フリーランス

【レビュー】DYMテックを現役フリーランスが解説!口コミ評判やメリット・デメリットまとめ!


DYMテック」について現役フリーランスが解説します!

新卒または第二新卒の就職で実績のある株式会社DYMが、少し前からフリーランス向けの案件紹介サービスである「DYMテック」を開始しました。

最近は会社に属さずにフリーランスとして働く人も増えており、実際にこの記事を書いている私自身も元々は大企業でエンジニアとして働いていましたが、数年前からフリーランスとして生計を立てています。

 

私も最初はフリーランスとして働くことには不安もありましたが、いまとなっては独立して良かったと思っていますし、収入を上げたいのであればフリーランスになった方が稼げるようになります。

最近は「DYMテック」のようなフリーランス向けのエージェントサービスを利用すれば、自分で仕事を探さなくても案件に参画できるので、ある程度のスキルがある人であればフリーランスとして働くということはそこまで難しくはありません。

 

そこで、今回はそんなフリーランスエージェントの中でも勢いのある「DYMテック」を使うメリット・デメリットや、他のフリーランスエージェントと比べてどうなのかについて解説していきたいと思います。

管理人
管理人
DYMテック」は稼げる求人から週3勤務のような自由な働き方ができる求人まで幅広い案件があります!

▼DYMテック公式


DYMテック利用者の特徴を簡単に解説!

対象職種エンジニア、デザイナー、マーケター、ディレクター
対象年齢20代〜40代
対象地域一都三県(東京・埼玉・千葉・神奈川)
備考未経験不可
おすすめ度

DYMテック」は若者向けの転職支援で実績のあるDYMが運営する、エンジニア、デザイナー、マーケター、ディレクター向けのマッチングサービスです。

基本的には専門的なスキルを持った方向けのサービスとなっているため、IT業界未経験の方は不可で、現状対象地域は一都三県のみとなっています。

 

登録している人達の職種

DYMテック」に登録している人の職種はこんな感じで、エンジニアだけではなくデザイナーやマーケターの需要もかなりあるのが分かります。

 

登録している人達の年齢層

年齢層に関しては20台後半から30台後半くらいまでがマス層となっているようですが、50歳以上の方も15%程いるとのこと。

管理人
管理人
最近は20代でもフリーランスとして活躍している人がかなり増えています!

▼DYMテック公式

 

DYMテックの強み(メリット)を解説!

職種の選択肢が多い

DYMテック」の特徴としては、まずエンジニア以外の求人も多く保有していて職種の選択肢が多いという点は強みだと思います。

他にもフリーランスを支援するエージェントは色々とありますが、ほとんどはエンジニア向けの求人ばかりで、デザイナーやマーケター、ディレクター向けの求人を扱っているところは少ないのでここは一つ強みと言えます。

管理人
管理人
DYMはWEBに強いイメージがあるので、マーケターやディレクターの案件も多く保有できているのだと思います!

 

週3勤務など稼働日数で案件を探せる

DYMテック」は週1〜週5日まで希望の日数で案件を検索できるという点も、他者のエージェントサービスより使いやすいと思いました。

他のフリーランスエージェントでは、週5日のフル常駐型の案件ばかりのところも多い中で、週3などの案件も多く抱えているのは嬉しいポイントです。

最近は稼ぎよりも自由な働き方を重視したいと考えている人が多いですし、実際に私自身もそう思ってフリーランスになったので、週3くらいで比較的自由度の働き方がしたいという人には向いていると思います。

管理人
管理人
週3勤務可能な案件を多く抱えているのは他には「midworks」くらいかなと思うので合わせて登録しておくのがおすすめ!

 

高単価案件(月70万円〜120万円)が多い

DYMテック」は週3勤務など自由な働き方ができる案件だけではなく、月70万円〜120万円程を稼げる高単価案件も多く抱えています。

ただ、これに関しては他の大手フリーランスエージェントも同じような高単価案件を抱えていたりもするのでそこまで優位性ではないかなとは思いますが、他のエージェントと比較しても単価面で劣るということはないです。

管理人
管理人
高単価案件も多いですが、他のエージェントも同様なのでここはそこまで優位性ではないかなと思います!

 

転職支援の実績が豊富な大手ので安心

DYMテック」自体は比較的新しいサービスですが、運営元のDYMは新卒向けの転職支援で実績のある会社なので、知名度的にも安心感があるという点も大きな強みだと思います。

よく名前も聞いたことない会社の場合は色々と不安もありますが、DYMの場合はこれまで転職支援の実績が豊富なので、もちろん担当者によって多少の差はあると思いますが、最低限の品質は保たれているという点でも安心です。

管理人
管理人
これまで実績が豊富なので安心感はあります!

▼DYMテック公式

 

DYMテックの弱み(デメリット)を解説!

基本的に案件は首都圏のみ(※2020年5月現在)

DYMテック」と他者を比較して感じる弱みとしては、まず案件が基本的に首都圏のみであるということです。

他の大手フリーランスエージェントだと、東京以外にも、大阪、名古屋、福岡などの大都市で案件を保有していたりしますが「DYMテック」はまだまだ新しいサービスなので現時点では地方都市までは網羅していないようです。

当然ながら今後事業が軌道に乗れば地方にも展開していくと思いますので、あくまで現時点で他者と比較した弱みということになります。

管理人
管理人
首都圏以外に在住している人はレバテックフリーランスギークスジョブがおすすめですね!

 

運営歴が短いので口コミが少ない

DYMはこれはで新卒または第二新卒向けの転職支援をメインで行っていたため、フリーランスの支援である「DYMテック」は同業他者と比べると後発での参入となるため、まだまだ口コミが少ないのが現状です。

私自身もSNSなどでかなり口コミや評判を調べてみましたが、運営開始して間もないということもあり、現時点ではSNS上などでのリアルな声というのはほとんど見つけることが出来ませんでした。

管理人
管理人
これから増えていくでしょうが、口コミが少ないという点は弱みだと言えます!

▼DYMテック公式

 

DYMテックのリアルな口コミ評判を調べた感想

まだまだ新しいサービスなので口コミはほとんどない

DYMテック」のリアルな口コミ評判を調べてみましたが、まだ開始してからあまり時間が経っていないサービスなのでほとんど口コミは見つけられませんでした。

転職系のエージェントは結局担当者次第なところもあるので、そこまで気にする必要はないと思いますが、口コミが少ないと不安という人は他の大手エージェントを利用した方がいいかなと思います。

管理人
管理人
これから増えていくとは思いますが、現時点では口コミが少ないというのはネックかなと思います。

▼DYMテック公式

 

DYMテックが気になっている人に伝えたいこと

ぶっちゃけどこを選んでも結局は担当者次第

DYMテック」に限らず、転職エージェントやフリーランスエージェントは求人の質自体は多少の差はあれど、そこまで大差はないと思っているので結局は担当者次第かなと個人的には思います。

少しでも気になっているのであれば、まずは一度登録をしてみてエージェントと面談をしてみることをおすすめします。

管理人
管理人
口コミ評判が良くても担当者が合わないこともありますし、個人的には担当者との相性が最も重要だと思います!

 

面談して合わないと思ったら乗り換えれば良い

これも「DYMテック」に限らずですが、エージェントと面談をしてみて担当者が合わないなとか、頼りにならなくて不安だ…など少しでも違和感を感じたら、他のエージェントに乗り換えるだけです。

上記でも言いましたが、結局は担当者次第かなと思いますし、合わない場合でも「担当を変えてくれ」とは言いにくいので、その場合は他を使えばいいと思います。

私もこれまで色々な転職エージェントを使ってきましたが、最終的には「この人にサポートしてもらいたい!」と思ったところで転職をしたので、この人なら信頼できそうという人をいかに見つけられるかというのが大事だと思います。

管理人
管理人
信頼できる担当者が見つかるまでは色々使ってみるべき!

 

まずはいくつか登録してみるべき

上記で解説した通り、個人的にはどのエージェントを使っても結局は担当者次第だと思っていますが、週3勤務など自由度の高い働き方をしたいという人に取っては「DYMテック」は他者よりも優位かなと思います。

他に週3勤務など自由度の高い働き方を推奨しているフリーランスエージェントは「midworks」くらいなので、合わせて登録するのがおすすめです。

逆に週5勤務で常駐型の働き方でも問題ないという人は「レバテックフリーランス」や「ギークスジョブ」の方が合っていると思います。

管理人
管理人
自分の理想とする働き方に合わせて選んでみてください!

▼DYMテック公式

 

DYMテックはフリーランスになりたい人は登録してみる価値はあり!

今回はDYMテック」について解説してきましたが、これからフリーランスとして働きたいという人であれば登録する価値はあると思います。

まだまだ新しいサービスなので、リアルな口コミは少ないというデメリットはありますが、フリーランスエージェントの良し悪しのほとんどは担当者で決まると思うので、どこを選んでも絶対に安心なんてことはありません。

 

結局は色々なエージェントを使ってみて「ここが自分に合っている」「この人に案件探しを手伝って欲しい」と思えるかどうかが重要だと思うので、まずは色々なエージェントを使ってみることをおすすめします。

どこのエージェントがいいのか正解を探すのではなく、自分と相性の良いエージェントを探すという視点を忘れないようにして利用してみてください。

※記事内で紹介したフリーランスエージェントまとめ

管理人
管理人
どこを選べば正解とかはないので、自分と相性の良いエージェントを見つけて最高のフリーランスライフを送りましょう!

▼DYMテック公式

 

転職エージェントおすすめ

管理人おすすめのフリーランスエージェント!

Midworks(ミッドワークス)

種別フリーランス
年齢20代〜30代
地域東京のみ
ポイント週3勤務案件あり!
おすすめ度(5/5)

公式サイトはこちら

口コミ評判はこちら

管理人
管理人
フリーランスになるなら正社員同等の保証があって、週3勤務やリモートワーク可能な案件も豊富なmidworksがおすすめです!

 

管理人おすすめプログラミングスクール!

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

受講区分通学制
場所東京・大阪・名古屋・福岡
価格598,000円
期間10週間
備考まこなり社長の影響で超人気!
おすすめ度(5/5)

公式サイトはこちら
 口コミ評判はこちら

管理人
管理人
フリーランスになるためのスキルを身につけるなら、まこなり社長が運営している「TECH::EXPERT」がおすすめです!

 

管理人おすすめの転職エージェント!

マイナビエージェントIT

種別正社員(未経験可)
年齢20代〜40代
地域全国対応
ポイントIT業界の転職におすすめ!
おすすめ度(5/5)

公式サイトはこちら

口コミ評判はこちら

管理人
管理人
Web業界や社内SEに転職するなら大手の転職エージェントである「マイナビエージェントIT」がおすすめです!

 

転職関連おすすめ書籍

関連記事はこちら