転職体験談

【NRI】私が新卒入社して3年間勤務した野村総合研究所を退職した時の話

 

(もう限界だ…)

 

私は新卒で入社した野村総合研究所をわずか3年で退職しました。

 

振り返れば、私が野村総合研究所に入社しようと思ったのは数年前。

私は他にも複数の企業から内定を頂いていましたが、最終的には野村総合研究所の社員の方々の人柄に魅力を感じて、入社を決意しました。

 

 

結果的に退職することにはなりましたが、私は野村総合研究所を選んだことが間違いだったとは思っていません。

他のどの会社に行くよりも、自分が一番誇りを持って働けると思ったし、実際に働いてみても魅力的だなと思う部分もたくさんありました。

 

 

300人近くいた同期は本当に皆いい人達ばかりだったし、上司も尊敬出来る人ばかりで特別悪い環境だった訳でもありません。

しかし、私は「SIer」という業界の仕事に、最後まで楽しさを見出すことが出来ませんでした。

 

 

会社員になって本当に毎日が辛かった

私は就職して最初の研修こそ楽しかったですが、部署に配属されてからは、どこか違和感を感じていました。

 

組織全体が非常にストイックなので、「給料高いんだからしんどいのは当たり前」という空気感で、詰められるのは当たり前でだったし、ほとんどの社員が夜遅くまで残業していました。

ストイックに働き続ける上司を見て、凄いなと思う反面、自分はこうはなれないな…と次第に温度差を感じていました。

 

飲み会の席なんかで「なぜそこまで頑張れるんですか」というような質問をすると、だいたいは「お金のために割り切っている」というような回答が返ってきましたが、私はお金をそこまでモチベーションに出来ませんでした。

やりがいという面でも、SIerの仕事は私に取ってやりがいを感じられた瞬間というのはありませんでした。

 

だんだん気持ちが付いて行かなくなり、いつしか仕事を辛いと感じるようになって、ただ耐えるだけの毎日を過ごすようになっていました。

 

システム開発の仕事をしていると納期に追われて徹夜をすることや、障害対応で深夜の2時〜3時に起こされることもあります。休日だっていつ電話が鳴って呼び出されるかも分かりません。

SIerとして働くならこれぐらい当たり前かもしれませんが、私はこの生活がずっと続くというストレスに耐えられませんでした。

 

同期の中には入社してすぐ数年間中国で開発をさせられてた人もいたが、自分もいつそうなるか分からないという恐怖もありました。私はそれくらい仕方ないと割り切れませんでした。

 

飲み会の場では決まって激務自慢などの話になり、結婚式の前日に障害が発生して朝まで徹夜で障害対応をして、そのまま結婚式に行って奥さんにブチ切れられたというような話も聞いたことがあります。

私はその話を聞いて笑うことはできず、内心では死んでもそうはなりたくないと思っていました。

 

わがままと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、人の価値観はそれぞれですし、私はそこまで組織にコミットしてまで地位やお金が欲しいとは思わなかったし、何よりもっと自由を追い求めたいと思いました。

私がお金よりも地位よりも最も大切にしたいのは「自分の時間」です。

 

大学受験では必死に勉強をしていい大学に入り、就職活動も必死に頑張りやっと掴み取った内定で入った会社なのでそう簡単に辞めたくはありませんでした。

しかし、何度シミュレーションを行っても、このまま働いていて幸せになれる自分を想像出来ませんでした。

 

 

何度も辞めようと思ったけれど、辞めるのは逃げなんじゃないか、辞めたらいつか後悔するんじゃないか、取りあえず3年続けたらまた違う景色が見えて来るんじゃないか…

ここまで追い詰められていても、私は行動出来ないままで居ました。

 

限界は突然やってくる

 

何とか3年は続けようと我慢を続けながら働いていましたが、どんどん体力・気力ともになくなっていき、最終的に私は体調を崩して入院することになりました。

頑張れなくなる時は急に訪れます。

 

それまでは健康体そのものだったのですが、それ以降、常にめまいに悩まされるようになり、頭痛や吐き気がしたり、朝どうしても身体に力が入らずベッドから起きられなくなりました。

何より最後の最後に繋ぎ止めていた心の糸が切れてしまって、しんどいと感じる時に踏ん張れなくなりました。

 

どれだけ辛くても「会社に行かなきゃ」と思っていたのが、「もうどうなってもいいや」「会社行くくらいだったら死のう」と本気で思うようになり、会社を休むことも増えました。

 

 

これ以上はもう無理だと思い退職の意を告げると、

いま辞めるのはもったいないと思うから少し休め。同じ本部の中であれば環境変えることが出来るからそこでもう一度頑張ってみないか

と言われ、しばらく休職しました。

 

 

休職期間を経てリハビリのような形で復職したが、どうしても仕事を楽しいと感じたり、やりがいを感じたりすることが出来ないことに悩みながら過ごす内に、いつの間にか3年が経っていました。

 

巷では「取りあえず3年」なんて言葉をよく耳にしますが、私はその言葉を信じて3年間働きましたが、結局何も変わりませんでした。いまとなればもっと早く辞めて次の道に進むべきだったなと思います。

 

 

「やっぱりこの働き方を続けるのは無理だな…」

3年という期間を経て、ついに自分の気持ちが逃げではなかったということを受け入れて、私は退職することを決意しました。

 

 

一度潰れるとそう簡単には復帰出来ない

 

これらの経験を通じて、私が一番感じているのは「あそこまで無理をしなければ良かった」ということです。だからこれを読んでくれている方には、本当に無理をしないで欲しいです。

一度潰れてしまうとそう簡単には復帰出来ません。

 

私は休職して復職してからも、しばらくは自分が元気だなと感じることはなく、無気力のまま毎日を過ごしていました。

昔の自分はどちらかと言うと「もっと頑張ろうよ!」「なんでそうなの!」とどちらかというと意識が高いようだったように思います。しかし、これ以降一気に性格が変わりました。

 

実家に戻って、派遣で無理なく働きながら過ごし、本当に元気になってきたなと感じたのは体調を崩してから2年後でした。

 

この経験があったからこそ人の痛みには敏感に感じられますし、以前より人に優しく接することが出来るようになったような気がします。

学んだこともたくさんあるが、それ以上にやはり失った時間は大きいです。

 

だからもう一度言うが、これを読んでくれているあなたにはどうか無理をしないで欲しいです。

 

会社を辞めたいあなたに伝えたいこと

 

私はこうして就職活動で第一志望だった野村総合研究所を退職して、もう5年以上が経つが、辞めて後悔したことは一度もありません。

そして入社したことを後悔もしていません。

 

私の友人で他の大手SIerに就職した友人達と会って話をしていた時、友人達も皆同じような悩みを抱えていました。それを聞いて、きっと私は他の会社に就職しても同じ悩みを抱えて最終的に辞めていたと思います。

どうせSIerで働くなら最もレベルの高い環境で働けたことを誇りに思います。

 

私は会社を辞めた後どうしたらいいか分からずに、しばらくは派遣で働いたり、社内SEとして働いたりしながら副業を始めたりして、最終的にいまはフリーランスになって働いています。

 

私は会社を辞めようかどうか悩んでいた時に、フリーランスになるという選択肢は頭の中にありませんでした。なぜなら、当時はどうやって仕事を取って来ればいいか、働き方が全くイメージ出来なかったからです。

その選択肢を知らなかったがために最終的にフリーランスになるまでに結構遠回りをしてしまいました。

 

 

私が会社を辞めた5年前と違い、現在は「フリーランスで働く」ことが一般的になりつつあります。

ここ数年でフリーランスを支援する会社も増えたことにより、エージェントが仕事を取って来て、私達のようなエンジニアは自分で営業しなくても、仕事を受けることが出来ます。

なので仕事がないと悩むこともありません。

 

フリーランスになると、働きたいと思った時は思い切り働いて、少し疲れたなと思ったら休むことが出来ます。

何よりも自由な時間を大事にしたい人にはおすすめの働き方です。

 

 

フリーランスのエンジニアとして働く方法やメリットについては、以下の記事でより詳しく紹介しているので、この記事に共感した人は合わせて読んで見て下さい。

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーが登録すべきおすすめフリーランスエージェント5選! 私は大学卒業後に某大手SIerで勤務してたのですが、大企業で給料が良くてもあまりの激務っぷりにすっかり働くのが嫌になり、派遣SE...

 

 

私のように疲れ果ててしまった人は、一旦リセットして派遣から少しずつリハビリしてもいいかもしれません。

参考までに私が利用した派遣エージェントをまとめています。

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーにおすすめのIT派遣会社ランキング私はかつて新卒で入社した大企業を3年で辞めて、その後はしばらく派遣エンジニアとして働いていました。 「派遣」と聞くとあまり...

 

 

また、正社員として働きたい場合は、Web系のエンジニアだったり、社内SEとして働く方法もあります。

あわせて読みたい
【完全版】システムエンジニア(SE)・プログラマーにおすすめの転職サイト|転職エージェント比較ランキング転職活動をする際はどのエージェントを選ぶかが非常に重要です。 どの転職サイトを選ぶかによって出会える企業も変わりますし、担当のコン...

 

 

いきなりフリーランスになるのが不安という方は、比較的ワークライフバランスの取れる働き方を選択肢して、副業を始めながら、独立の準備をするという方法もあります。

 

 

もし、あなたが過去の私と同じような状況なら、壊れてしまう前に、勇気を出して一歩踏み出してみて下さい。

この記事があなたの背中を押すきっかけになれば幸いです。

 

プログラミングスクール

【完全版】プログラミングスクールおすすめ22選を徹底比較!選び方と料金・口コミ評判超まとめ!

未経験からエンジニアとして就職したい!フリーランスになりたいという人のために、目的別にプログラミングスクール選び方をまとめていますので、スクール選びで悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

 超まとめ記事を読む