エンジニア(転職)

【体験談】システムエンジニア(se)の仕事はきつい?激務?SIerから社内SEに転職した経験者が語ります

システムエンジニア(SE)の仕事に興味があるけど、きついって聞くし不安。実態はどうなのか知りたい。

上記のような悩みに答えていきます。

この記事を書いている私は、10年近くエンジニアとして働いていて、最初は大手SIer(野村総合研究所)で働いていたのですが激務に疲れて転職。社内SEを経由して、いまはWeb系のエンジニアとして働いています。

 

システムエンジニア(SE)の仕事がきついかどうかと聞かれたら、私は「SIerはきつい。web系や社内SEはそこまででもない。」と答えます。もちろん会社や業種、時期やプロジェクトにもよるので一概には言えませんが、一般的にはこの傾向で間違いないと思います。

これからエンジニアになりたいけど、激務なのは嫌だなという方がいたらWeb系の会社に就職するか、社内SEとして働けば大丈夫です。

 

SIerはIT業界の中でも年収が高いですが、やはりそれだけに他の業種と比較すると忙しく、ストレスフルな傾向が強いです。

私が勤務していた野村総合研究所でも、3割くらいの人は「きつい!激務すぎる!」と言って転職していきました。しかし、なんだかんだで7割くらいの同期は残っていますし、楽しそうに働いている人もいるので、合う合わないの問題なのかなと思います。

(私にはSIerは合わなかったので個人的にはおすすめしません)

 

この記事では、私の体験談からシステムエンジニアのどんなところがきつかったのかについて語ったあと、これからより良く働いていくためにはどうすればいいのかについて解説していきたいと思います。

 

【体験談】きつかったSIer時代

私は新卒で入社した大手のSIerを入社して3年で退職しています。あの頃は毎日が本当に辛く、気づいたら涙が流れていたということも珍しくありませんでした。

基本的に毎日終電近くまで誰も帰ろうとしない環境だったので自分だけ帰る訳にも行かず、ほぼ毎日夜中まで働いていましたし、残業で疲れて帰って来ても、障害対応で何度も深夜に起こされることもしばしばありました。

 

私が担当していた業務系基幹システムは、日中に貯めた膨大なデータを夜間にバッチ処理したのですが、その処理が異常終了すると原因を調べて解決しなければいけません。

基本的に年次が若い人が担当することになるのですが、既に肉体的にも精神的にも疲れ切ってる中で「深夜にも障害対応をしないといけない」「安眠できない」と言うのが一番辛く感じました。

休みの日に遊んでいても電話が鳴って対応を求められることもしばしば、本当に心が休まる暇もありませんでした。

 

何度も辞めたいと思いましたが、私は幸いにも、就職活動で多くの大企業から内定を頂いて、その中でも自分が一番行きたいと思った第一志望の会社に就職してので、辞めるのが怖かったんですよね。

いま居る会社より行きたい会社なんてないし、せっかく入った大企業を辞めるなんて勿体無いそう思ってました。

 

それなりに給料は良かったのですが、ある時ついに限界を超えて「仕事ばかりで毎日辛くて、何のために生きているのか分からない」と言う状態になり、突然涙が出てきたりもして、これはもう無理だなと思って転職することにしました。

 

当時は、エンジニアとして働く以上これが当たり前だと思い込んでいたので、もうエンジニアを辞めて教員にでもなろうかと考えていました。

しかし、辞めようと思って色んな人に話を聞いてみると「同じエンジニアでも業種によって働き方が全然違う!」「他の会社には楽しそうに働いている人がこんなにいるのか!」と言うことに気づきました。

それならば、せっかくこれまでプログラミングを勉強して来たことだし、働き方を変えてもう少しエンジニアを続けてみようかなと思い、転職することにしました。

 

 

システムエンジニア(se)の仕事がきついかは業種によって大きく変わる

SIerで働くのは特にきつくてしんどい

  • 毎日残業だらけで忙しすぎる…
  • 仕事がつまらない…
  • 全くやりがいを感じない…
  • ブラック企業に入ってしまった…
  • もっとワークライフバランスを取れた働き方がしたい…
  • 鬱病で先輩が会社に来なくなった…
  • デスマ続きで肉体的にも精神的にも疲れた…
  • もう限界だ…

こういう声が聞こえてくるのは、ほとんどがSIerだと思います。よく漫画や映画の題材になるのもほとんどこの類です。

 

SIerの仕事をしていると納期に追われて徹夜をすることもあるし、システム改修の時は夜勤にもなるし、障害対応で深夜の2時〜3時に起こされることもあります。休日だって、いつ電話が鳴って呼び出されるか分かりません。

SIer業界でエンジニアとして働くならこれぐらい当たり前かもしれませんが、私はこの生活をずっと続けるのは絶対に嫌でした。

 

しかし、人によっては「これくらい仕事だから仕方ない」と割り切れる人もいるので本当に感じ方は人それぞれなんだなと思います。

私はSIerの仕事に全くやりがいが感じられないことでも悩んでいました。

顧客からしたらシステムは動いて当たり前なので、動いても褒められることはほとんどありませんが、止まると罵声が飛んで来ますし、ユーザーとの距離も遠いため、直接的な感謝をされることもほとんどないです。

 

システム障害が起きてしまうと障害を解決するまでは帰れないし、結婚式の前日に障害が発生して朝まで障害対応をして、そのまま結婚式に行って奥さんにブチ切れられたというような話も聞きました。

私はその話を聞いて笑うことはできず、死んでもそうはなりたくなかったです。

 

SIerに勤めていても、生き生きと働いてる人もいるので、私が合わなかっただけかなとは思いますが、個人的にはおすすめ出来ません。

もし今SIerで働いていて苦しんでいる人がいるのであれば、個人的には「Web系の企業」または「社内SE」に転職することをおすすめします。一時的に年収は下がっても副業でいくらでもカバー出来ます。

【完全版】IT系転職サイト・転職エージェントおすすめ3選!システムエンジニア(se)・プログラマーは必見! 【テーマ】IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! ...

 

社内SEはあまりきつくないが楽しくもない

「社内SE」の仕事はSIerと比べると相対的に楽であまりきつくはありません。あくまで一般論なので一概には言えませんが、ほとんどのエンジニアはこれを口にすると思いますし、SEの転職先として社内SEに転職するのは王道です。

月100時間を超えるような残業が慢性的に続いていたり、障害対応によって休日・夜中にも会社に呼び出され眠れなくなるなどの激務で悩んでいる場合は「社内SE」という選択肢がおすすめです。

 

納期に追われてシステムを開発することもほとんどなり、比較的まったり働くことが出来ますが、自分も含めて「楽しい」と言う話は聞いたことがないので、あまり楽しくないのはネックかなと思います。

社内SEの業務内容は会社によって大きく異なるので一概には言えませんが、「社内のITに関することだったら何でもやる」くらいのイメージがいいのかなと思います。

 

基本的にはスキルアップが望めるような職場環境はあまりないが、過去の私みたいにまったり働きながら「クラウドワークス」「ランサーズ」のようなサイトを使って副業で稼いだり、ブログやFXで収益を上げるという働き方もおすすめです。

今SIerで苦しんでいる人は「社内SE」に転職するのはかなりありだと思うので、転職サイトに登録して案件を探してみたり、エージェントに相談してみて下さい。

【完全版】IT系転職サイト・転職エージェントおすすめ3選!システムエンジニア(se)・プログラマーは必見! 【テーマ】IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! ...

 

Web系はあまりきつくないし、結構楽しいのでおすすめ

WEB系エンジニアもSIerと比べると相対的に楽でそこまできつくありません。中にはきつい会社もあると思うので一概には言ないのですが、一般的にはきついと感じる会社は少ないと思います。

しかも、WEB系の会社は少人数でサイト製作をしたりすることが多いので、ユーザーとの距離も近く、スキルも身につきやすく、オフィスもおしゃれな会社が多いので働いている側としても非常に楽しくおすすめです。

 

SIerの場合は、上流工程が要件をまとめて設計書を書い区だけ、下流工程が設計書の通りプログラムを書いてテストするだけと工程毎に区切られているため、自分達で作っている実感がなく、やりがいが感じられないという人が非常に多いです。

しかし、WEB系の場合はこのようなウォーターフォール型開発ではなく、アジャイル型の開発で、早くて柔軟に開発が行えるため、SIerのように「数行のコードを修正するのにどれだけ時間掛けるんだよ」というようなストレスもなく、サービスを作っている実感が得られやすいのも魅力かなと思います。

と言うことで個人的にはWeb系エンジニア推しですね。

 

SIerで苦しんでいる人はWeb系の会社に転職して、Webエンジニアを目指すのは個人的にすごくおすすめなので、興味がある方は転職サイトに登録して案件を探してみたり、エージェントに相談してみて下さい。

【完全版】IT系転職サイト・転職エージェントおすすめ3選!システムエンジニア(se)・プログラマーは必見! 【テーマ】IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! ...

 

システムエンジニア(se)を目指すのは賛成

エンジニア不足で需要がどんどん増える

個人的にはエンジニアを目指すことには賛成です。今後かなり数のエンジニアが不足すると言われているので、これからもどんどんエンジニアの需要は伸びていきますし、より待遇も良くなるでしょう。

現在でも10年前と比べたら非常に稼ぎやすくなっていると思います。基本的には伸びている業界に身を置くことは、効率よくお金を稼ぐための鉄則なので、プログラミングを身につけてエンジニアになることが悪い方向に働く訳がありません。

 

収入が会社に依存しない、スキルに依存する

エンジニアを目指すのに特におすすめの理由が、この収入が会社に依存するのではなくて、スキルに依存すると言う点です。

ほとんどの場合、基本的には出世しなければ年収は上がりませんが、出世するには時間がかかりますし、単純に結果を出すだけではなく、評価してくれる上司に気に入られなければなりません。かなり面倒ですよね。

 

会社員として働いている限りは、エンジニアも出世しなければ給料は上がりません。しかし、スキルを身につければ副業したり、独立するのが非常に容易になります。

今なら、会社員をしながらでも「クラウドワークス」「ランサーズ」のようなサイトを使えば簡単に案件が受注できるようになりましたし、スキルさえ身につければ、わざわざ出世しなくても安定的に稼ぐことができるようになります。

この手に職状態を作れることが非常に強いです。

 

副業・独立に繋げやすい

先程の項目と少し被りますが、エンジニアはスキルを身につけると圧倒的に稼ぎやすくなり、副業で稼いだり独立することが容易です。

副業に関しては先程解説したので、独立について話すと、今実務経験が3年程あるエンジニアは「フリーランスを支援してくれるエージェント」を利用すればフリーランスとして簡単に独立することが出来ます。

 

過去の私がそうだったように、フリーランスで働くなんてイメージが沸かないという人も多いかと思いますがいまは「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」のようなフリーランスエージェントが営業を代行してくれるので、私達は営業をしなくても簡単に案件に参画することが出来るんです。

なので仕事がなくなるという不安も全くありません。

 

フリーランスになるのってもの凄くスキルが必要なんじゃないの?と思うかもしれませんが、エンジニアとしての実務経験が2〜3年もあれば、月60万円程度の案件なら十分に受けることが出来ます。

 

 

月100万円近い単価の案件もごろごろ転がっているので、上級エンジニアを目指してスキルを磨いて行けばこういった案件を受けながらフリーランスとして生活していくことも可能になります。

 

 

フリーランスの働き方については以下の記事でより詳しく説明していますので、興味のある方は合わせて読んでみて下さい。

【完全版】フリーランスエンジニアになるなら登録すべきおすすめエージェント3選! 【テーマ】フリーランスエンジニアに興味があるけど、何から始めていいか分からない。案件に参画するにはどうすればいいのか。 ...

 

システムエンジニア(se)の働き方は色々ある!恐れる必要はない!

システムエンジニアになることに不安を感じている人は特別恐れる必要はありません。きつい職場やプロジェクトもありますが、きつくない業種・職場もありますし、それは他の職種でも同じです。

少しでもきつい職場を避けたいのであれば、社内SEやWeb系のエンジニアを目指しましょう。(Web系でもサイバーエージェントなんかは忙しい気がしますが)

 

これからの時代、かなり数のエンジニアが不足すると言われているので、これから先どんどんエンジニアの需要は伸びていきますし、より待遇も良くなるでしょう。

現在でも10年前と比べたら非常に稼ぎやすくなっていると思います。

 

昔はエンジニアになっても出席するまでは給料が上がらないというのがほとんどでしたが、最近はクラウドワークス」「ランサーズ」のようなサイトを使えば簡単に案件が受注できるようになりましたし、スキルさえ身につければ、わざわざ出世しなくても安定的に稼ぐことができるようになります。

「会社に依存しない、スキルに依存する」というのがエンジニアの魅力であり、私がエンジニアを勧める理由です。

 

営業職や事務職の場合、基本的には出世しなければ給料は上がらないので、会社側の評価に依存するのが非常にネックですし、上がるにしろ年功序列なので、若いうちはなかなか収入が上がらないようになってます。

若いうちに稼ぎたいなら成果報酬型の会社に入って、歩合制の営業で結果を出すしかないですが、これはこれでかなりハードです。よほどコミュ力に自身のあって平気で接待ができる人じゃないと難しいです。

 

過去に私がSIerで働いている頃は、忙しすぎて肉体的にも精神的にも副業なんてやる余裕がなかったので、比較的忙しくないと聞いていた社内SEに転職してから、プログラミングの副業を始めました。

「忙しくない会社で安定的に給料ももらいつつ、副業で稼ぐ」というのも、これからの生き方としてありだなと思っていますし、若い内に稼ぎたいなら、とにかく個人で稼げるスキルを身につけるしかないと思っています。

 

まだスキルがないけど、これからエンジニアを目指したいという人にはプログラミングスクールに通うのがおすすめです。以下の記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみて下さい。

【2019版】プログラミングスクールのおすすめはどこ?選び方を比較解説! 【テーマ】エンジニアになるためにプログラミングスクールに通ってみようかなと思っているけど、どこのスクールがいいか分からない!選び...

 

今すでにエンジニアとして働いているけど「きつい」「辛い」という人は、まったり働ける会社に転職して、副業を使って稼ぐのも良いと思います。

【完全版】IT系転職サイト・転職エージェントおすすめ3選!システムエンジニア(se)・プログラマーは必見! 【テーマ】IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! ...

 

エンジニア経験が2〜3年程ある人ならば、フリーランスエンジニアとして働くことも可能です。いまは自分で仕事を探さなくてもエージェントがサポートしてくれますので、簡単に案件を受けることが出来ます。

業務経験が3年程あればだいたい月収60万円くらいが相場なので、特別スキルが高くなくても平均レベルのスキルがあればこれくらいには到達できます。年収が上がらないと悩んでいる方は、フリーランスになるのがおすすめなので、一度エージェントに相談してみるといいでしょう。

【完全版】フリーランスエンジニアになるなら登録すべきおすすめエージェント3選! 【テーマ】フリーランスエンジニアに興味があるけど、何から始めていいか分からない。案件に参画するにはどうすればいいのか。 ...

 

人気記事まとめ