派遣エンジニア

【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーにおすすめのIT派遣会社ランキング

私はかつて新卒で入社した大企業を3年で辞めて、その後はしばらく派遣エンジニアとして働いていました。

 

「派遣」と聞くとあまりイメージはよくないかもしれませんが、正社員時代に激務続きだったこともあり、もう残業漬けの日々を過ごすことだけは避けたいと思い、ワークライフバランスを重視して「派遣」で働くという選択を取りました。

派遣で働く最大のメリットは「ワークライフバランスの良さ」です。

 

派遣で働く場合は基本的には派遣会社が守ってくれるため、まともな派遣会社に登録していれば、残業まみれになることはありません。派遣なのに送り込まれるだけ送り込まれて守ってもらえないようなブラック派遣会社を使ってしまっている場合は、いますぐ派遣会社を変えるべきです。

この記事を読めばまともな派遣会社が分かります。

 

エンジニアの場合は、都心部なら派遣でも時給2000円程度は貰えますし、20代の場合はボーナスこそありませんが月額ならば正社員よりも多く貰えることも少なくありません。

 

会社にもよるかとは思いますが、エンジニアとして正社員になるとかなり遅い時間まで働かされる場合が多いので、そうなると毎日をやり過ごすのに必死で、スキルを磨いたり、副業をする余裕なんてなくなります。

いまの時代は必ずしも正社員で働くことが正しい訳でもなく、派遣で働きながらスキルを蓄えて独立したり、副業で自分の収入源を作るという方法もあります。

 

「派遣」で働くことが悪いのではなく、将来に対して何の目標を持たずに働くのが良くないのです。本質を見誤ってはいけません。

そこさえしっかりしておけば、派遣で働くというのは非常に合理的な選択です。決して恥ずかしいことではありません。

 

管理人おすすめ!エンジニア派遣会社5選

第1位:リクルートITスタッフィング

おすすめ度:5.0
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 北海道・東北

 

派遣エンジニアとして働くならまず登録しておきたいのが人材派遣大手リクルートが運営する「リクルートITスタッフィング」です。

人材派遣最大手ということで、リクルートITスタッフィングが保有する案件の数は圧倒的です。担当者の対応もかなりマニュアル化されて教育されているからか、素晴らしい対応です。

 

私はあまりガツガツ来られるのは苦手なのですが、そういったこともしっかりと考慮してくれているのか、押し引きが非常に上手な印象を受けました。

情報が欲しい時にはグッと情報を渡してくれますし、こちらが悩んでいる時は無理に提案をすることなくじっくりと待ってくれる印象が強かったので、知人にもまずはここに登録しておくといいよ!とおすすめしています。

 icon-arrow-circle-right おすすめポイント

  • ITエンジニア専門の派遣のため案件数豊富
  • 安心のリクルートブランド
  • 全国各地に対応
  • コンサルタントの対応も非常に良い

 icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちら
icon-arrow-circle-right 口コミ・評判はこちら

 

第2位:パーソルテクノロジースタッフ

おすすめ度:4.5
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 その他

 

先程紹介したリクルートITスタッフィングと並んで、圧倒的な保有案件数が魅力的なのが「パーソルテクノロジースタッフ」です。会社名を聞き慣れていない方が多いかとは思いますが、こちらは「旧インテリジェンス」と「テンプスタッフ」が合併して作られた会社です。

この2つは業界最大手ということで保有している案件の数が圧倒的なので、ITエンジニア・プログラマーの派遣ならリクルートITスタッフィングパーソルテクノロジースタッフの2つに登録しておけば間違いはないでしょう。

 

実際にエージェントの対応もとても良く、希望の条件に合わない会社を無理に勧めて来るようなことはなく、しっかりとこちらの希望を丁寧に聞いてもらえてたので、安心して求人を探すことが出来ました。こちらも本当におすすめできる派遣会社です。

 icon-arrow-circle-right おすすめポイント

  • ITエンジニア専門の派遣のため案件数豊富
  • インテリジェンスとテンプスタッフが合併して出来た大手
  • 関東、関西、東海地区に対応
  • コンサルタントの対応も非常に良い

 icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちら
icon-arrow-circle-right 口コミ・評判はこちら

 

第3位:リツアンSTC

おすすめ度:4.0
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 その他

 

高単価の派遣エンジニアを目指すならリツアンSTCがおすすめです!

リツアンSTCの強みは徹底したコスト削減と低マージン率による業界トップクラスの給与水準です。派遣社員の平均年収がなんと585万円。4年目以降の平均年収は702万円にもなります。

 

保有案件の数では大手のリクルートITスタッフィングパーソルテクノロジースタッフには劣るのと、完全未経験もOKという案件は少ない印象を受けますが、逆に実務経験があるエンジニアには凄くおすすめです!

リツアンSTCでは、LINEで簡単に給与の査定が出来るシステムが最近導入されたので、まずは以下のボタンからエントリーしてみて、給与査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。

 icon-arrow-circle-right おすすめポイント

  • エンジニア派遣の中で最も給料が良い
  • エンジニアに給料を還元するために様々な取り組みをしている
  • 関東、東海地区に対応
  • 派遣でも正社員として働ける

 icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちら
icon-arrow-circle-right 口コミ評判はこちら

 

第4位:テクノウェイブ

おすすめ度:3.5
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 その他

 

テクノウェイブもIT系に強い人材派遣会社です。このトップページのデザインがからも他の会社とは違うんだなというのが感じられますね。このデザインにどこかピン!と感じた方はテクノウェイブを選んでみてもいいかもしれません。

案件数では大手のリクルートITスタッフィングパーソルテクノロジースタッフには劣りますが、テクノウェイブにしかない案件なんかもありますので、ちょっと気になるなと思った方は、上記と合わせて登録して、広く情報収拾するに越したことはありません。

 

 icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちら
 icon-arrow-circle-right 詳細はこちら

 

第5位:マイナビスタッフ

おすすめ度:3.5
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 九州

 

マイナビスタッフ」は、あの大手マイナビが運営する派遣サービスです。コンサルタントの対応は非常に良いのですが、マイナビスタッフは総合型サイトのため、どちらかと言えば事務職などの案件が多く、エンジニア向けの案件は上位のサイトと比較するとやや少ない印象ですね。

個人的には「リクルートITスタッフィングパーソルテクノロジースタッフ」に登録しておけば十分かなと思いますが、より手広く情報収取したい方は上記の企業と合わせて登録しておいて、損はありません。

 

 icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちら
 icon-arrow-circle-right 詳細はこちら

 

 

派遣エンジニア(SE)として働くメリット

①未経験でも就業可能

派遣のメリットはまず未経験で就業可能な点です。

これまで営業や経理など全然違う仕事をしてきて、エンジニアとしての経験がない人がいきなり正社員として働くことは難しいのでまずは派遣エンジニアとして働くことをおすすめします。

 

最近は、プログラミングスクールも充実してきているので、お金と時間に余裕があるならばじっくりとスクールに通って勉強するのもありだと思います。関東在住なら、個人的には「WebCampPro」がおすすめですね。

 

就職保証付きのプログラミングスクールはほとんどが関東限定のため、「地方で就職したい!」という方や「3ヶ月も受講してる時間はない!」という方はすぐに派遣会社に登録した方がいいですね。

 

②残業が少なくワークライフバランスが良い

派遣エンジニアとして働く2つ目のメリットは、冒頭でも述べた通り「ワークライフバランスの良さ」です。

大企業で正社員は安定していて一種の勝ち組のようなイメージがある人もいるかもしれませんが、決して仕事が楽だということはありませんし、ワークライフバランスがしっかりしているなんてことはありません。

私は大企業に居ましたが死ぬほど辛かったですし、どこか死ぬほど残業するのなんて当たり前という雰囲気がありました。

 

会社にもよるとは思いますが、私の友人のほとんどは大企業に就職しましたが、他の会社の友人たちも遅くまで残業しているようで、何だかんだで3割近くは会社が嫌になって辞めています。

正社員と比べると、派遣社員は責任の重さが全然違うため、組織にコミットする必要もなく、残業漬けになることもないし、ストレスなく働くことが出来ます。

 

確かに「派遣になると将来が不安」というのはあるかと思います。

派遣エンジニアからのキャリアプランとして最もおすすめなのは、フリーランスエンジニアになるという方法です。いまの時代は、この働き方が本当に最強だと思います。

 

まず、フリーランスになるというと多くの人はイメージが沸かないと思いますが、いまは「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」のようなフリーランスエージェントが仕事を取ってきてくれて紹介してくれます。

エンジニアはこれらの案件の中から、希望する案件を選んで仕事をすることが出来るので仕事がなくなることはないと言っても過言ではありません。

しかも、フリーランスエンジニアの平均年収は800万円程です。

 

合わせて副業でお金を稼げるようになれば、時間や場所に縛られない働き方ができるようになり、実際にパソコン1つで海外を旅しながら仕事をするというワークスタイルも可能になります。

 

まだあまりイメージが沸かないかもしれませんが、副業で1円でも稼げるようになると一気に視野が変わります。派遣エンジニアとして働くようになったら、まずは1円稼ぐことを目標に副業を始めてみて下さい。

このように派遣になってからでも目指せるキャリアプランはあります。

 

いまが辛いならまずは派遣エンジニアとして働いて、フリーランスを目指してみて、それでもどうしても上手く行かなかったら再度正社員として就職してもいいじゃないですか。

いつまでも会社にしがみついていては辛いばかりです。いまの働き方に未来が見えないようなら一歩踏み出してみましょう。

 

 icon-arrow-circle-right 【関連記事】未来の見えない社畜SEに知って欲しいフリーランスという働き方

あわせて読みたい
システムエンジニア(SE)は独立すべき!エンジニアが知るべきフリーランスのメリット・デメリットこんばんは、フリーランスエンジニアの青山です。 私は大学卒業後に某大手SIerで勤務してたのですが、大企業で給料が良くてもあまりの...

 

③時給が高い

派遣エンジニアとして働く3つめのメリットは、時給が高いことです。

派遣社員はボーナスがない分、月あたりに貰える金額で言ったら正社員よりも貰えることが多いです。30代以降は正社員のボーナスが伸びて来るので年収に差が出てしまいますが、20代なら収入はそこまで変わりません。

それなのに正社員とは「責任の重さ」が全然違うので、20代の内は派遣社員は得だなという感覚はありますね。

 

派遣エンジニアとして働く場合、未経験でも時給1500円くらいは貰えますし、経験があれば2000円以上の求人もあります。

最近は派遣でも高単価で働ける会社もあるので、それなりに実務経験があるエンジニアの方は、低マージンで単価の高いエンジニア派遣会社に登録してみるのもいいかもしれません。

 

私が登録した際は最大で月収38万円を提示されましたし、派遣でこんなに貰えるんだと驚きました。

実際に、転職エージェントに登録してみたことで、社会人経験が3年もあれば派遣でも年収600万円程度なら目指せることが分かりました。

 

 

④身につけたいスキルを選択出来る

派遣エンジニアで働く4つめのメリットは、自分の身につけたいスキルを求人を見て選択出来るという点です。

正社員として入社する場合は、基本的にどこの部署に配属になるか分かりませんし、その部署の中でどのチームに入って、どんな業務をするかは全く自分で選ぶことは出来ません。

私が新卒で入社した頃、担当になったシステムは非常にレガシーなシステムで言語もCOBOLを使っており新しい技術に触れている感覚はなかったんですよね。

 

ずっとその会社でエンジニアを続けていくという覚悟があるのならそれでもいいかもしれませんが、私はそれはどうしても嫌でした。あのまま会社員をしてたらどんどん自分の選択肢が狭まっていたなというのはいまでも感じます。

 

 

派遣エンジニア(SE)として働くデメリット

続いて、派遣エンジニアとして働くメリットは分かったけど、もちろんデメリットもあるよねという方のために、私が思うデメリットを解説します。

 

①雇用が不安定(派遣切り)

派遣が悪く言われる一番の原因は「派遣切り」だと思います。

つまりは雇用の不安定さな訳ですが、これに関しては正社員だから安心という訳でもありません。正社員だったとしても会社の営業不振でリストラされることだってありますし、会社は潰れなかったとしても「過剰なストレスによってあなた自身が潰れる」可能性が十分にあります。

現に、私は大企業で潰れて退職していますから。

 

なので結局のところ社会的な安定を得るためには、大企業の正社員にしても、派遣社員にしても、”会社を辞めた時に生きていくための力”を身につけておくしかないのです。

派遣社員だからと言って過剰に不安になる必要はありません。むしろ正社員だからと言って呑気にあぐらをかいている人ほど、もっと不安を抱えるべきです。いつ潰れて働けなくなるか分からないぞと。

 

雇用が不安定であることを自覚して、しっかりとスキルを身につけることを意識すれば、必ず需要のあるエンジニアになることが出来ます。

いまは派遣からフリーランスエンジニアになるという働き方がかなり注目を集めて人気となっていますし、最終的にはそこを目指すのがベストかなと思います。

 

派遣だから不安定という言葉に惑わされず、正社員だから大丈夫と安心している人こそやばいぞと逆に危機感を煽ってやりましょう。

 

②年収が伸びない

派遣のデメリットの2つめは年収が伸びない点です。

正社員は30代に入ると役職が付いて給料やボーナス等が増えていきますが、派遣社員は給料があまり伸びません。なので派遣社員の年収問題を解決しないことには、不安はなくなりません。

 

とは言うもののエンジニア自体が他の職種よりは圧倒的に給料がいいので、派遣エンジニアとしてでも時給の高い案件を受けられるエンジニアになるというところを目指していけば全然お金には困らないと思います。

そして、最終的にはフリーランスになればかなり年収を上げられます。

 

派遣をしながら副業で稼ぐという選択肢もありますし、いまは本当に選択肢がたくさんあるんですよ。

正社員だって、裏を返せば役職がついて更に責任が重くなり大変になるというデメリットもありますし、どんな選択をしてもリスクはつきまといます。そのリスクをいかに減らせるかを考えて行動していくことが、これからの時代は重要になってくると思います。

 

 

派遣で働くのは決して恥ずかしいことではない!

私も大企業を退職した後は、派遣エンジニアとして働いていましたし、派遣エンジニアとして働くことは決して恥ずかしいことではありません。

特に20代の内は派遣の方が絶対に割がいいと思いますよ。正社員は、将来のために20代はひたすら耐えないと行けませんからね。

 

まずは気になった派遣会社に登録して情報収集するところから始めてみましょう。

登録しないことには何も始まらないので、まずは少しでも行動して求人を紹介してもらったり、自分の市場価値を測ってみることをおすすめします。

 

就職活動の際に、個人的に最も重要だと思うことは「本当に信頼できるコンサルタントを見つけること」だと私は思っています。

これを以外にないがしろにしている人が本当に多いんですよね。

 

もしあなたが家を買う時には、色んな不動産会社を見て回ると思いますし、その中で物件が決まったとしても複数の担当者の中から「この人から買いたい!」という人にお願いして購入に至ると思います。

就職活動の本質も、私はそれと同じだと思います。

 

私も始めて派遣会社を利用した時は「ちょっと担当者が頼りないな」「合わないかもな」と感じたので、別の派遣会社を使った結果、この人にお願いしたいなという担当者を見つけることが出来ました。

 

個人的には「リクルートITスタッフィング」と「パーソルテクノロジースタッフ」はに登録しておけばまず間違いないと思いますが、最終的に担当者が合うと感じるかあ合わないと感じるかはあなた次第です。

最低でもこの2つは登録しておいて、どちらか自分に合うなと思う担当者と一緒に、就職活動を進めることをおすすめします。

 

 

管理人おすすめ1位:リクルートITスタッフィング

20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 北海道・東北

 icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちら

 icon-arrow-circle-right 詳細はこちら

 

 

管理人おすすめ2位:パーソルテクノロジースタッフ

20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 その他

 icon-arrow-circle-right 公式サイトはこちら icon-arrow-circle-right 詳細はこちら

 

 

ちなみにですが、エンジニアとして2.3年以上の実務経験のある方はフリーランスエンジニアになるという選択肢もあります。

いまは「レバテックフリーランス」のようなエージェントがサポートしてくれるのでフリーランスとして働くのも難しくないすんですよね。エンジニアとしての実務経験が3年もあれば、以下のように月60万円程度の案件を受けることが出来ます。

 

フリーランスの働き方については以下の記事でより詳しく説明していますので、興味のある方は合わせて読んでみて下さい。

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーが登録すべきおすすめフリーランスエージェント5選! 私は大学卒業後に某大手SIerで勤務してたのですが、大企業で給料が良くてもあまりの激務っぷりにすっかり働くのが嫌になり、派遣SE...

 

プログラミングスクール

【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!

未経験からエンジニアとして就職したい!フリーランスになりたいという人のために、目的別にプログラミングスクール選び方をまとめていますので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

 超まとめ記事を読む

RELATED POST