フリーランス転職

【徹底調査】ギークスジョブの評判は悪い?リアルな口コミ感想だけを調べた結果

フリーランスエンジニアになるには「ギークスジョブ」がおすすめって聞いたけど、本当に良いかどうか評判が気になる!

フリーランス向けのエージェント選びで悩んでいる人向けの記事です。

この記事を書いている私は、新卒で大手SIerに就職したものの、その後2回の転職を経験して現在はフリーランスとして働いています。

 

「フリーランス向けエージェントのおすすめを教えて欲しい」と質問されることが度々あるんですが、基本的には運営体制がしっかりしている大手のエージェントをいくつか登録しておけばOKです。

具体的な名前を出すと「レバテックフリーランスギークスジョブMidworks」辺りは知名度もあって安心して使えるかなと。

 

今となっては取りあえず使ってみればいいじゃんという感じなんですが、私自身も初めて登録する時は少なからず不安もあったので、この記事では利用者のリアルな口コミをまとめてみました。

悩んでいる方は当記事の内容を参考にしてみて下さい。

 

ギークスジョブの特徴をまずは表で確認

おすすめ度:4.8
20代 30代 40代 50代
関東 関西 東海 福岡

多くのエージェントが首都圏のみしか対応していない中「ギークスジョブ」は全国的に広く対応している点がまず大きな強みかなと。

登録しているエンジニアの85%以上が年収700万超、平均年収でも850万とかなり高単価の案件を多く保有しています。

公式サイト含めて「ギークスジョブ」もかなり雰囲気が良いので個人的にはおすすめのフリーラージェントですね。

 公式サイトはこちら
 詳細はこちら

おすすめポイント

  • 業界実績15年、取引企業数3,000社の業界最大規模のエージェント
  • 登録エンジニア数12,000名で、その85%が年収700万円以上
  • 関東だけでなく関西・名古屋・福岡でも案件を多く保有している
  • 首都圏内なら月70万単価の案件がたくさんある
  • 給与支払いが早い(翌月末25日)

公式サイトはこちら

https://geechs-job.com/

 


 

ギークスジョブの良かった点(良い口コミ)

年収が大きく上がって衝撃だった

派遣時代とそんな変わらない仕事の密度と責任、時間の拘束って感じなのですが、フリーランスになって給料が大きく上がって衝撃でした。まぁこの先も仕事を確保するために責任感を持ってしっかり働かないといけないんですけどね。

ギークスジョブ」に登録しているエンジニアは82%以上が年収700万円以上で、平均年収で800〜850万円程だそうです。

正社員としての保証はなくなりますが、それを差し置いても十分すぎるくらいの報酬が貰えますし、本当に最初は衝撃を受けると思います。

 

給料がかなり上がって残業が少なくなった

フリーランスだから1人で常駐するようなイメージを持たれると思いますが、基本的にチームで常駐するような感じだったので、私が前職で働いていた常駐と何ら変わらない感じでした。それなのに給料はかなり上がりましたし、残業も少なくなって本当にプラスなことばかりです。

給料がかなり上がって残業が減ったの声。常駐もチーム単位で動くのでそこまで不安ではなかったとも書かれてますね。

 

目標を持って前向きに過ごせるようになった

最初はハードルが高いのかなと感じるところはありましたが、実際にギークスジョブに登録して参画してみましたが、正社員で常駐するよりも全然緩かったので、心配して損でした。前職はただ毎日を過ごすだけって感じでしたが、ようやく前向きに頑張って働いているって実感が持てています。

ハードルが高いのではないかと心配していたけど、正社員よりも緩かったの声ですね。これはあるあるですね。また、フリーランスになって生き生きと働き出す人も本当に多いので、これにも非常に共感できます。

 

コーディネーターの対応が丁寧で良かった

ギークスジョブのコーディネーターの方の対応が丁寧で良かった。3名の専任担当によるフォロー体制によって、フリーランスとして働きやすい環境を整えてくれます。

ギークスジョブ」のリピート率が90%以上という高い数値を出しているのは、コーディネーターの方々の対応が良いという点もあります。公式サイトを見ても雰囲気の良さは伝わって来るかなと。

 

地方でも案件を紹介してくれるのが良かった

首都圏だけしか対応していないエージェントが多い中で、大阪、名古屋、福岡でも案件を扱っているため地方在住者でもフリーランスエンジニアとして案件を受けることができるのが良かった

ギークスジョブ」は名古屋や福岡でも案件を紹介してくれるのは本当に大きな強みだなと思います。他のエージェントはほとんどが関東圏のみですからね。

 

給料の支払いが早いのが良かった

給与支払いは「月末締め翌月25日払い」で支払いが早いのが良かった。これまでは翌々月末とかが普通だったので。

フリーランスだと給与支払いが遅いのでネックだったりするのですが、「ギークスジョブ」や「レバテックフリーランス」のような大手は支払いも早いです。

他にもフリーランスを支援しているエージェントは色々ありますが、こういった所で「やっぱり大手は違うな」というのが垣間見えます。

 

面談を受けたら独立する決意ができた

将来フリーランスになるためにはどういう経験を積んでおくのがいいのかという事と、本当にフリーとして食べていけるのかという疑問をコンサルタントにぶつけましたが、本当に丁寧に教えてくれました。フリーとはいえ営業さんがサポートしてくれるので大丈夫って事を知って安心しました。

ギークスジョブに登録してエージェントと面談をしたら独立する決意ができました。基本的にチームで常駐するような感じだったので、私が前職で働いていた常駐と何ら変わらない感じでした。それなのに給料はかなり上がりましたし、残業も少なくなって本当にプラスなことばかりです。

色んな意見がありますが、私が一番共感出来るのは「エージェントと面談したら独立する決意ができた」という点ですね。

私も過去には、自分がフリーランスになるということを考えたこともなかったですし、自分がそうなることを全然イメージ出来なかったので得たいの知れない不安のようなものがありましたが、面談を受けるとそれがクリアになります。

なので悩んでる方には、まず面談に行ってみて欲しいなと思います。

 

 

 

ギークスジョブの良くなかった点(悪い口コミ)

悪い評判は特になし

SNS上を見ても「ギークスジョブ」に関する悪い口コミはありませんでしたし、私が利用した時も特に不満はありませんでした。また今後見つけ次第良くない口コミについても追記していきます。

 

 

ギークスジョブに登録する際の注意点(デメリット)

在宅型案件はほとんどない

ここまで「ギークスジョブ」の長所ばかりを説明して来ましたが、もちろん短所もいくつかあります。

まずは、基本的には常駐型の案件がメインなので在宅型の案件はほとんどありません。今後、在宅案件が増えていく可能性はありますが、しばらくは在宅勤務はできないと想定しておいた方が良いです。

しかし、常駐型にも実はたくさんメリットがあるので、特にフリーランスエンジニア初心者の方はまずは常駐型から入ることをおすすめします。

理由を簡単にまとめると以下の通りですね。

  1. 企業のニーズが高いため、在宅よりも案件を獲得しやすい。
  2. 大手企業の案件にも参画しやすい。
  3. 収入が安定しやすい。
  4. 幅広い現場で多様な経験が積める。
  5. モチベーションを維持しやすい。

 

最終的には在宅で働くフリーランスを目指すにいても、いきなりいい案件を取ることが出来ないので、まずは企業の需要も多くて案件の取りやすい常駐型でフリーランスとしての実績を積むのがいいかなと。

未経験で紹介できる案件はない

まあこれは当たり前ですが、未経験からいきなりフリーランスになろうとするのはかなり厳しいですね。

普通にIT企業で3年くらい働いていたらフリーランスとして働けないことはありませんが、完全未経験の方はまずは経験を積んでからですね。

 

 

 

ギークスジョブに登録して求人を見てみた

ギークスジョブ」に限らずですが、基本的にエンジニアがフリーランスになると月収が跳ね上がります。

正社員としての保証はなくなりますが、それを差し置いても十分すぎるくらいの報酬が貰えます。登録しているエンジニアの82%は年収が700万円以上で、平均年収で800〜850万円程だそうです。

月換算するとおよそ67万円。夢がありますね。

「ギークスジョブ」で扱っている案件の一部を紹介しますが、このように月60万円以上の単価の案件がごろごろ転がっています。

 

フリーランスとして始めて仕事を受ける人は、だいたい60万円前後の単価からスタートとなるのが一般的ですね。

 

そこから少し経験を積んでスキルを磨いて行けば、75万円程度の案件を受けられるようになっていきます。

 

月100万円近い単価の案件もごろごろ転がっているので、上級エンジニアを目指してスキルを磨いて行けばこういった案件を受けながらフリーランスとして生活していくことも可能になります。

 

 

 

ギークスジョブの口コミや評判は決して悪くない!

ギークスジョブはおすすめだけど直感を信じて使いたいところを使えばOK

ギークスジョブ」はおすすめですが、個人的に大手のフリーランスエージェントならそこまで求人内容に大差はないと思っていて、結局は担当者次第だったり、企業とのマッチング次第なので、まずはいくつか登録してみればいいと思います。

【フリーランス向けおすすめエージェントまとめ】

 

悩んでいる暇があれば大手3社に登録すればOK

フリーランスとして働くなら複数登録しておいても困ることはないですし、大手3社はいずれ登録することになると思います。なので、悩んでいる暇があったら取りあえず上記で紹介した大手3社に登録すればOK。

 

ネット上の口コミを過信せずに自分で動いて確かめることが重要

ネット上はどんなに良いエージェントだったとしても、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。ネット上の記事はあくまで参考程度に留めて、まずは行動して面談をしてみて、自分自身で判断してどうか決めましょう。

 

 

 

まずは登録だけでもしてみよう!行動しなければ人生は変わらない!

エンジニアとして最低2年以上の実務経験があって、フリーランスエンジニアという働き方に興味がある人は、まずは試しに「ギークスジョブ」に登録してエージェントに話を聞いてみて下さい。

いまは世界的にIT需要が高まっているのに対してエンジニアが不足しているため、フリーランスエンジニアとして働くことは、あなたが思っているより敷居の高いことではありません。

 

個人で仕事を取っている人ならまだしも、エージェントを使っているフリーランスのエンジニアで「ギークスジョブ」に登録していない人はほとんどいないんじゃないかと思うレベルなので、少しでもフリーランスを検討しているなら登録して損はないです。

 

※登録も1分もあれば完了します!

STEP1:公式サイトにアクセス

まずは「ギークスジョブ」の公式サイトにアクセスして、中央の「60秒無料エントリー」を押下します。

 

STEP2:申込み情報を入力

氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号、仕事を探すエリアを入力して確認ボタンを押せば完了です。

 

この記事を読んでいるあなたの周りには独立しているエンジニアは少ないかもしれませんが、実際は思っているよりフリーランスの人は多いです。

そして、フリーランスの人が周りにいる状況が当たり前になると、フリーランスとして働くのはそこまで怖いことではなくなります。

 

いますぐにフリーランスは難しいと言う場合でも、一度面談することで「将来フリーランスになるためには明日からどうすればいいか」というアドバイスが貰えるので、働くモチベーションアップにも繋がるかなと。

行動しなければ人生は変わりません。まずは気になったエージェントをいくつか登録してみましょう。

 

【フリーランス向けおすすめエージェントまとめ】

【注目記事】