就職の悩み

【働きたくない】ニートを脱出したいならプログラミングスクールに通うのがおすすめの理由

社会に出て働くのに疲れてしまった。ニートを脱出しないといけないとは思うけど、もう働きたくない。

働きたくないという気持ちはめちゃくちゃ分かります。

働きたくない気持ちは私自信もめちゃくちゃ分かりますし、ニートでいたい気持ちも分かりますが、どこがでそろそろ脱出しないとやばいよなと思うタイミングも来るはず。

 

しかし、やりたいこともないし、どうしたらいいか分からないという人がほとんどだと思います。そんな人におすすめなのがプログラミングを勉強することです。

いまはエンジニアは非常に不足しているため需要が高く、プログラミングスキルを身につければ就職先に困ることもないし、派遣でも時給2000円くらいは稼げます。

 

「人と関わりたくない」という状態になっても在宅で稼ぐことも出来ますし、ニート傾向が強い人には最強のスキルだと思います。

最近は無料で学べるプログラミングスクールもあるので、何とかニートを脱出したいという人はこれをきっかけにして人生を変えるのがいいんじゃないかと思います。

 

▼おすすめプログラミングスクールはこちら

 

働きたくないのは当たり前の感情←何も問題なし

働きたくないというのは当たり前の感情で、何も悪いことではありません。頑張りすぎたのであればまずは少しの間ゆっくり休みましょう。

とは言え、お金を稼げないと生きていけない

働きたくないという気持ちは分かるのですが、とは言えお金を稼がないと生きていけません。実家に引きこもっていたらそこまで生活費は掛からないですが、国民年金などでじわじわ苦しめられますし、親に何か言われたりと居心地は良くないですよね。

それでも引きこもってゲームをし続ける人もいますが、どっかで見切りを付けて一歩踏み出さないと、どんどん肩身の狭い人生を送ることになってしまいます。

 

働く→稼ぐに思考を切り替えることが大事

働きたくないという人は視野が狭くなりがちですが、必ずしも会社員もしくはアルバイトで働く必要はありません。家に引きこもりながらもプログラミングをしたりイラストを書いたり、文章を書いたりして生計を立てている人はいます。

「働く」という言葉は受動的でやらされているような印象を受けますが、これが「稼ぐ」になると能動的で前向きになります。働かなくてもいいけど、とにかく稼がなきゃという意識はニートを脱出するにあたって個人的に大事だと思います。

 

働きたくない間は休みつつも何かしら勉強すべき

働きたくないと強く思っている期間はまずはゆっくり休めばいいと思います。しかし、ある程度好きなことをやっていたら「このままじゃやばいな」「何とかしないと」と思うタイミングが来ると思います。

そのタイミングが来たら何かしら勉強を初めてみましょう。やりたいことがあればそれを勉強すればいいですが、特にやりたいことがなければ、プログラミングを勉強するのがおすすめです。

 

プログラミングはそこまで難しくない

プログラミングがおすすめと言っても勉強が苦手な人は難しそうと拒否反応をしてしまう人もいますが、文系からエンジニアになる人も多いですし、プログラミングはそこまで難しくはありません。

独学で勉強するのは少しハードルが高いですが、スクールに通ってしまえば、初心者の頃の最も辛い時期をスムーズに乗り越えることができます。何のスキルがないまま転職するのは不利なので、少しでも有利なスキルを身につけておくと今後の人生が楽になります。

 

頑張って働く必要はない、最低限の生活費を稼ごう

働きたくないという人は「働く」ということに対してのハードルが上がりすぎてしまっている人が多いですが、頑張って働く必要はありません。頑張りすぎて潰れてしまうよりかは、常に余力を残しながら働くくらいで丁度いいです。

就職する際に転職エージェントに「きつい仕事は避けたい」と言えば、そこまできつくない仕事を紹介してもらえます。まずは楽な仕事をしつつ、最低限の生活費を稼ぐことを目標にしましょう。

 

▼おすすめプログラミングスクールはこちら

 

働きたくないニートにプログラミングスクールをおすすめする理由

独学だとほとんどの人は挫折する

プログラミングは独学でも勉強することは可能ですが、地頭の良い人でない限りはほとんどが挫折します。環境設定でつまづいたり、1つのエラーが原因で何時間も前に進めなくて、いつの間にか勉強しなくなっているといたりします。

例え挫折しないにしてもスクールで勉強した方が効率が良いですし、特に通学制のスクールに通えば同じようにプログラミングを勉強する仲間もできるし、モチベーションが維持しやすいというメリットもあります。

 

プログラミングスクール経由だと自然な流れで転職できる

働きたくないニートにプログラミングスクールをおすすめする理由の1つ目は、卒業と同時に自然な流れで転職出来るからです。

ニートの状態からいきなり転職エージェントを使って就職するのは少しハードルが高いですが、プログラミングスクールに通えば同期もいますし、スクール側が就職先を紹介してくれるので心理的な負荷が少なく就職出来ます。

 

プログラミングを習得すれば在宅でも稼げるようになる

プログラミングスクールをおすすめする2つ目の理由は、会社で働くのが嫌になったとしても在宅で稼げるからです。

今は週3勤務やリモートワークを支援してくれるMidworksのようなエージェントや「ランサーズ」「クラウドワークス」のようなサービスもあるためプログラミングスキルを身につければ、在宅の仕事を簡単に受けることが出来ます。

なので、出来ることならずっと引きこもっていたいという人はとりあえずプログラミングスキルを身につけてしまうことをおすすめします。

 

派遣でも時給2000円くらいは貰える

プログラミングスクールをおすすめする3つめの理由は、プログラミングが出来るようになると派遣でも時給2000円くらいは貰えるからです。

正社員でも楽な仕事は探せばありますが、正社員になると少しずつ責任の重い仕事をさせられていくのが一般的です。それが疲れてしまうという人は、派遣でエンジニアとして働くのがおすす目です。

 

▼おすすめのIT派遣会社はこちら

 

プログラミングスクールは無料でも通える

無料スクールでも十分

最近は無料で通えるプログラミングスクールもあります。

無料スクールの場合は、卒業して就職する際にスクール経由で就職先を選ばなければならないので多少選択肢は狭くなりますがそれでも無料のメリットはかなり大きいかなと。

卒業生の口コミを見ていてもかなり満足している人が多いようなので、個人的にはお金がないなら無料スクールでも十分だと思います。

 

有料スクールに通えるお金があるならそっちの方が良い

有料スクールに通えるお金があるなら、有料の方が就職先の選択肢が増えてじっくり学べるので良いです。

おすすめのスクールを以下にまとめておきますので、まずは無料体験を受けてみて、自分に合ってそうなスクールを探してみて下さい。

 

▼おすすめプログラミングスクールはこちら

 

 

プログラミングを勉強すれば生きやすくなる!まずは無料体験を受けてみよう!

特にスキルがなくて、いまやりたいことがないなら、まずはプログラミングを勉強してみましょう。

やりたいことというのは探していても見つかるものではありません。色々やってみて、ある程度の結果が出ると初めて「あ、もしかしたらこれ自分に向いているかも。やりたいことかも」と思うようになります。

なので、何もやりたいことがないのであれば、まずは少しでも興味を持ったことを、ある程度の結果が出るまでやってみる。これが大事です。

 

働きたくないけど、このままじゃまずいし何とかしないとという人に取って、プログラミングスクールに通うというのはとても良いきっかけになると思います。

どのスクールも無料体験レッスンやカウンセリングを行なっているので、気になったスクールがあればまずは体験だけでも受けてみて下さい。

 

▼おすすめプログラミングスクールはこちら

 

 

【注目記事】