エンジニアの転職先

【口コミ評判】レバテックフリーランスなら月収100万も目指せる!管理人が使ってみた感想まとめ

こんばんは、フリーランスの青山です。

私は新卒で大手SIerに就職したものの、激務に消耗して「何故ここまでして働かないといけないのか」と働く意味を見いだせなくなり会社を退職しました。その後は派遣エンジニアとなり最終的にいまフリーランスとして生計を立てています。

 

過去の私もそうだったのですが、フリーランスに関心のある人のほとんどが不安に思うのは、まず第一に「どのように仕事を取ってくれば良いのか」ということだと思います。

これまでは元々面識のある人や会社から仕事を頂くということが一般的だったので、ほとんどの人はそういったコネがないため、仕事の受注方法が分からないがために会社で働き続けるという選択肢を選ばざるを得なかったんですよね。

私もかつてはその一人でした。

 

しかし、現在ではフリーランス案件を紹介してくれるエージェントが次々と誕生しているのでエンジニアは営業することなく、ほぼ派遣と同じようなイメージでフリーランスになることが出来るんですよね。

更にフリーランスになると月収がめちゃくちゃ上がります。よほどホワイト企業に務めてるとかではない、現状に不満のあるエンジニアはすぐにでも辞めてフリーランスになった方がいいです。

 

そんな中でも私が特におすすめしているのはレバテックフリーランス」「ギークスジョブの2つです。

業界では最大手の2つなので情報感度の高いエンジニアの方は名前くらいは聞いたことあるかと思いますが、いま始めて名前を聞いたという方は、この機会に是非覚えて登録してみることをおすすめします。

 

それでは、レバテックフリーランスとはどんなサービスなのか解説していこうと思いますので参考になれば幸いです。

 

レバテックフリーランスはどんなサービス?

レバテックフリーランス」は、IT・Web系の常駐型フリーランスエンジニア専門のエージェントです。フリーランスと企業の間に立って、登録者のスキルやご要望に合わせて案件をご提案し両者のマッチングを支援してくれます。

フリーランスが自ら営業する必要をなくし、交渉や契約業務の負荷を限りなくゼロに近づけてくれるんですよね。独立を考えている人にとってはこれは画期的なサービスだと思います。

だからこそ利用者が急増していて企業として伸びているんですよね。

 

エンジニア・デザイナー側にとっては、単なる転職先の紹介や面接日程の調整だけではなく、キャリアの相談や条件面の交渉を徹底サポートをしてくれるという点において大きなメリットがあります。

また、人気で応募が集中するため一般には公開されない「非公開求人」も提案してもらえるようになります。企業側にとっても、第三者視点での求職者に対する評価を聞けるため「マッチングがうまくいきやすい」「求職者に対してのアプローチが楽になる」などのメリットがあります。

 

レバテックフリーランスに登録するメリット

①高単価案件で月収が上がる

レバテックフリーランス」に限らずですが、基本的にフリーランスになると月収が跳ね上がります。フリーランスエンジニアの平均年収ってどのくらいか知っていますか??

「レバテックフリーランス」を利用しているエンジニアの平均年収は801万円です!平均で800万かなりすごくないですか?フリーランスとなるとボーナスはないので、単純に12で割ると67万円ですね!

 

公式サイトにも、社長は自身がお金に困った経験から”お金に困らない人が増える社会を作りたいと思って始めた会社なので、フリーランスになって年収が増えた!と喜んでもらえるから本当にやりがいがある”と仰っていました。

まさに社長の想いが現れているような数字となっています。

 

会社員の場合は、基本的に年功序列なので、どれだけ価値を生み出そうが若いうちはたいして給料をもらうことが出来ませんが、フリーランスの場合は年功序列なんて一切ないので特に若い人ほど得をします。なので最近は20代でフリーランスになるエンジニアが増えています。

 

正社員としての福利厚生などの保証はなくなりますが、それを差し置いても十分すぎるくらいの報酬が貰えます。

「レバテックフリーランス」で扱っている案件の一部を紹介しますが、このように月60万円以上の単価の案件がごろごろ転がっているんですよね。

 

フリーランスとして始めて仕事を受ける人は、だいたい60万円前後の単価からスタートとなるのが一般的ですね。

 

そこから少し経験を積んでスキルを磨いて行けば、75万円程度の案件を受けられるようになっていきます。

 

月100万円近い単価の案件もごろごろ転がっているので、上級エンジニアを目指してスキルを磨いて行けばこういった案件を受けながらフリーランスとして生活していくことも可能になります。

 

特に大企業に務めている人ほど、会社を辞めて中小企業に転職したらネームバリューも年収が下がるから…という理由で踏み出せないんですよね。

でも年収は下がるどころが全然上げられます。

 

もちろんフリーランスなんで、あなたのスキル次第なのですが、組織の中で理不尽に耐えることで年収を上げるよりも、しっかりと勉強してスキルアップして年収を上がる方が頑張れませんか?

私は後者の方が圧倒的にモチベーション高く頑張れます。

 

 

②自分で営業活動をしなくてもいい

先程も簡単に説明しましたが、「レバテックフリーランス」に登録すれば自ら営業をすることなく、まるで派遣のような感じで、案件を紹介してもらいフリーランスとして働くことが出来ます。

派遣との違いとしては「派遣会社と雇用契約を結ぶか」「働く先の企業と雇用契約を結ぶか」の違いになります。いまは派遣会社の代わりにエージェントが守ってくれますし、特にデメリットもないですね。派遣の上位互換みたいな感じです。

 

また、常駐型フリーランスは1ヶ月ごとなど契約締結時に報酬が定められますが、派遣社員は基本的に時給制となっているところも違いですね。

実際に営業しなくても、サイト上に掲載されている案件を選んでエントリーするだけで簡単にフリーランスとして働くことが出来ます。イメージが沸いて来ましたでしょうか。

 

③仕事が見つからない不安がなくなる

レバテックフリーランスの最大の特徴は、業界最大級の案件を保有している点です。先程も紹介しましたが、関東でフリーランスエンジニアを検討している場合は、まず「レバテックフリーランス」と「ギークスジョブ」とに登録しておけば間違いありません。

圧倒的な実績があり豊富に案件を抱えているため、現在働いている会社との契約が終了する際にも、途切れることなくすぐに次の案件を紹介してくれます。なので仕事がなくなる心配もまずないです。

 

もうここまで来るとフリーランスは不安定というデメリットさえも完全にカバーしてくれています。

実際にアメリカでは人口の約3分の1がフリーランスとして働いているので、日本が遅れているだけなんですよね。こういった会社が増えていくと日本でも今後更にフリーランスとして働く人は増えていくと思います。

 

④案件参画後もフォローしてもらえる

レバテックフリーランス」では、案件参画後も人材担当、企業担当、フォロー担当と複数人体制で、フリーランスとして不安なく働けるよう徹底的に手厚くフォローしてくれます。

最初の内は案件に参画していても、本当にやれるのかどうかめちゃくちゃ不安ですよね。紹介したエンジニアがすぐ辞めてしまっては、エンジニアに取っても紹介先の企業に取っても、レバテックに取っても後味が悪いですししっかりとサポートして貰えます。

複数人でフォローする体制を取ってくれるので、担当者が合わないなんてこともなく安心できるポイントですね。

 

⑤給与の支払いが早い

フリーランスとして働く場合、一般的には給与の支払いが遅いのがネックなんですよね。翌々月末とかが普通です。しかし「レバテックフリーランス」の場合は報酬お支払いまでの期間が業界内でも最速なんですよね。

レバテックでは「月末締め翌月15日払い」の15日サイトの形式を取っています。

 

レバテックが他のフリーランス支援会社よりも支払いが早い理由は、企業から費用を回収してからエンジニアに支払うのではなく、先にエンジニアに支払って後から企業から回収をしているからなんですよね。

体力のある企業だからこそ出来ることだと思います。

他にもフリーランスを支援しているエージェントは色々ありますが、こういった些細な所に「やっぱりレバテックは違うな」という点が垣間見えますね。

 

⑥何より会社の雰囲気が良い

他にもフリーランスを支援するエージェントはたくさんありますが、「レバテックフリーランス」が業界最大手である理由はやはり雰囲気が良くて、対応が丁寧だからだと思います。

公式サイトを見ていても、他のサイトよりもかなり丁寧に作り込まれていますし、顔写真付きでコーディネーターや受講者の声を掲載していたりと、エンジニアのことをしっかり考えてくれてるというのが伝わって来るんですよね。

だから信頼してみようと、一歩踏み出す人が多いのだと思います。

 

企業理念でも「エンジニアやデザイナーにとって無理な参画やマッチングから外れた参画は絶対に提案いたしません」と謳っていますし、私が利用した感覚からしても、エンジニアに取ってメリットのない案件に参画させたりそうになったことはまずないので、そこは安心して下さい。

 

レバテックフリーランスのデメリット

①首都圏しか案件がない

ここまでレバテックフリーランスの長所ばかりを説明して来ましたが、もちろん短所もいくつかあります。

まずは案件が関東圏にしかないということ。

最近では関西圏での求人案件の取り扱いも始めていますが、まだ関東のように案件が豊富ではないですね。なので関東在住者じゃないと登録してもほぼ意味がありません。

逆に言えば関東在住者は本当に運がいいと思います。最終的にフリーランスにならないにしても、関東在住のエンジニアの方は登録しておいて損はないです。いまの仕事が嫌になった時にいつでも仕事を貰えますからね。

 

②在宅型案件はない

レバテックフリーランスの2つめの短所は、在宅型案件がほとんどないことですね。なので「どうしても在宅がいい!」という人は登録しても意味がないですね。

理由としてはセキュリティの問題が多いみたいです。今後、在宅案件が増えていく可能性はありますが、しばらくの間は在宅勤務はできないと想定しておいた方が良いですね。

 

しかし、常駐型にも実はたくさんメリットがあって、特にフリーランスエンジニア初心者の方はまずは常駐型から入ることをおすすめします。理由を簡単にまとめると以下の通りですね。

  1. 企業のニーズが高いため、在宅よりも案件を獲得しやすい。
  2. 大手企業の案件にも参画しやすい。
  3. 収入が安定しやすい。
  4. 幅広い現場で多様な経験が積める。
  5. モチベーションを維持しやすい。

 

最終的には在宅で働くフリーランスを目指すにいても、いきなりいい案件を取ることが出来ないので、まずは企業の需要も多くて案件の取りやすい常駐型でフリーランスとしての実績を積むことをおすすめします。

 

③未経験で紹介できる案件はない

まあこれはデメリットというよりは当たり前ですが、未経験からいきなりフリーランスになろうとするのはかなり厳しいですね。

フリーランスとしては働くには、かなりスペックが高くないと働けないと思うかもしれませんが、普通にIT企業で3年くらい働いていたらまずフリーランスとして働けないことはありません。

3年経たずにフリーランスとして独立する人も珍しくないですね。

 

IT業界でエンジニアをしていたけどRubyはやったことがないというような場合は、他言語での経験や実績、学習意欲があればコーディネーターが案件を紹介してくれることもあります。

しかし、完全未経験の方はまずは未経験のIT転職を支援しているサービスがあるのでそれらを利用して経験を積んでからですね。

 

未経験だけどフリーランスエンジニアという働き方に興味がある人は、以下の「プログラマカレッジ」が超おすすめです!企業との協賛により完全無料で高い品質のプログラミング学習&転職サポートを行ってくれるため、最短でフリーランスエンジニアを目指すことが出来ます!

あわせて読みたい
高卒フリーターからシステムエンジニア(SE)になりたい!未経験で就職・転職するにはどうすればいい?こんばんは、エンジニアの青山です。 最近はよく中卒や高卒、または大学を中退したフリーターの方から「未経験からシステムエンジニア(S...

 

経験を積むなら必ずしも正社員でなくても良いので、派遣からフリーランスエンジニアになる人も多いですね。

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーにおすすめのIT派遣会社ランキング私はかつて新卒で入社した大企業を3年で辞めて、その後はしばらく派遣エンジニアとして働いていました。 「派遣」と聞くとあまり...

 

レバテックフリーランス利用者の声

①塚田勇喜さん(29)

─フリーランスになろうと思った経緯はどのようなものですか?
入社後、最初に入場した現場にフリーランスの方がいて、その方が優秀だったこともあってフリーランスという働き方に興味を持ちました。その後は他の現場でもフリーランスの方に接する機会があって、会社員の自分からするとアウトローに見える部分もありましたね。でも、そこにサバイバル能力のようなものを感じました。守られているものがないんだけど、力強く生きているなって。入社2年目頃にはある種の憧れを抱いていたので、早い段階から次にステップアップするならフリーランスかなという考えはありました。

─実際に行動に移すきっかけは何だったんですか?
最後に関わった仕事が現場と会社の間にギャップのあるもので、正直ストレスフルでした。お客さんによろこんでもらえる仕事がしたいという気持ちから、自分で案件を選べる立場を望むようになって。それが大きなきっかけでしたね。

─レバテックフリーランスを選んだ理由はなんですか?
他のエージェントも調べはしたんですけど、わりと最初からレバテックフリーランスを使おうかなと思っていました。web系がやりたいという気持ちが自分の中にあったので、web系の案件が多かったっていうのと、システムの使いやすさもありましたね。サイトも垢抜けていましたし。

─レバテックフリーランスの良かったところを教えてください。
第一印象はオフィスが綺麗だなと思って。別のエージェントさんを使った知人は登録してからしばらく放置されたっていうのも聞いていたので、そういったことがなかったのも良かったです。スピーディに対応してもらえたのでありがたかったですね。最初に面談で意向を伝えてから3営業日後には商談をセッティングしていただけて、参画が決まった6営業日後には現場に入場できました。現場に入った後も親身に対応していただけたなと思います。

─フリーランスになる前と後の変化を教えてください。
フリーランスになって変わった部分は、休みが取りやすくなったところです。会社員でも有給はあるんですけど、消化しにくい部分もありますし。フリーだと自分の責任の範囲が明確になっているので、やることやってれば休めるって感じですね。
余裕のできた時間は家族とのコミュニケーションに使ったり、あとは絵を描いたり音楽作ったりっていう趣味に充てたり。プライベートを充実させることができています。

ーフリーランスになることを迷っている方に向けての一言お願いします。
実際にフリーランスになってみて思うのは、今はなんでもインターネットで調べることができるので、なること自体は難しくないということ。フリーランスとして自分で仕事を選ぶというのは、プレッシャーでもありますが、同時に大きなアドバンテージであるとも思っています。ワークライフバランスの改善や、仕事の質の向上も自分次第で行えますし。あとは、自分の信念がなにか、そこにフリーランスという形があっているのか、という部分で自分に向き合ってほしいなと思います。

レバテックフリーランス公式サイトより

 

②柏木悦梨子さん(30)

ー転職ではなくフリーランスを選んだのはなぜでしょうか?
ひとつには「そろそろ会社員を卒業してもいいのではないか」と考えたのが理由としてあります。20代は会社員として色々なタイプの人と関わり、様々なプロジェクトに携わる中で、「社会人・会社員としての経験」や「エンジニアとしての知識」を得てきた実感がありました。そうして、もともと興味のあったフリーランスという働き方を調べていくうちに、「フリーランスは今の自分に向いているのではないか」と思うようになったんです。あとは単純に海外旅行が好きなので「まとまった休みが取れること」に憧れたというのもあります(笑)

―フリーランスになる前と後で、変化はありましたか?
フリーランスになって良かったと感じるのは、自分のためだけに仕事をがんばれる点です。会社員のときは、会社のために行動し、それに伴うしがらみがありましたが、フリーランスは縛られるものがないので自由に動けます。苦労したのは、求められるハードルの高さです。フリーランスは技術に対しての知識やスキルがあると思われることも多く、また技術トレンドの移り変わりも速いのでキャッチアップするのが大変ですね。ただ、「わからないことがあっても、調べれば形にすることは難しくない」というのがこれまでの経験上あります。そのため、わからないものをそのままにせずに、必ず調べるようにしています。

―フリーランスに興味がある方に向けてアドバイスをお願いします。
フリーランスは起業したり、イベントで登壇したりといったアグレッシブなイメージを持たれることもありますが、そうではなく、技術に専念したいというエンジニアの方でも大丈夫だと伝えたいですね。また、技術志向性の高いエンジニアにとっては、技術を高める目的で案件を選べるという点もフリーランスのメリットになるのではないでしょうか。私の場合、1社目では将来的なキャリアパスがマネジメント方面に寄っていて、今後も開発をやっていきたいという希望とのジレンマを感じていましたので。

最後になりますが、「フリーランスに興味がある」「フリーランスなるかどうかを迷っている」という方でしたら、一度飛び込んでみてはいかがでしょう。飛び込んでみたら、世界が変わるはずです。何かを作ることが好きな方はフリーランスのエンジニアとして活躍できると思いますよ。

レバテックフリーランス公式サイトより

 

③山本知己さん(40)

ーフリーランスになったのはなぜですか?
年齢と自分の経験を照らし合わせたときに、エンジニアとしての転職は難しいかなと考えたからです。会社を辞めた時点での年齢は37歳。一般的に30代後半のエンジニアは、大規模なプロジェクト経験やマネジメント経験などを求められる傾向があります。対して自分は、エンジニア1名、デザイナー1名、ディレクター兼営業1名で動いていくプロジェクトしか経験がなかったため、転職するには不利だろうなと。それであれば、当時クラウドソーシングが流行り始めたころでしたので、いっそフリーランスでやっていこうと思ったんです。

ーフリーランスになるにあたって不安だったことはありましたか?
一番は人脈がないことですね。ポートフォリオを作成して持ち込みをするのが一般的な営業だと思いますが、自分の場合はどういう成果物を用意して、どう営業活動をしていいかがわからなかったんです。

―クラウドソーシングだけでは難しいと判断された後の行動を教えてください。
色々と案件を紹介するエージェントを見ていき、そのなかで一番合っているかなと感じたレバテックを利用することにしました。登録をした他のサービスもあるのですが、案件内容を見るとゲーム系が多かったりと、ちょっと自分が苦手なジャンルでしたので。また、フリーランスには福利厚生がないので、福利厚生に相当する参画者優待を受けられるのも魅力的でしたね。

―最後にフリーランスを目指す方に向けてアドバイスをお願いいたします。
フリーランスになる、ならないで迷っているのであれば、フリーランスになった方がいいのではないでしょうか。会社員時代と比べ、フリーランスはお金の流れに敏感になりますし、クライアントの利益のこともシビアに考えなければいけない。僕個人の実感としても、そういったシビアさを意識し、自分を追い込むことが成長につながっている感があります。ですので、フリーランスに興味があるのでしたらまず一歩を踏み出すことをオススメします。

レバテックフリーランス公式サイトより

 

レバテックフリーランスを利用して、フリーランスになった方々の声が顔写真付きで掲載されていたので要点をまとめましたが、実際にフリーランスになって満足している人が多いですね。

皆さん口を揃えて言っているのが「興味があるならやってみればいいじゃん」ってことですね。特に若い人はやってみて合わないなと思ったらもう一度会社員に戻るのだってありだと思うんですよね。

会社員が向いてないなって思う人は、絶対挑戦してみるべきです。

 

レバテックフリーランスのネット上の口コミ・評価

●良い口コミ
・単価が高い案件を紹介してくれる
・長期的なキャリアパスについても一緒に考えてくれたのはためになった
・PHPをやりたいと言っても他のエージェントは違う案件を紹介してきたが、レバテックはPHPの案件を揃えてくれた
・企業との間に入るのがレバテック1社のみなので、無駄にマージンを引かれない。他のエージェントだと2〜3社入っているのが普通
レバテックの面談を受けたら会社を辞めて独立する決意ができた

●悪い口コミ
・カウンセリングで色々質問されるのが時間がかかるし面倒くさい
・カウンセラーが、若い人ばかりでちょっと心配
・在宅の案件がなかった
・私が経験が少ないのもあるが、紹介できる案件がないと言われた

 

色んな意見がありますが、私が一番共感出来るのは「レバテックの面談を受けたら会社を辞める決意が出来た」という点ですね。

本当にこれまでは、フリーランスになるということを考えたこともなかったですし、自分がそうなることを全然イメージ出来なかったので得たいの知れない不安のようなものがありました。

しかし、面談を受けてみると、実際にこの先自分がどうなっていくのか、自分でもフリーランスとして働けるのかという点がクリアになり、不安がどんどん解消されていき、やれるかもしれない!という気持ちになります。

なので悩んでる方には、まず面談に行ってみて欲しいなと思います。

 

レバテックフリーランスのSNS上での口コミ・評判

 

実際のSNS上の書き込みを見ても「月収の高さは本当だった」「レバテックフリーランスはいいよ」「俺はレバテックしか使ってないよ」などとても評判は良いので、個人的にも凄くおすすめですね。

主観だけど社内の雰囲気とかもすごく良いんですよね。

 

まずは無料カウンセリングを受けてみよう

この記事を読んで、少しでもいいなと思ったらまずはエージェントに登録して、無料相談を受けてみましょう。

 

レバテックフリーランス」は実績、案件数、単価のどれを取っても申し分なく、専門のコンサルタントによるきめ細かいフォローもあるため、少しでもフリーランスを検討しているなら絶対に登録しておいた方がいいサイトです。

私の知り合いも皆登録していますし、関東でフリーランスエンジニアとして働いている人では、まず登録していない人はいないでしょう。

 

現状の働き方に不満を持っているエンジニアの方には本当におすすめのエージェントです!
まずは無料相談だけでもしてみて下さい!

 

最終的にフリーランスにならないにしても、フリーランスエージェントってどんな感じなんだろう?とか、実際自分はどれくらいの報酬が貰えるんだろう?とか気になりませんか?

フリーランスに少しでも興味があるなら自分の市場価値を知るためにも、そして自分のスキルで通用するかどうかを知るためにも、一度エージェントに相談してみるべきだと思います。

少なくとも上記の疑問が解決され、視野が広がりますよ。

 

登録も1分で完了するのでとても簡単です!

 

STEP1:公式サイトにアクセス

まずは「レバテックフリーランス」の公式サイトにアクセスします。

 

STEP2:申込み情報を入力

電話番号とメールアドレスを入力すると、スキルシートをお持ちの方はアップロードして下さいと表示されますが、ない場合はそのまま「同意して無料登録する」を押せば大丈夫です!

このたった1分であなたの人生が大きく変わるかもしれません!

 

 

フリーランスエージェントに登録する人のほとんどは、興味はあるけどどうしようか悩んでいるという人がほとんどです。その辺りはエージェントの人も分かっているので安心して下さい。

まずは登録して「知り合いにレバテックフリーランスがいいって聞いたので試しに登録してみたんですけど…」くらいのテンションでコンサルタントに相談してみればいいと思います。

 

 

私もかつて登録する時は、少し勇気が入りましたが、いざ登録してみたらなんだこんなもんかという感じでしたし、いまとなっては本当に登録して良かったなと思っています。

ここまで読んでくれたのであれば、あなたも是非一歩踏み出してみて下さい。

 

 icon-arrow-circle-right レバテックフリーランス登録はこちら

 

エンジニア転職まとめ

【完全版】システムエンジニア(SE)の悩みと転職のコツまとめ|楽しくやりがいを持って働くための3ステップ!

システムエンジニア(SE)として働いているけど、つらい…辞めたい…と感じているあなたのために私の体験談から記事をまとめています。転職したいと考えている人は是非参考にしてみて下さい。

 

おすすめ記事はこちら

RELATED POST