3年続ける必要はない!

世の中には「取りあえず3年は続けるべき」なんて言葉がありますが、本当にまともな企業であれば、3年間務める価値はあるかもしれませんが、ブラック企業の場合は勤め続ける価値は絶対にありません。

“3年どころか3日で辞めるべき”だと思います。

 

ブラック企業で消耗して悩んでるあなた、どうか無理をしないで下さい。そして逃げる元気のある内に逃げ出して下さい。

出来れば転職先が決まってから転職するのがベストですが、働きながら転職活動をする気力がない場合は「取りあえず辞める」というのも選択肢の一つだと思います。実際に私もそうだったので。

無理をして身体を壊すようなことは辞めて下さい。

 

ここまで読んでくれたのであれば、是非ブラック企業を抜け出すための第一歩を踏み出して下さい。

あなたが無事にブラック企業を脱出できることを願っています。

 

プログラミングスクール

【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!

未経験からエンジニアとして就職したい!フリーランスになりたいという人のために、目的別にプログラミングスクール選び方をまとめていますので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

 超まとめ記事を読む

RELATED POST