就職サービスおすすめ

【辛口評価】ワークポートに悪い評判はない?リアルな口コミだけを調査した結果

転職には「ワークポート」がおすすめって聞いたけど、本当に良いかどうかが気になる!安心して使っていいのか知りたい!

未経験からエンジニアに就職したい!という人向けのエージェントはたくさんありますが、その中でも特におすすめなのが「ワークポート」です。

 

ワークポート」は「あなたに寄り添う転職エージェント」のキャッチコピーが有名で、創業以来10年以上IT業界専門の転職エージェントとして実績を上げていましたが、2014年以降より総合型として生まれ変わりました。

現在は総合型ですが、元々知見があるIT業界専門だったということもあり、現在でもIT業界の転職となると「ワークポート」の名前は必ずと言っていい程上がる企業となっています。

 

今回は転職エージェントのワークポートについての体験談や評判・口コミについて一気にまとめて解説していきたいと思います。

名前はよく聞くけど評判はいいの?実際どうなの?と気にしている人は是非参考にして頂ければ幸いです。

 

▼ワークポート公式サイト


 

 

私がワークポートに登録した理由

おすすめ度:4.4
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 全国

ワークポート公式サイト

おすすめポイント

  • エンジニアの転職で国内最大級の転職支援実績
  • 地方でのIT転職に非常に強い
  • 業界未経験者やフリーターも手厚くサポートしてくれる
  • 転職コンシェルジュの口コミ・評判が良い

  公式サイトはこちら

https://www.workport.co.jp/

 

最初に私が「ワークポート」に登録した理由は、公式サイトの雰囲気が良かったのと、ネット上の口コミ評判が良かったからです。最初に登録する理由なんてこんなもんですよね。公式サイトもとても丁寧に作られていて、丁寧に親身になってサポートしてくれそうだなと思いました。

ワークポート」は未経験者向けの就職サポートが非常に手厚いので、普通の転職はもちろん未経験者にこそおすすめですね。

 

▼ワークポート公式サイト


 

ワークポートは安心して利用できるけど「絶対」ではない

転職エージェントに「絶対」はない

ワークポート」は安心して利用できるエージェントですが、転職エージェントに絶対はありません。人間なので合う合わないはあります。

そしてそれは企業とのマッチングでも同じで、ワークポートを使えばいい企業に就職出来るなんてことはありませんし、そんなエージェントは存在しません。当たり前ですが結局は本人の実力次第です。

 

転職エージェント選びで大事なのは大当たりを引くことではなく、外れを引かないこと

「どの転職エージェントがおすすめですか?」と言う質問をよくされるのですが、基本的にはある程度の基準を満たした転職エージェントならばどこでも良くて、重要なのは極端に口コミの悪い外れを引かないことです。

外れを引いてしまうと、まだ転職するかどうか悩んでいるのに強引に転職を勧めてきたり、しつこく連絡が来たりして消耗してしまうので、基本的には「求人数が豊富で体力的に余裕のある大手のエージェント」を選ぶのがおすすめです。

大手の転職エージェントではそういう不快な思いをしたことはないので、やはり余裕があってサポート体制がしっかりしている大手が安心です。

IT業界だと「マイナビエージェント」「レバテックキャリア」「ワークポート」が代表格なので、この辺りの大手を選んでおけば基本的にはずれを引くことはありません。

 

外れを引かないためには実績のある大手エージェントを選ぶ

外れを引かないためには実績のある大手のエージェントを選ぶことが大事で、個人的におすすめなのがこの辺りです。

大手の優良エージェントなら取り扱い案件自体には大差がないので、公式サイトを見比べたりして、他の転職エージェントがいいなと思ったらそちらを使えばいいと思います。

 

最終的には担当者次第でマッチング次第

よく色んなサイトで根拠が分からないランキングが掲載されていたりしますが、大手ならばどこも求人数やサービスにそこまで差はないし、結局のところ満足度は「担当者」と「マッチング」次第かなと思います。

転職サイトの違いを細かく議論するのは不毛なので、取りあえず大手を中心にいくつか登録してみましょう。

 

▼ワークポート公式サイト


 

ワークポートはとは言えおすすめ

未経験からの転職に強い(フリーター・ニートも可)

ワークポート」では未経験の転職もサポートしてくれます。

未経験OK!と書いてあっても実際には未経験の案件がほとんどなかったり、聞いたことのないような企業ばかりというのはよくある話ですが、ワークポートの場合は、サイトを一目見れば分かると思いますが「未経験の転職ナビ」として別でサイトを構築していますし、かなり力を入れています。

完全未経験者向けのプログラミングスクールもあるようで、こちらも企業と提携して「無料」で実施しているようです。

 

地方での就職にも強い

ワークポート」の3つ目のメリットとして地方での就職に強いというメリットがあります。以外と地方に強い転職サイトってないんですよね。

IT業界で転職するなら特化型のサイトの方が案件の質だったりエージェントの対応が良かったりするのでおすすめなのですが、多くの求人サイトが関東圏ばかりに偏っています。

現在は東京で働いているけど、やっぱり地元である「大阪」「福岡」「名古屋」「横浜」で働きたいなという人はまずは「ワークポート」に登録することをおすすめしますね。

会社としても非常に力を入れているとこなので、めちゃくちゃ手厚くサポートしてくれるはずです。

 

 

転職コンシェルジュの対応が素晴らしい

ワークポート」の4つ目のメリットは、転職をサポートしてくれるコンシェルジュの評判が非常に高いことです。

一般的に転職をサポートしてくれる人のことは、転職エージェントやカウンセラー、コンサルタントなどと呼んだりしますが、ワークポートでは転職「コンシェルジュ」と呼んでいます。この「コンシェルジュ」という言葉に込められている通り、非常に丁寧できめ細かい対応が評価されています。

 

『2016年度下半期リクナビNEXT GOOD AGENT RANKING』にて『転職決定人数部門 第1位』を受賞することが出来た背景には、このコンシェルジュの対応が非常に大きな要素を占めています。

私が利用した際も、担当者の対応には非常に好感が持てました。こちらが欲しい情報はしっかりと提示してくれるのですが、ガンガン押して来るようなことはなく、適切な距離感でやりとりが出来て気持ち良かったです。

 

私はあまりグイグイ来られると「この人は早く私を転職させて紹介料を貰いたいんだな」と思って警戒してしまうのですが、ワークポートのコンシェルジュはじっくりとこちらの話を聞いてくれて、長期的な目線で寄り添うように親身に相談に乗ってくれました。

まさに「あなたに寄り添うエージェント」という言葉を体感出来たような気がしています。

 

転職エージェントを選択する際には、求職者と同じ目線に立ち、本当にユーザーが幸せになれる方向を模索してくれるコンシェルジュが理想だと感じていますが、ワークポートのコンシェルジュは、まさにそれに合致していました。

 

圧倒的実績があり案件数が豊富な大手

ワークポート」の1つ目のメリットはIT業界での保有案件の多さです。

これはもう言及するまでもないかもしれませんが、ワークポート」はIT業界での10年以上で約2000社との取引実績があり、現在では常時15,000件の求人案件を保有しています。

 

転職活動時の満足度は基本的には案件数とエージェントの質に比例するので、案件の数が多いというのは第一条件になりますが、ここはクリアしていると見て間違いないでしょう。

実際に利用してみても、希望を伝えるとすぐに求人を提案してくれるところから保有案件の多さを感じましたし、ワークポートだけの非公開求人数も多数あり、案件についても名前を聞いたことがある大企業の求人が多かったですね。

 

ハイクラスの転職案件を扱っていることもあり、年収に関しても1000万円を超えるような案件も多くありました。

もちろんそういった求人は高いスキルが求められますが、将来的にはこういう業務内容・年収の仕事に就きたいとキャリアプランを見つめ直すのにも非常に有意義でした。

 

年収と同様に、職場環境や福利厚生についても、残業が少なめの会社、ライフワークバランス良いなどの要望に対しても、すぐにそれらの要望に答えるような求人を持って来てくれました。

IT特化型ということもあり企業との繋がりも深いため、企業の雰囲気や特徴、合いそうな人などの情報をコンシェルジュから教えてもらうことも出来るので、よりイメージが湧きやすく、ミスマッチを防ぐことにも繋がります。

 

何より企業の雰囲気が良い

最後に、他にも転職エージェントはたくさんありますがワークポートが選ばれる理由は、先程紹介したコンシェルジュだけではなくて、公式サイトも含めた全体の雰囲気が良いからだと思います。

公式サイトも、他のサイトよりかなり丁寧に作り込まれていますし、顔写真付きでコーディネーターや受講者の声を掲載していたりと、エンジニアのことをしっかり考えてくれてるというのが伝わって来るんですよね。

 

公式キャラクターも可愛いですよね。

こういった色々な取り組みが評価されて、雰囲気が良さそうだから信頼してみようと、一歩踏み出す人が多いのだと思います。

 

▼ワークポート公式サイト


 

ワークポートの利用者のリアルな口コミ:良い評判

使って良かったの声

転職エージェント、片っ端から登録したが、ワークポートさんが1番良かったな……。直接顔合わせて面談してくれたし、動きもメチャクチャ速かった。
電話面談だけで転職サポートって実際どうなのだろうか?少なくとも自分は時間があったので、オフラインで顔合わせてジックリが向いていた。

 

ワークポートさん凄く良かった。

 

ワークポートは確かにスピード感がすごいし、さっさと転職したいとかIT系で転職したいならいいかもね

 

ワークポートは基本的に担当者がつくからね。今まで使ったエージェントの中で一番印象が良かった

 

わたしは転職絶対するって決めてからリクナビとか片っ端から登録したんだけど、非公開求人の方が優良企業多いと思うからリクルートエージェントとかワークポートとかのシステム使って今のところ探したよ!企業とのやり取りとか仲介してくれるしやりやすかった…

 

応援するぞ!私が使ったのはワークポートとDODAだったけどそれぞれコンシェルジュ付くから良かったよ。西子は技術職で探しても良い気はする。とにかく心身ともに大切にな!しんどい時は話し聞くから言え。

ワークポート」のtwitterでの口コミや評判を調べてみましたが、実際に利用したことのある人が「使ってたけど良かったよー!」と友人に勧めているリプライなども多く見かけました。

本当に良くなかったらリアルな知人には勧めないと思うので、安心して利用できる転職エージェントだと思います。

 

IT業界ならワークポートがおすすめの声

ワークポートはITとかゲーム業界強いところだから、もしかしたら別のがいいかもしれないけど、一回エージェント会社に相談しに行ったら、あとは面接日程とかの調整とか全部担当エージェントがやるから楽だよ!給与交渉とかもしやすいよー

 

結果的に内定は出なかったけど良かったなっていうエージェント
・クリークアンドリバー
・インテリジェンス
・ワークポート(Webに強ければすごくいいと思う。私にはスキルがなかった)

 

キャラクターが可愛いの声

 

ワークポートの広告キャラクターの女の子かわいいなこれ

 

en転職といいワークポートといいどうして転職サイトは俺のストライクゾーンど真ん中をぶち当ててくるキャラを量産してくるんだ、転職したくなる

全然関係ないですが、ワークポートの公式キャラクターの「大崎みなと」ちゃんと「品川つばさ」ちゃんが可愛いという声もかなりありました。こういうので興味を持ってもらう取り組みも大事ですよね。

 

その他の声

―ワークポートを利用しようと思った理由を教えて下さい。

  • 知人に勧められたので使ってみた
  • IT関連企業との関係が多くあると思ったから
  • サポート体制が整っている点と、非公開求人が多いため
  • 自身が望んでいる企業様への転職を叶えてくれそうなイメージが強かった
  • HPの印象も良く、他サイトの評価も高かったため。
  • インターネットで調べると、良い評判のため。
  • IT業界に強いと聞いたので、相談できたら転職しやすいと思ったので
  • 以前も利用させていただき、信頼できると思ったため。
  • 検索して上位にあったため。
  • 他媒体からメールでコンタクトをいただいて興味を持った
  • なんとなく直感で決めました。他の人材紹介サービスもありましたが。
  • 友人が利用していたため。
  • ひとりで転職活動してブラック企業に転職したくなかったため
  • IT業界の求人に強く、未経験でもエンジニアに転職できる求人が多いため
  • IT業界に転職を考えた時に、最も知名度の高い会社だったため。
  • ゲーム業界にも強いという評価から
  • 電車の広告でもよく見かけたため。

 

―ワークポートを利用して良かった理由を教えて下さい。

  • 希望していた条件に合った企業を紹介してもらえた
  • eコンシェルを通して頻繁に連絡をくれた
  • 非公開求人が多く、自身が望んでいる企業様の求人が多かった
  • 対応も早くより良い企業様を選択していただいた
  • 現職との交渉も含めとても親身になって相談に乗っていただいた
  • マイページが分かりやすかった
  • フォロー体制も良かった
  • 連絡をこまめにとってくれるので、状況がわかりやすい点。
  • 親身に相談に乗っていただける点。
  • サポートがしっかりしていて、不安なところを解消できたこと。
  • eコンシェル(専用システム)で、その時の状況がわかるのが良かった
  • 年収交渉や、福利厚生の確認が楽だった。
  • スケジュール調整が楽だった。
  • 初めて面談に行った日から約2週間で転職先が決まりスピーディで良かった
  • 他社と比べて求人を数多く紹介していただけた点。
  • 会社ごとの面接ポイントが事前に教えてもらえる。
  • 親身になって話を聞いてくれたり、アドバイスをしてくれた。

 

 

ワークポートを利用したきっかけを見てみると「友人に勧められて使った」「公式サイトの印象が良かった」「ネットの評判が良かった」「IT系に強いと聞いた」の声が多いですね。

使った感想としては「親身に相談に乗ってくれた」「サポートがまめでスピーディな対応が良かった」という声が多いですね。

 

▼ワークポート公式サイト

 

 

ワークポートのリアルな口コミ:悪い評判

 IT業界以外は弱い

ワークポートは2014年から総合型へ幅を広げ転職支援を行っていますが、やはりIT業界以外は求人の保有案件数としても弱いなと感じました。

この記事の読者は大半がエンジニアの方だと思うので、問題はないかと思いますが、そうではない方は「リクナビ」や「マイナビ」と言った大手の転職サイトを使った方が良いかと思います。現状のデメリットはこのくらいですね。

 

▼ワークポート公式サイト

 

 

ワークポートを利用しようかどうか悩んでいる人へ

ネット上の口コミだけを信じずに自分の目で確かめることが重要

ネット上はどんなに良いエージェントだったとしても、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。ネット上の記事はあくまで参考程度に留めて、直接面談に足を運んで、自分の目と耳で判断してどうか決めましょう。

 

▼ワークポート公式サイト

 

ワークポートはおすすめだけど、まずは自分の直感を信じて行動するべき!

ワークポートはIT業界で転職したいと言う人なら、登録しておいてまず損はないおすすめのエージェントです。

しかし、結局は担当者次第ですし、自分次第なので、まずは自分の直感を信じて使ってみたいなと思う大手のエージェントを取りあえずいくつか登録してみればOKです。

 

「仕事を辞めたい…」「転職しようかな…」という悩みを抱えている場合は、まずはレバテックキャリアに登録してみて転職エージェントに会って相談してみて下さい。

悩んでいるだけでは前に進めません。

 

転職エージェントに登録する人のほとんどは、現状に不満はあるけどどうしようか悩んでいるという人がほとんどで、決して転職を決意している人ばかりではありません。その辺りはエージェントも分かっているので大丈夫かなと。

まずは、立ち止まって考えるのではなく、走りながら考えましょう。

 

 

▼ワークポート公式サイト


【人気記事】
RELATED POST