仕事やお金の悩み

【体験談】システムエンジニア(se)を辞めたい人へ!新卒入社3年で大手SIerを退職した話


過去の私と同じようになんとなくでSIerに入ってしまい「SEを辞めたい」と本気で思っている人がいるなら辞めてWeb業界とかに転職した方がいいと思う。人によって合う合わないがあるけど個人的には業務系のSIerはつまらなさすぎたし、転職して本当に良かったと思う。

この記事を書いている私は、新卒で大手SIerである野村総合研究所に入社しましたが激務に消耗して入社3年で退職しました。

当時は本当に毎日が辛くて気付いたら目から涙が流れていることもありました。

 

就職活動や受験勉強を頑張ってやっと入った大企業だったので、も簡単に辞めるつもりはなかったのですが「あと40年この仕事を続けて本当に幸せな人生だったと思えるだろうか」と何度も自分に問いかけて、最終的に辞めるという決断をしました。

私が新卒入社した会社を辞めたのは2013年なので、辞めてからもう5年が経ちますが、全く後悔はしていません。

 

いまとなっては「自分にSIerは合ってなかったし、本当に辞めて良かった」と心から思っています。

この記事では、システムエンジニアの仕事を辞めたいと思ってるけど勇気が出ない、辞めた後どういう人生を歩んでいるのか知りたいという人のために、私が大手SIerを辞めてからの体験談を記していきますので、参考になれば嬉しいです。

 

▼管理人おすすめ転職サイトはこちら

 

システムエンジニア(se)の仕事が楽しくないなら辞めた方がいいと思う


エンジニアの仕事を辞めたいと思ってこの記事に辿り着く人のほとんどは、業務系のSIerで働いている人なんじゃないかなと思う。SIerで働いていた時は給料こそ良かったけど、会社の上司や同僚、下請け会社の人を含めて楽しそうに働いている人はほとんど見たことがない。

SIerに就職して悩んでいる人は多い

私は大学で情報工学を専攻していたので、周囲の友達も富士通や日立、NECやNTTデータのような大手SIerに就職している人が多いですが、仕事が辛くて辞めようか悩んでいたり、精神を病んでしまって辞めてしまった友達は結構多いです。

「もう会社に行きたくない」「生きるのに疲れた」などと思ってしまうことは決しておかしいことではありませんし、普通の感情だと思います。

 

しかし、SIerで働いていてもそれほど仕事を苦痛に感じず、普通に働いている人もいます。同じことをしていても「辛い」と感じる人もいれば「別にそこまで辛くない」と感じる人がいます。これは人それぞれです。

大学時代に優秀だった人が精神を病んでやめていったのに対して、大学時代に落ちこぼれだった友人が会社に入ってからは悠々自適に働いていたりするので、こればかりは分からないものだなと思います。

 

SIerの仕事は個人的にはつまらなさすぎた

SIerで働いていた時はどうにも仕事が楽しくありませんでした。

大学時代プログラミングをするのは比較的楽しかったのに、いざエンジニアになって要件定義をしたり、詳細設計書を書いたり、コードを書いたり、テストをしたり、障害対応をしたりと何をしていても全く楽しくない。

会社の上司や同僚を見ても楽しそうに働いている人はほぼおらず、仕事だから目の前にある仕事を淡々とこなしていく、そんな感じでした。

 

SIerはお金しかやりがいがなかった

特に業務系のシステム開発では、大規模すぎて自分が作ったという実感もほとんど得られなければ、ユーザーからの反応もダイレクトに感じることが出来ないので、仕事で喜んだ記憶が全くありません。

システムを無事にリリースすることが出来ても「ホッ」として一瞬緊張感から解放されるだけで3年間で楽しいとかやりがいを感じたことは一度もありませんでした。

結局世の中に大きなインパクトを与えるようなものサービスを作っているのではなく、ただ業務を効率化するための業務系の地味なシステムだったので、こんなもののためになんでここまで消耗しているんだろうと思っていました。

大きい案件を受注して喜んでいる上司を見ても「別に大きい案件じゃなくてもいいし、もっと面白そうなものを作りたいな」と思っていた私は、そもそもSIerには向いていなかったのかもしれません。

 

楽しくないなら辞めた方がいいと思う

少し話がそれましたが、システムエンジニア(se)の仕事が楽しくなくて、本気で辞めたいと思っているのであれば辞めた方がいいと思います。

仕事が楽しくなくて辛いと思っている人は、一時的には頑張ることが出来ても長続きしません。無理を続けていると必ずどこかで疲れて息切れしてしまいます。

会社を辞めるのには勇気が要りますし怖いという気持ちも分かりますが、何の目標もないままだらだら働き続けても、スキルは上がらないまま年齢だけを重ねていきどんどん人生がハードモードになっていきます。

楽しくはないけどそこまで辛くもないという人は続けてもいいかもしれませんが、この記事に辿り着いている人は、きっと辛くて辛くて仕方がない人だと思いますし、過去の私もそうでした。そういう人は辞めた方がいいと思います。

 

▼管理人おすすめ転職サイトはこちら

 

 

システムエンジニア(se)を辞めた後どうすべきか


SIerで消耗しているならWeb系を見てみるのがいいと思う。精神的に疲れてしまっているなら実家に引きこもったり、派遣とかでゆるく働きつつ副業を始めてみるのもありだと思う。僕も派遣から再出発して、いまは在宅でも会社員時代の給料以上に稼げるようになったし、会社を辞めてもなんとでもなる。

Web業界に転職するのはおすすめの選択肢

SIerで働いて消耗いる人ならWeb系の企業に転職してみるのがおすすめです。Web系なら私服勤務可だったり、働き方が自由な会社も多く、独立もしやすいので、幸福度の高い働き方がしやすいと思います。

私自身も一度は教員を目指したものの、現在はWeb業界で働いています。なので、特にやりたいことがないけどもうSIerで働くのが嫌だという人は、Web業界で働きたいと「転職エージェント」に相談するのがおすすめです。

 

派遣でゆるく働きながら副業をするのもおすすめ

正社員で働くのはもうちょっとしんどいなと思う人は、派遣でゆるく働きながら色んな副業を初めて見るというのもおすすめです。私も派遣で働きつつ副業を始めて、数年後にはそれが本業の収入をも超えて独立出来るまでになりました。

いまはクラウドソーシングを使えば、在宅でも色んな仕事を受注出来ますし、副業の選択肢も様々です。

将来独立したい!フリーランスになりたい!もう会社で働くのに疲れたという人は「派遣会社」に登録してゆるく働きながら事業を作っていくのもおすすめです。

 

精神的に疲れてるなら実家に引きこもるのもあり

「もう生きるのに疲れた」「何もしたくない」という状態になっているのであれば、まず休むのもありだと思います。

会社を辞めたら失業保険も貰えますし、実家に引き込も流のもありだと思いますし、何とかなります。そこでしばらく休んで気力が回復してから、転職を考えたり、副業を始めてみたりすればいいと思います。

▼管理人おすすめ派遣会社はこちら

 

システムエンジニア(se)を辞めるのは逃げではないのかで悩んだ


SIerをやめたいと思っていた当時「辛いけど自分だけじゃなくて周りも同じ」「これは逃げなんじゃないか」と悩みましたが、いまとなってはなんて無駄なことを悩んでいたんだろうと思う。同じことをしても感じ方は人それぞれだし、自分がこの仕事を生涯続けるのは違うと思ったら、そこで転職するのは逃げではない。

同じことをしていても感じ方や人生観は異なる

同じ仕事をしていても感じるストレスは人それぞれですし、自分がどうありたいかの人生観もそれぞれです。周りから何と言われようと、あなたが辛いと感じたらそれは辛いですし、他人と比べてどうこう言うものでもありません。

自分なりにやれることはやって、それでもどうにも仕事を楽しめない、どうにも目標を見出せないのであれば、それはもうどうしようもないですし、辞めたいと思うことに後ろめたさを感じる必要はありません。

 

取りあえず3年続けても何も変わらなかった

巷ではよく取りあえず3年なんて言われますが、私は3年続けたところで何も変わりませんでしたし、正直もっと早く辞めれば良かったなと思っています。

「最低限の根性はある」と言うことの証明にはなったかもしれませんが、無理を続けたことで精神的に疲れてしまい体調も崩してしまいましたし、この期間もっと他のことにエネルギーを使っていた方が良かったといまになって思います。

「取りあえず3年」と言うのはいま思えばただの思考停止ですし、こんな無責任な言葉に縛られる必要はないと思います。少しでも今の会社や人生に違和感を感じているなら早めに行動するべきです。

 

甘えではないと確信して辞めた

私は社会人1年目の終わり頃にもう「なんか違うかも」と感じていて、3年目になる頃には会社を辞めたいと強く思っていました。しかし、当時の私は「取りあえず3年」という言葉に縛られえていたので、何とか会社にしがみついていたのですが、3年続けたところで全く視界が変わりませんでした。

そこでようやく「自分が仕事辞めたいと思った気持ちは甘えでもなんでもなく、これが自分の価値観なんだ」と確信し、私は会社を辞めました。

いまとなってはもっと早く辞めれば良かったとは思いますが、当時の自分は会社にしがみつかないと生きていけないような新卒の雑魚だったので仕方なしです。

 

▼管理人おすすめ転職サイトはこちら

 

 

嫌な仕事に耐える努力ではなく、嫌ではない仕事を探す努力をしよう


嫌な仕事を40年も続けるくらいなら個人的には死んだ方がましだと思うし、これからの人生でやりたくない仕事は絶対しない。価値観は人それぞれだけど、嫌な仕事に耐える努力をするくらいなら、好きな仕事を探す努力をした方がいいと思う。

嫌な仕事に耐える続ける人生は辛すぎる

嫌な仕事に週5日、毎日8時間以上も耐え続ける人生なんて辛すぎませんかね。私は耐えられませんでしたし、そもそも耐える必要がないと思いました。

嫌な仕事を嫌々やっているうちはスキルが身につくこともないですし、スキルが身につかないまま年齢だけが増えて市場価値が下がっていきます。転職もしにくくなり、徐々に人生が詰んでいき、会社にしがみつく人生しか無くなります。

最近は終身雇用も終わったと言われえていますし、大企業も続々とリストラをしており、今後も解雇規制が緩和されるのではないかと言われていますし、会社にしがみつけるかどうかも分からない時代です。

同じエンジニアでもWeb系の会社で働いていたり、フリーランスで働いている人は結構生き生きと働いている人も多いですし、SIerで働いて消耗している人は、せめて嫌ではない仕事に転職した方がいいです。

 

嫌な仕事を辞めても人生は詰まない

会社を辞めようとすると「お前逃げ続ける人生になるぞ」と煽ってくる人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。自分に合う働き方を探す努力を辞めなければ、確実に人生は良くなっていきます。

私自身も最初は会社を辞めて、派遣で働きながら教員を目指していました。途中で教員になるのもやっぱり違うなと思いWeb業界に転職しました。

この時点でSIerで働くよりは幸せでしたが、まだ満足できなかったので、そこから副業を始めたりして自分なりに心地の良い働き方を模索して、いまはWeb業界でフリーランスとして働いています。

私自身も紆余曲折ありましたが、現状より一歩でも前に進むためにはどうするべきかを考えて行動を続ければ人生が詰むことは絶対にありません。思考停止で会社に通い、何の勉強や努力もしていない会社員の方がよっぽど人生詰みやすいです。

 

やりたいことがないならせめて嫌ではない仕事を探す努力をしよう

転職したいと思ってるけど「特にやりたいこともない」という人は、せめて嫌ではない仕事を探す努力をしましょう。

最初から好きながある人なんてほとんどいません。好きなことを仕事にしている人のほとんどは、嫌ではないことを続けた結果がたまたま評価されて、いつの間にか好きになっていたということがほとんどです。

嫌いでないことで結果を出せば自ずとそれが好きなことかもしれないと感じる時が来るので、まずは難しく考えず行動してみるのがいいと思います。

 

最後は自分の直感に従ってみる

どうしようか悩んでいる人のほとんどは、もう自分自身の中では答えが出ているはずです。直感ではこのまま続けるのはなんか違うと思っているけど、とは言え環境を変えるのが怖いから悩んでいることにしているんだと思います。

人間は変化を嫌う生き物ですし、変化しない方が楽なので、悩んでいるということ言い訳にして行動することを先延ばししてしまいます。

個人的には直感で「なんか違うかも」「向いていないかも」と思ったら、その気持ちを信じて行動すべきだと思っていますし、これまでそうしてきました。

そして、これからも物事を続けていて「このまま続けるのは違うかも」と思ったらその心の声に正直に行動していこうと思っています。

▼管理人おすすめ派遣会社はこちら

 

転職して後悔したことはない!辞めることから逃げずに勇気を出して行動しよう!

私は新卒で入社して野村総合研究所を辞めてから一度も後悔したことはありません。

なぜなら、決して軽いノリで辞めた訳ではなく、今後自分がどう生きたら幸せだと感じられるかしっかりと考えてから行動したからです。

 

会社を辞めることは「逃げる」ことだと言われがちですが、その会社で働き続けることに違和感を感じているのであれば、逆にそれは辞めることから「逃げる」という選択になっていませんか。

全ては捉え方次第で、会社を辞めることは前に進むために必要な行動でもあります。

私も会社を辞める時は不安でしたが、今の時代は本業はまったり働きながら副業で稼ぐという選択肢もありですし、絶対になんとかなります。

 

会社を辞めることは勇気が必要な行動です。

仕事が楽しいと感じていることが出来ている人は辞める必要はありませんが、仕事が楽しくなくて、目標もなく、ただ毎日をやり過ごしているだけなのであれば辞めることから逃げてはいけません。

 

世の中には仕事が遊びより楽しいと感じている人がたくさんいます。私も昔は、会社に行くのが嫌で嫌で仕方なかったですが、転職して、副業を始めて、独立したいまでは仕事が楽しいです。ゲームをやっているような感覚です。

嫌々働いている人は楽しく働いている人には絶対に勝てませんし、ただ毎日をやり過ごすだけの状況を放置すると、スキルが身につかないまま年齢ばかりが上がって市場価値が下がり、どんどん人生がハードゲームになっていきます。

 

本気で辞めたいと思っているなら一度「転職エージェント」に相談したり、自分の興味のある分野の勉強を始めるなど、少しでも早く、目標を持って働ける仕事を探す努力を始めましょう。

 

IT業界で転職したい人におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング【2019最新】 IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 私自身こ...
【平均年収800万】フリーランスエンジニアになるなら登録すべきおすすめエージェントランキングフリーランスと聞くと「すごい高い能力を持った人しかなれない」と思い込んでいる人が多いですが、いまの時代、フリーランスエンジニアとして働く...
【元派遣SEが解説】IT業界でおすすめのエンジニア派遣会社ランキング【未経験可】 激務に疲れた人やこれからIT業界で働きたい人は派遣で働くのも全然ありだと思う。IT業界なら時給2500円以上の案件もあるし、...

 

IT転職サイトおすすめ

IT転職エージェントおすすめランキング

第1位:マイナビエージェント

種別 正社員(未経験可)
年齢 20代〜40代
地域 全国対応
ポイント IT業界の転職におすすめ!
おすすめ度 (5/5)

公式サイトはこちら

口コミ評判はこちら

IT業界で転職したい人におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング【2019最新】 IT業界で転職したいけど、どこの転職サイトを使うのがいいの?実際に転職したことがある人のおすすめが知りたい! 私自身こ...

 

IT派遣会社おすすめランキング

第1位:パーソルテクノロジースタッフ

種別 派遣(未経験可)
年齢 20代〜40代
地域 関東・関西・名古屋
ポイント 時給2000円以上の案件多!
おすすめ度 (5/5)

公式サイトはこちら

口コミ評判はこちら

【元派遣SEが解説】IT業界でおすすめのエンジニア派遣会社ランキング【未経験可】 激務に疲れた人やこれからIT業界で働きたい人は派遣で働くのも全然ありだと思う。IT業界なら時給2500円以上の案件もあるし、...

 

フリーランスエージェントおすすめ

第1位:レバテックフリーランス

種別 フリーランス(未経験不可)
年齢 20代〜40代
地域 関東・関西・名古屋・福岡
ポイント 稼ぎたい人におすすめ!
おすすめ度 (5/5)

公式サイトはこちら

口コミ評判はこちら

【平均年収800万】フリーランスエンジニアになるなら登録すべきおすすめエージェントランキングフリーランスと聞くと「すごい高い能力を持った人しかなれない」と思い込んでいる人が多いですが、いまの時代、フリーランスエンジニアとして働く...

 

【急募】大手企業のエンジニア募集!

職種 エンジニア職
場所 東京都内
条件 学歴年齢不問
初年度年収 400万円〜600万円
備考 インターネット広告業界大手
おすすめ度 (5/5)

A8.netのエンジニアになる

A8.netの募集要項を見る

 

転職関連書籍おすすめ!

RELATED POST